春の雑草図鑑|花の色別に名前や特徴をご紹介します

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2021.04.14

春の暖かい季節になってくると、道端や公園の隅っこにふと名前のわからない雑草が咲いていることはありませんか。有名なものでいうと、ナズナやシロツメクサ、タンポポ、ハルジオンなどがありますが、実は春の雑草はこのほかにもまだまだたくさん種類があります。この記事では、春の雑草の名前や特徴、見分け方などを、花の色別に分けてご紹介していきます。

白い花が咲く春の雑草

ナズナ

春の七草としても知られる「ナズナ(別名:ぺんぺん草)」は、アブラナ科ナズナ属の雑草です。

白い小さな花を茎先に咲かせます。茎から出ている平らな三角の葉のようなものは、葉でなく種です。この種を左右に振ると「ぺんぺん」という音がすることから、ぺんぺん草ともいわれています。

シロツメクサ

マメ科シャジクソウ属の「シロツメクサ」は、幸運の象徴として親しまれているクローバーの花です。子供の頃にシロツメクサで花かんむりをつくったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

カタバミとよく似ていますが、シロツメクサは花が白く、葉がハート型ではなく丸いという特徴があります。

スズメノエンドウ

「スズメノエンドウ」はマメ科ソラマメ属の雑草です。同じ属性のカラスノエンドウよりも小さい、3mm程度の花を咲かせることから、スズメという名前を当てられたといわれています。

つる性植物であるため、花壇やフェンス、ほかの植物などに絡みながら伸びていきます。

ヒメウズ

「ヒメウズ」はキンポウゲ科ヒメウズ属の雑草で、別名トンボソウともいいます。茎の先に、5mm程度の小さな白い花をうつむきがちに咲かせます。ただし、正確には白い部分は花びらではなく、萼片であり、萼片の中側にある黄緑色の部分が花弁です。

ハルジオン

道端でもよく見かける「ハルジオン」は、キク科ムカシヨモギ属の雑草です。抜いても根が残っていれば再び元気に生えてくる繁殖力の高さから、貧乏草ともいわれています。

花は細かい花びらをつけて咲きます。花色は白のほか、ピンクの場合もあります。

ピンクの花が咲く春の雑草

ホトケノザ

「ホトケノザ」はシソ科オドリコソウ属の雑草です。ピンクの花は細長く、唇状花冠という形をしていて、花の根元を吸うと甘い蜜が少し出てきます。
ちなみに春の七草の一つに「ホトケノザ」がありますが、ここでいう雑草の「ホトケノザ」とは別の雑草ですので、混同しないよう注意しましょう。

ヒメオドリコソウ

シソ科オドリコソウ属の「ヒメオドリコソウ」は、繁殖力旺盛の雑草です。何層にも重なって葉をつけ、その茎先に小さなピンクの花を咲かせます。また、花だけでなく葉もピンク色(赤紫色)に染まるという特徴もあります。

レンゲ

「レンゲ」はマメ科レンゲ属の雑草で、別名レンゲソウやゲンゲとしても知られています。花の形が蓮の花に似ていることから、「レンゲ」という名前がつけられました。

花色は全体的にピンクに見えますが、よく見ると根本が白く、花先へ向かうにつれて濃いピンク色へと変化しています。

カラスノエンドウ

「カラスノエンドウ」はマメ科ソラマメ属の雑草です。「エンドウ」という名がついていることからもわかるように、「カラスノエンドウ」の種子からは3cm程度の小さなエンドウ豆ができます。

花は1cm程度の大きさで、上部の花びらはピンク、下部の花びらは濃いピンク色をしています。

アメリカフウロ

「アメリカフウロ」は、フウロソウ科フウロソウ属の雑草です。細かい毛が密生する茎の先に、5mm程度の散房状の小さな花を咲かせます。花びらは5枚です。

アカツメクサ

マメ科シャジクソウ属の「アカツメクサ」は、前述のシロツメクサによく似た雑草です。花色が白いものがシロツメクサ、赤いものがアカツメクサと呼ばれています。

ユウゲショウ

「ユウゲショウ(夕化粧)」は、アカバナ科マツヨイグサ属の雑草です。夕方近くに艶っぽい花を咲かせることから、このような名前がつきました。ただし、白い花を咲かせるオシロイバナもユウゲショウと呼ぶんことがあるため、アカバナユウゲショウと区別されることもあります。

紫の花が咲く春の雑草

ムラサキケマン

「ムラサキケマン」はケシ科キケマン属の雑草で、ケマンソウに似た紫の花を咲かせることから、このような名前がつきました。また、前述のホトケノザにも少し似ている、ラッパのような形の花を咲かせます。

ただし、ホトケノザと違い、ムラサキケマンは少量の毒性があるため、口にしないように気をつけてください。

ナヨクサフジ

「ナヨクサフジ」はマメ科ソラマメ属の雑草で、萼筒の片側(下部)に1〜2cm程度の花をたくさんつけます。花の色は、鮮やかで濃い紫色をしています。また、茎から左右対称に、楕円形の小さな葉をつけるという特徴もあります。

マツバウンラン

「マツバウンラン」は、ゴマノハグサ科ウンラン属の雑草です。30〜50cmほどに細長く伸びた茎の先に、1cm程度の薄紫色の花をいくつか密集させて咲かせます。花冠は、上下で2つに裂けています。

青い花が咲く春の雑草

オオイヌノフグリ

オオバコ科クワガタソウ属の「オオイヌノフグリ」も、繁殖力が高いため、雑草として扱われることがあります。草丈は10cm程度と低く、グランドカバーのように育っていきます。

雑草とはいえ、花は鮮やかな青色でとても美しいため、とても人気があります。

キュウリグサ

「キュウリグサ」はムラサキ科キュウリグサ属の雑草で、キュウリに似た匂いがすることからこのような名前がつけられました。

2mm程度の薄い青色の花を咲かせます。花の中心部の副花冠の黄色とのコントラストがかわいらしいですよね。

黄色い花が咲く春の雑草

たんぽぽ

春の花を代表する「たんぽぽ」も、キク科タンポポ属に属する雑草の一種です。細かい花びらが集まった花のように見えますが、その1枚1枚が実は花で、たくさんの花が集まって花のように見せています。

たんぽぽの繁殖力も高く、花が終わってできる白い綿毛は周辺へ飛んでいくと、土の上でなくても根を張ることは多々あります。

ノゲシ

「ノゲシ(野芥子)」はキク科ノゲシ属の雑草で、別名ケシアザミなどとも呼ばれています。ケシに葉の形が似ていることから、名前に「ケシ」とついていますが、ケシ科の植物とは別になります。
花はタンポポに似ていますが、草丈が50cm以上にもなる点から、それぞれを見分けることは簡単です。

ナガミヒナゲシ

「ナガミヒナゲシ」はケシ科ケシ属の雑草です。道端にふと薄オレンジ色のヒナゲシに似た花が咲いていたら、「ナガミヒナゲシ」かもしれません。大きめの花びらが4枚ついた花を咲かせます。

ほかのヒナゲシと同じく、あへん法の禁止対象にはなっていないため、おうちの庭にナガミヒナゲシの花が咲いていても問題はないので安心してください。

ミヤコグサ

「ミヤコグサ(都草)」はマメ科ミヤコグサ属の雑草で、1cm程度の鮮やかな黄色の花を咲かせます。茎の先に、丸みを帯びた独特の形状の花を2〜3つほどつけます。

その花が終わると、インゲン豆に似た果実を実らせ、その果実が熟すと黒くなります。

ヘビイチゴ

バラ科キジムシロ属の「ヘビイチゴ(蛇苺)」も、雑草に分類されます。ヘビが食べるイチゴといわれたことなどから、このような名前がつけられたといわれています。

花は1cm程度で、花期の間に実がなることもあります。ヤブヘビイチゴとよく似ていますが、ヤブヘビイチゴの花の方が2cm程度と若干大きいとされています。

春の雑草の名前がわからないときは?

雑草の名前がわからないときは、スマートフォンアプリ「GreenSnap」で調べてみましょう!
「GreenSnap」には、植物の写真を撮影して、アプリユーザーのみんなに植物の名前を質問する『名前を教えて!』サービスや、より手軽に植物の名前を調べられる、AIによる検索サービス『教えて!カメラ』があります。
無料で使えるので、ぜひアプリをダウンロードして、雑草の名前を調べてみてくださいね。

GreenSnap

GreenSnap(グリーンスナップ)は、あなたの身近にある「観葉植物」や「お庭の花」の写真を、気軽に撮って同じ植物好きと「いいね!」したり「コメント」でつながる植物ファン必携のボタニカルアプリです。

最新版のダウンロードはこちら

春の雑草の名前を調べてみよう!

春の季節になると、ふとした場所で、これらの花が咲いているのを見かけた方も多かったのではないでしょうか。雑草と分類されていても、ピンクや白、黄色などかわいい花を咲かせるものも多いので、ぜひ名前を覚えてあげてくださいね。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

雑草に関連するカテゴリ

雑草の関連コラム

雑草の新着投稿画像

エントロピィ

15

保育園へお迎えへ行って遠回りして帰った道すがら、駐車場の脇に生えていた植物。 これはなに? もう花が落ちて枯れてしまったような感じだけど…

バラボン

20

庭の片隅…なんか可愛い地帯💕 #ヘビイチゴ #カタバミ #ワスレナグサ

ベティ

74

姫小判草♡ 小判草との小判の大きさの違い。 2cmと3mm( ´﹀` )

かし

46

クスダマツメクサ(薬玉詰草) コメツブツメクサ(米粒詰草) 大きさの比較してみました。 クスダマツメクサは5〜8mm コメツブツメクサは3mm位 去年はどちらか悩みました。今年はすぐわかりましたよ...

Hana2020

33

コエビソウ(小海老草)✨✨ 📝📝 Wikipediaにて メキシコ原産のキツネノマゴ科の植物。 日本では道ばたの雑草としてごく普通なキツネノマゴと同属である。 別名 : ベロペロネ 名前が分...

かし

47

クスダマツメクサ(薬玉詰草)       *マメ科シャジクソウ属 花期は6〜8月 ヨーロッパ原産の帰化植物 コメツブツメクサに似るが花序の花数が多い 受粉すると花弁は大きくなり 下を向く コメツブ...

かし

35

コバンソウ(小判草)       *イネ科コバンソウ属 花期は5〜6月 ヨーロッパ原産で本州〜九州の砂地や荒地道端に生育 和名は小判に見立てたものですが、タワラムギの別名もあり形を俵に見立てたそう...

かし

41

ミチバタナデシコ(道端撫子) *ナデシコ科コモチナデシコ属 花期は4〜6月 ヨーロッパ原産の帰化植物 道路脇や中央分離帯、荒地などに繁殖 イヌコモチナデシコからミチバ...

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード