マツバボタンの画像

マツバボタンの育て方

  • スベリヒユ科
  • スベリヒユ属

マツバボタンの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Portulaca grandiflora

別名

松葉牡丹,日照り草,爪切り草

原産地

ブラジル、アルゼンチン

マツバボタンの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
マツバボタンの育て方の画像

真夏に色鮮やかに咲き誇るマツバボタン。他の花が夏の強い日差しでしおれてしまっている時でも、元気いっぱいに咲いている姿は、見ているこちらまで元気を分けてもらえる気がしませんか?夏の癒しの存在、マツバボタンの育て方をご紹介します。

マツバボタンの育てる場所

マツバボタンは暑さや乾燥にとても強く、日当たりの良い場所を好みます。基本的にどんな場所でも育ちますが、日当たりが悪い場所や、水はけが悪い場所だと花の付きが悪くなるので、できるだけ日当たりと水はけのよい場所を選びましょう。

マツバボタンの水やり

地植えにしている場合は、よっぽど雨が降らない場合を除いて、特に水やりをする必要はありません。

鉢植えの場合は、表面が完全に乾いたら、たっぷりと水をあげてください。マツバボタンは湿りすぎよりも乾燥を好みます。常に湿った状態だと根腐れを起こすこともあるので、注意しましょう。

肥料

地植えにする際には、肥料はなくても構いません。

鉢植えにする場合は、5月から9月の間に液体の肥料か、緩効性化成肥料を月に1回くらい与えるといいでしょう。肥料はあまり必要としないので、与えすぎに注意して下さい。

用土

マツバボタンは水はけがよい土を好みますが、基本的にどんな土質でも育つので、地植えの場合は特に気にする必要はありません。

鉢植えの場合は、草花用の培養土に軽石を混ぜてあげて、水はけをよくしてあげてください。

病害虫

マツバボタンはとても強い植物で、病気や害虫に悩まされることはほとんどありません。ただ、水のあげすぎで根腐れを起こしたり、灰色かび病などになったりすることがあります。

マツバボタンの植え付け・植え替え

植え付け時期は、5月から8月頃。地植えにする場合は、20cm以上間隔を開けて植え付けてください。

植え替えは基本的に必要ありません。

マツバボタンの増やし方

種まき

発芽の適温は20度から25度程度。種は地面や鉢に直接まいてください。上から土をかぶせる必要はありません。発芽した後、葉が3,4枚出てきたら定植してください。

挿し芽

6月以降の気温が高い時期に行いましょう。5cmくらいの長さで切り、下の方の葉を取り除きます。そのまま土に挿しておくだけで発根するので、庭や鉢など好みの場所に直接挿してください。

マツバボタンの手入れ

特に手入れは必要としない、とても育てやすい植物です。茎が伸びてきたときに芽の先端を摘み取ってあげると、枝数が増えて花も多く咲きます。

マツバボタンの花言葉

マツバボタンの花言葉は「無邪気」「可憐」「忍耐」。

真夏の強い日差しの中でも、かわいい花を咲かせている姿からつけられたのでしょう。

短気な男性がケンカをしたときに、ピストルを抜いたのですが、足元に無邪気に咲いているマツバボタンを見て、気を変えたというエピソードもあるそうです。

まとめ

真夏の強い日差しの中でも可憐な花をつけ、お手入れも簡単。多湿にさえ気を付ければ、どんな場所でも育ってくれるマツバボタンは、初心者にもおすすめの植物です。

花の色や種類も豊富なので、お気に入りを見つけてぜひ挑戦してみて下さい。

 
※トップ画像ははるるさん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

マツバギク

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 マツバギクの育て方へ

ハツユキソウ

草丈は1m前後になり、茎はまっすぐ直立して上の方でいくつかに枝分かれします。緑の葉縁に白い覆輪が入っ... ハツユキソウの育て方へ

アスター

暑さに少し弱く、寒さに強い草花です。日当たりのいい場所で育てます。 アスターの育て方へ

シェフレラ

カポックと称することもあるが、それは誤りです。 シェフレラの育て方へ

セアノサス

日当たりのよい場所で育てますが、耐暑性が弱いので夏場は半日陰などで育てます。 セアノサスの育て方へ

カルーナ

涼しく、やせた酸性土を好みます。 カルーナの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード