キキョウの画像

桔梗(キキョウ)の育て方|種まきや植え付け、植え替えの時期は?

  • キキョウ科
  • キキョウ属
桔梗(キキョウ)の育て方|種まきや植え付け、植え替えの時期は?の画像

キキョウはキキョウ科に属する植物で、日本をはじめとする東アジアに広く分布しています。秋の七草に一つでもあり、日本人には馴染みのある野草です。

しかし近年では数が減っており、絶滅危惧種に指定されています。

桔梗(キキョウ)の日当たり

キキョウは日光を好む植物です。そのため、光がたくさん当たった方がよく育ちます。光が不足しがちな室内などでは、光合成が上手くできないのでよく育ちません。

ただし、あまり強すぎる光が当たると葉焼けを起こして弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまうことがあるため、西日などには直接当てないようにして管理します。

桔梗(キキョウ)の置き場所

キキョウは日光を好む一方で、非常に乾燥に弱いという特徴を持っています。

そのため、土の部分に直射日光がたくさん当たってしまうと土の水分が蒸発してしまい、根が弱ってしまう原因になります。

キキョウを日向に植え付ける場合は、土の表面を覆ってください。土の表面を覆う物としては、ワラや腐葉土が最適ですが、落ち葉などほかの素材のものでも代用できます。土の水分の蒸発を防ぐため、土の表面をワラや腐葉土で覆ってマルチングをしましょう。

キキョウを置く場所として最も適しているのは、マルチングした日向です。マルチングを行う事が不可能な場合は、あえて日向には置かず、明るめの日陰に置いた方が、日向に置くよりも元気に育ちます。

桔梗(キキョウ)の水やり

夏の水やり

キキョウは水分を好むので、夏場は土が乾燥していないかを常に観察しましょう。土が乾いている場合には、たっぷりと水をやる必要があります。

あまりにも土が乾いた状態が長いと、根の細胞が死んでしまいます。そうなると、水をやっても水を吸収することができなくなってしまい、徐々に弱って枯れてしまいます。

このため、水分を切らさないように管理します。夏の間もマルチングは行ったほうが良いです。

冬の水やり

キキョウは多年生植物であるため、冬の時期は地上の葉や茎などの部分は枯れます。水分を放出することができず、あまり成長もしないため、冬の時期は夏ほど水分を必要としません。

ただし最低限の生命活動は行っており、乾きすぎると根がだめになってしまうため、土が完全に乾ききった状態にならない程度に調整して水をやります。

ただし、土が凍ってしまうと根を痛める原因になるため、水を与えすぎないようにしましょう。午前中に水をやって、土に水分を多く含んでいる状態で気温の下る夜を迎えないように気をつけて管理します。

桔梗(キキョウ)の肥料・追肥

キキョウを植え付ける際に、あらかじめ、土の中に、ゆっくり溶けて作用するタイプの肥料を混ぜ込んでおき、つぼみができ始めた頃から花が枯れるまでの間、2から3週間に一度ぐらいの頻度で液肥を与えます。

あまりにも肥料が少なすぎると、花が小さくなってしまう場合がありますが、キキョウは基本的に野草ですので、それほど神経質になる必要はありません。逆に、肥料をしっかり与えて育てても枯れることはありません。

しかし、大きな花を咲かせて茎が太くなり、野生のキキョウのイメージとは異なった、非常に力強い印象の姿に育ちます。野生のキキョウに見られるような繊細な感じの風情がなくなってしまうので、お好みで様子を見ながら調整して与えてください。

桔梗(キキョウ)の土

キキョウは野草であるので、日本の自然下に近い用土を用いた方がよく育ちます。具体的には、有機物をたくさん含んでいて、水はけの良い土がベストです。

また、キキョウは酸性を好むという性質があるので、石灰などアルカリ性の物質を使用していない土を使います。心配な場合は酸性を示す用土である鹿沼土を混ぜ込むのがおすすめです。同様に有機物量の不足が心配な場合は腐葉土を混ぜ込むのがおすすめです。

新たに用土を配合してつくる場合は、小粒の赤玉土:鹿沼土:腐葉土を5:2:3の割合で配合します。

桔梗(キキョウ)の植え替え・植え付け・種まき

キキョウの植え替えは、鉢から根がはみ出しているような場合や、鉢に対して明らかに植物が大きくなりすぎている場合に行います。また、根が張りすぎて根詰まりを起こすのを防ぐ目的も兼ねて、2から3年に1度植え替えるのがおすすめです。

植え替え時期としては、急を要さない限り、春か秋に行います。

植え替えを行った際は、雑菌やウイルスなどが含まれていて、傷ついた根からそれらが侵入して病気を引き起こす恐れがあることから古い土を再利用せず、必ず新しい土を用いるようにしてください。

キキョウは成長が遅いため、植え替えを行った場合は、その年はあまり成長せず、花もあまり咲きません。しかし翌年には大幅に成長するので、結果としては植え替えを行った方がより大きくなります。

桔梗(キキョウ)の増やし方

キキョウの増やし方としては、種まき、株分け、挿し芽の3つの方法があります。

種まき

種を蒔く場合は春頃が最適です。土が乾かないように管理すると、早ければその年の秋に花を咲かせます。

しかし、花を咲かせるのには多くエネルギーを消費してしまい、花を咲かせる分のエネルギーを植物自体の成長に用いさせた方が後々しっかりした株に成長するため、1年目の花はつぼみの段階で摘み取ってしまうのがおすすめです。

株分け

株分けは気温が下がって地上の葉や茎がすべて枯れてから行います。根を新芽が付いている部分を含めて切り離し、植え付けます。

挿し芽

挿し芽は初夏の頃、茎を切り離し、すこし水に浸した後で土に挿します。早ければ1ヶ月ほどで根が出てきます。

桔梗(キキョウ)の育て方で注意すべき病気・害虫

キキョウは基本的に丈夫な植物であるため、育てていて病気が発生することはあまりないです。

害虫に関しては、ほかの植物同様、ハダニやアブラムシが発生します。気温が高く、乾燥した環境下で発生しやすく、葉の裏に付くことが多いため、注意が必要です。

キキョウにとって一番被害が多い害虫がセンチュウです。センチュウは土の中で暮らしているナメクジのような形をした害虫で、小さすぎてほとんど肉眼では見えません。

センチュウは成長を止めたり、根の中に入り込み栄養分を奪い取ったりされるため、根がコブ状に膨れ上がります。もしコブが見つかった場合は、ほかの株に寄生が拡大するのを防ぐため、株ごと捨ててしまった方が無難です。

桔梗(キキョウ)の効能

キキョウは、根にサポニンという物質を含むことから、漢方ではキキョウの根を桔梗根として用います。

3年以上の育ったキキョウの根を掘り出し、乾燥させて粉末にすることで、桔梗根をつくります。桔梗根はせきや痰、鎮痛効果や解熱作用があり、漢方薬店で広く販売されています。

桔梗(キキョウ)の管理温度

もともとキキョウは日本に分布する野草であるので、一般的な日本の環境で生育します。

地上部分は枯れてしまいますが、寒さにはめっぽう強く、雪が積もったり霜が降りても平気です。反面、夏の暑さには若干弱い部分があります。

特に、土をワラや腐葉土で覆うマルチングを行っている場合は蒸れて土壌中の温度が上がってしまい、根腐れや根を痛めてしまう原因になりかねないため、注意が必要です。

桔梗(キキョウ)はどんな花を咲かせるの?

一般的にキキョウは、紫色で花びらがすべてくっついた形状をしている合弁花を咲かせます。

キキョウの花は、おしべとめしべが一つの花の中に両方存在している、雌雄同花と呼ばれるタイプの花です。

ただし、めしべに比べておしべの方が早く成長し、少し遅れたタイミングでめしべが成長していくため、受粉させて種を得たい場合は、複数の株を一緒に育てた方が、種がよくできます。

桔梗(キキョウ)の風水

風水としてのキキョウは、花の凛として控えめな姿から、恋愛運を上昇させると考えられています。叶わぬ恋や苦しい恋愛を乗り越えて、幸せを引き寄せる力があると風水的には考えられています。

また、冬に枯れても春にまた芽を出して、初夏にしっかり花を咲かせることからも連想されるように、生命力、健康の象徴としての意味合いもキキョウは持っています。

今よりも健康的で、活発に仕事にも恋愛にも取り組みたいと考えている方にとって、キキョウは風水的なパワーをもってして、強い味方になってくれることは間違いないです。

桔梗(キキョウ)の花言葉

キキョウの花言葉は、「永遠の愛」、「気品」、「深い愛情」です。

花言葉の由来は、昔、桔梗という名の女性が、深い愛情を持ってして愛する人が帰ってくるのを待ち続けたという伝説に由来しているといわれています。

また、昔は紫が最も高貴な色とされました。キキョウは紫の花を咲かせることから、気品という花言葉がつけられたそうです。

キキョウの由来

キキョウの花は広く家紋のモチーフとして用いられています。

また、上から見た姿が陰陽道の五芒星に似ていることから、平安時代に活躍した陰陽師である安倍晴明も紋として用い、自宅の庭にたくさんのキキョウを植えて育てていたといわれています。

桔梗(キキョウ)の育て方は意外と簡単!

日本人に広く親しまれているキキョウですが、花が長く楽しめて育てるのもそれほど難しくありません。

もしキキョウに興味を持たれた方は、是非育ててみてください。

キキョウの新着コラム

キキョウの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
桔梗,アリノヒフキ,ボンバナ,ヨメトリバナ
原産地
日本、中国

キキョウの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

キキョウの新着投稿画像

みんなのキキョウの育て方

キキョウ開花

キキョウにアマガエルが

キキョウの花が咲くまで…

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード