警告

warning

注意

error

成功

success

information

寒椿の育て方|植え付けや剪定の時期や方法は?

  • ツバキ科
  • ツバキ属

冬の花というとやはり寒椿というイメージがあり、和風の美しい見た目が素敵ですよね。このページでは寒椿の育て方の基本を解説。植え付け時期や植え替え時期、水やり、土選びなどをまとめていますので、ぜひご参照ください。

寒椿はどんな植物?

寒椿はツバキ科ツバキ属の植物で、日本、中国が原産です。花期は11月から2月で、寒い時期に咲くツバキなので「寒椿」という名前になりました。

花の色は、白、赤、ピンク。赤い寒椿はよく見かけますよね。

寒椿は、ツバキとサザンカが交配してできたとされます。そのため、サザンカに見た目が似ているのが特徴です。常緑中低木で、庭木にもおすすめで和風のお庭によく合います。

寒椿の育て方:育てる場所

寒椿は半日陰に植えることをおすすめします。植物なら日向を好むだろうと思われるかもしれませんが、寒椿は直射日光に当たると葉が日焼けてしまいます。

寒椿の葉は光沢がありとても美しいので、ぜひその見た目の美しさを保つためにも直射日光は避けてください。

また根腐れをしないように水はけのよい場所で育てましょう。

寒椿の育て方:用土

寒椿は水はけのよい土を好みます。

赤玉土、鹿沼土を土に混ぜておくと良いですよ。アルカリ性の土壌を嫌うのでご注意ください。

寒椿の育て方:水やり

寒椿は地植えがおすすめですが、鉢植えでも育てることができます。

植え付けてから2年ほどでしっかりと根付きます。鉢植えも地植えも2年は根付かないので、それまでは土の表面が乾いたら水やりをするようにしましょう。

2年以上がたったら、地植えの場合は降雨のみで十分。特に水やりをする必要はありません。鉢植えは土の表面が乾いたら、たっぷりと与えてくださいね。

開花時期は水を欲しがるのでいつもよりも多めに与えましょう。

寒椿の育て方:肥料

寒椿を植え付けるときに土に肥料を混ぜておきましょう。リン酸が多く入った緩効性化成肥料を使用してください。植え替えのあとにも、肥料を根元にまくことをおすすめします。

寒椿の育て方:植え付け

寒椿の植え付け時期は通年できるわけではありませんので、しっかりと適する時期を選びましょう。

寒椿は3月から6月、9月から10月が植え付け時期です。真夏と真冬を避けて、植え付けましょう。

地植えの場合は、水はけのよい場所を選び、寒椿の苗よりひとまわり大きな穴を掘って植えます。腐葉土をたっぷりと混ぜておいてください。

鉢植えの場合は、赤玉土、腐葉土、鹿沼土を混ぜて土を作り、苗を植えます。

寒椿の育て方:植え替え

寒椿を鉢植えで育てている場合は、植え替えが必要です。鉢植えで育てていると、根が窮屈になり根詰まりすることがあるからです。地上部も大きく生長するため、小さな鉢植えだとバランスを崩すので植え替えが必要になります。

植え替えはいつでも行えるわけではなく、3月から4月と決まっているので、必ずこの時期に植え替えてください。だいたい2~3年に1回、ひとまわり大きな鉢に植え替えます。

寒椿の育て方:手入れ

花後には剪定をして形を整えて見た目をよくします。春になると寒椿の花が落ちるので、3月から4月に剪定をしましょう。伸びすぎた枝や内側に伸びている枝を根元から切り落とします。5月になると寒椿は花芽をつけはじめますので、それよりも前に剪定してください。

寒椿の育て方:増やし方

寒椿は挿し木で増やすことができます。挿し木は6月から7月に行いましょう。

元気そうな寒椿の枝を選んで、10センチ程度を斜めに切るようにしてください。

挿し木用の鉢を用意し、カットした面に発根促進剤を塗って枝を土に挿します。すぐには根がでないので、1ヶ月は明るい日陰で管理をして根が出るまで様子を見てください。水やりは欠かさずに行いましょう。

寒椿の育て方:注意する害虫・病気

寒椿はサザンカの仲間で、サザンカ同様にチャドクガの被害に遭いやすいです。チャドクガの幼虫は、寒椿の葉を食べて株全体を弱らせます。

幼虫は触るとかぶれることもありますので注意が必要です。

チャドクガは4月から6月、7月から9月に発生しやすいので、この時期の前に剪定をして風通しをよくしましょう。必要に応じて薬剤をしようしましょう。

寒椿の花言葉は?

寒椿の花言葉は「申し分のない愛らしさ」、「愛嬌」、「謙譲」です。

寒椿は冬を彩る花木

冬の代表的な花の1つである寒椿は1つあると冬の寂しいお庭に彩りがでますよ。葉も美しいので、ぜひお迎えしてみませんか。寒さにも強いので、初心者の方でも育てやすいですよ。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

寒椿の基本情報

ジャンル
草花
形態
低木
学名
Camellia sasanqua
別名
原産地
中国

寒椿の性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月 、4月、5月、6月、9月、10月
肥料
1月 、2月
開花
1月 、2月、11月、12月
剪定
3月 、4月

寒椿の新着投稿画像

みんなの寒椿の育て方

いいね
44

寒椿🌺いろいろな花器で飾ってみた❤️

真っ赤な大輪の寒椿🌺日当たりの都合でお隣さんの方...
by.rinmeg
いいね
20

椿と寒椿の見分け方

椿と寒椿はどのように見分けるのか。 2本の庭木を比...
by.ようすけさん

花の種類

キンモクセイの画像

キンモクセイ

寒さにやや弱く、日当たりの良い場所を好みます。
ヒガンバナの画像

ヒガンバナ

彼岸花の花は、約20種の有毒アルカロイドをもっています。毒は球根にも含まれます。毒抜きせずに食すと、...
コスモスの画像

コスモス

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる場所へ置いてください。真夏の直射日光も問題ありません。寒...
リンドウの画像

リンドウ

夏は明るい日陰で育て、それ以外の時期は日当たりの良い場所で育ててください。
ライラックの画像

ライラック

日当たりの良い場所を好みます。ただし暑さに弱いので、西日の当たらないところで育ててください。
ダリアの画像

ダリア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たり...