シノブの画像

シノブの育て方

  • シノブ科
  • シノブ属

シノブの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Davallia mariesii

別名

原産地

日本、東アジア

シノブの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

あり

シノブの育て方の画像

シノブは、土がない所でも育つ強さから、「耐え忍ぶ」植物として、古来から愛されています。多年草のシダ植物の一種で、日本中で見ることができます。シノブは、秋口に紅葉し、冬は落葉します。

シノブの育てる場所

シノブは、日本全国に分布しているように、暑さにも寒さにも強い植物です。太い毛の生えた根を伸ばし、樹の幹や岩などに張り付くように生長し、細かいレースのような三角形の葉を出します。

直射日光は好まず、耐陰性があるので、明るい日陰となる屋外か、窓越しの室内などが適しています。窓がある浴室などでもよく育ちます。マイナス5℃くらいまでは耐えられる耐寒性があるので、庭の半日陰などにも向いています。

シノブの水やり

シノブは多湿を好みます。土ではなく、コケ玉や水ゴケで育てることも多いですが、コケは蒸発しやすいため水切れを起こしやすくなります。根が乾いていたらたっぷりと水やりをしましょう。

夏場には、葉水も必要になります。霧吹きなどを使って、葉っぱにたっぷりと水をかけてあげると瑞々しさが増します。

肥料

肥料はそれほど必要としません。株分けをしたり、新芽を育てたりしている時期には、必要に応じて葉面散布肥料を与え手も良いかもしれません。

用土

シノブは、土ではなく水コケなどで育てます。自生しているシノブも、土で育つというよりは、木や岩などに這うように伸びています。コケ玉とふさふさとした葉のコントラストが美しいので、水コケでコケ玉に仕立てるのも人気です。

土を使う場合には、水はけのよい山野草用の用土を使います。

病害虫

シノブは、病害虫が付きにくく、育てやすい植物です。

万が一、カイガラムシやアブラムシなどが付いた場合には、すぐに取り除きます。虫が付いた葉は、切除してしまいましょう。それでも、虫が付く場合には、食器用洗剤を薄めて噴霧したり、虫よけ薬を噴霧します。

シノブの植え付け・植え替え

シノブは、コケ玉などにした場合、植え替えをする必要はありません。

シノブは、猫柳のような産毛の生えた根を伸ばします。根っこが伸びすぎたら、根っこをほぐして株分けすることもできます。ほぐした根っこに着いた古いコケを剥がし、新しい水コケで巻いて植え替えます。たっぷりと水をあげて、乾燥を防ぎます。

シノブの増やし方

シノブは、根っこの株分けでも増やせますが、挿し木でも増やせます。

①茎の部分を10㎝ほどカットして、差し芽とします。

②肥料を足していない土か、水ゴケに挿します。

③茎から、根が出てくるまで、乾燥しないよう注しながら水やりをします。根が出てきたら、植え替えてられます。

成長期には、液体肥料を2倍に薄めて使うと、生長がはやくなります。

シノブの手入れ

シノブは、育てやすい植物です。ただし、常緑のトキワシノブと違って、冬には落葉します。紅葉してから、落葉するので、枯れた葉は取り除きます。

猫の手とも呼ばれる根っこは、葉が散った後も楽しめます。冬場は、根が乾燥していたら水やりをするぐらいにします。

春先には、また新芽が出てきます。

シノブの花言葉

シノブを含む、シダ類は、花は咲きませんが、古くからの伝説に基づいた花言葉を持っています。

① 「魅 惑」「魔 法」「神 秘」

シダは、胞子で増えますが、ヨーロッパでは、その胞子を食べたり身に着けたりすると、不思議な力を持つという伝説があります。夏至の夜に、シダに手を触れずに胞子を集め、身に着けると他の人から見えなくなる魔力を持つことになるとか。

②「夢 」「幻想」「夢想 」

ボヘミアなどでは、夏至の夜にシダの花が咲くという言い伝えがありました。地中に花開く黄金の花を見つけて山に登ると、黄金を見つけることができるという伝説があり、この話に基づいた花言葉があります。

③ 「誠 実 」「正 直 」

イギリスやフランスで通用している花言葉です。由来ははっきりしませんが、常に緑の葉を繁らせる姿に由来するのかもしれません。

④「あ いま い」「不 分 明 」

良い意味の花言葉だけではありません。こちらも、胞子を身に着けると体が見えなくなるという言い伝えに基づくものですが、はっきりしないという意味合いで使われているようです。

⑤ 「価 値」

フランスでは昔、シダをサナダムシの駆除薬として使っていたとか。医学的な価値がある植物としての価値が認められているようです。

まとめ

シノブは、乾燥に気をつければ、育てやすい植物です。多湿を好むので、窓があるバスルームなどのグリーンとしても使えます。根っこは猫の手のようで、コケ玉に仕立てることもでき、秋には紅葉し、季節感がありつつも一年を通して独特の風合いを楽しめます。

※トップ画像はユニコーンさん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

オオデマリ

日当たりの良い場所で育ててください。基本的には庭植えで育てます。 オオデマリの育て方へ

クルクマ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は球根を掘り上げ、5℃以上を保って室内... クルクマの育て方へ

ヒメイワダレソウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ヒメイワダレソウの育て方へ

ヒャクニチソウ

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる場所へ置いてください。真夏の直射日光も問題ありません。寒... ヒャクニチソウの育て方へ

ヘデラ

暑さや寒さに強く、丈夫で初心者にも育てやすい観葉植物として人気があります。 ヘデラの育て方へ

フェリシア

日当たりのよい場所で育てますが、高温多湿が苦手な為夏場は風通しの良い半日陰などで育てます。冬場は気温... フェリシアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード