警告

warning

注意

error

成功

success

information

ゲラニウムの育て方|植え付けや植え替えの時期、種まきや株分けでの増やし方は?

  • フウロソウ科
  • フウロソウ属

ピンクや紫の花が美しいゲラニウムは園芸界でも人気で、ガーデニングに使用している方も多いでしょう。このページではゲラニウムの育て方の基本をご紹介しています。

土の選び方や水やり、注意する病気や害虫についても記載していますので、ご参照ください。

ゲラニウムとはどんな植物?

ゲラニウムはフウロソウ科テンジクアオイ属の植物で、学名は「Geraniumu」です。この学名をそのまま読んでゲラニウムという名前になりましたが、

ゲラニウムの花期は4月から6月ですが、種類が豊富なゲラニウムは種類によって花期も異なります。花の色はピンク、白、紫がありますが、ピンクがよく流通しています。

ゲラニウムは生長すると草丈が40センチから60センチまでになります。花壇でも育てやすい植物です。

ゲラニウムの育て方:育てる場所

ゲラニウムを鉢植えで育てる場合は、明るすぎない場所をおすすめします。午前中は日差しが当たる場所で、午後になると明るい日陰になる場所がよいとされています。または一日中明るい日陰でも育てられます。直射日光に当たりすぎないように気をつけましょう。

鉢植えの場合は、時間によって鉢を移動させるとよいですよ。

地植えでもゲラニウムを育てることができますが、日差しの調整がやや難しいです。落葉樹が自宅にある方は落葉樹の下に植えると、自然の日差し調節ができますよ。

ゲラニウムの育て方:用土

ゲラニウムを育てるときの用土は、水はけのよい土がよいでしょう。市販の草花用の培養土でもしっかりと育ちます。用土を自作する場合は、赤玉土と腐葉土を7:3の割合で混ぜて作ってください。

ゲラニウムの育て方:水やり

ゲラニウムの水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。土の表面が乾いていないと水の与えすぎになりますので、こまめに土の乾き具合をチェックしてください。これは地植え、鉢植えも同様です。

ゲラニウムの育て方:肥料

ゲラニウムをきれいに咲かせたいなら、肥料が必要で、まず元肥を与えます。ゆっくりと効果を出してくれる緩効性化成肥料(固形の肥料)を与えましょう。

3月から9月にかけては、開花と花後がありますので、この期間は月に1回液体肥料を与えましょう。ゲラニウムの体力の回復によいです。

ゲラニウムの育て方:植え付け

ゲラニウムの植え付けは2月から3月です。

ゲラニウムの育て方:手入れ

湿気がこもらないように葉が混み入ってきたら、適宜葉を取り除きます。湿気があるとカビが発生して病気になることもあるので注意してください。

ゲラニウムは40センチから60センチに生長する植物ですが、茎が倒れそうな場合は支柱を立ててあげましょう。

ゲラニウムの育て方:増やし方

ゲラニウムの増やし方は、種まきと株分けです。

種まき

花後に種子を採取してその種を冷蔵庫に保管します。年が明けた2月から3月に土にまいて増やすことができます。ただし、ゲラニウムの種の皮は分厚く、そのまま土に植えても発芽しないことがあります。剥皮処理をすると成功しやすいのでおすすめします。

剥皮処理とは種の皮をヤスリで削ることで、白い部分が見えるところまで削ると芽が出やすくなり発芽率がよくなります。

株分け

植え替えの時期に鉢からゲラニウムを取り出して、土を落としてナイフなどで2つに分けましょう。別の場所に移し替えることで増やすことが可能です。

ゲラニウムの育て方:注意する害虫・病気

注意する害虫はアブラムシ、ヨトウムシ、ハダニにです。春から夏にかけて増えますので、こまめに虫がついていないかチェックしましょう。大量についている場合は、ゲラニウムに薬剤を使用して駆除します。

病気はうどんこ病です。カビ由来の病気で、葉にうどんの粉がついたように見える病気です。もしも葉が白くなっていたら、取り除いて被害を食い止めましょう。

ゲラニウムの花言葉は?

ゼラニウムの花言葉は「変わらぬ信頼」、「尊敬」、「信頼」、「陽気」、「真の友情」です。

ゲラニウムの育て方を覚えて花を楽しもう

ゲラニウムは花期が長く、見た目もとても美しい植物です。ピンクや紫、白などカラーもあり、どれも美しいので、寄せ植えにしてもよいかもしれませんね。

やや日差しの調整は難しい傾向にありますが、午後の直射日光に与えると枯れてしまうということはありませんので神経質になりすぎずに育ててきれいな花を楽しみましょう。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ゲラニウムの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Geranium
別名
ゲラニューム
原産地
ヨーロッパ

ゲラニウムの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

種まき
2月 、3月
植え付け・植え替え
2月 、3月
肥料
3月 、4月、5月、6月、7月、8月、9月
開花
4月 、5月、6月

ゲラニウムの新着投稿画像

みんなのゲラニウムの育て方

いいね
60

姫フウロの世界。ゲラニウム・レッドロビン、シオヤキソウとも。

いつの間にか、あちらこちらで咲いているね。モミジバ...
by.モコ
いいね
10

種から育てたゲラニウムの鉢増し作業

去年種蒔きしたゲラニウムの鉢増し作業を纏めてみまし...
by.しんぺい
いいね
38

ゲラニウム(フウロ草)まとめ

ゲラニウムが好きで数種類育てています😊✨ 庭に咲...
by.紺色の白鳥

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。