スミレの画像

スミレの育て方

  • スミレ科
  • スミレ属

スミレの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Viola mandshurica

別名

原産地

日本~東北アジア

スミレの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
スミレの育て方の画像

日本はもちろん、世界各地に多くの種類が自生しており、国産種と海外種を含めるとその数はなんと数百種類だとか。その可憐な様子から女の子の名前としても人気があります。古くから人々に愛されてきたスミレの育て方を紹介していきます。

スミレの日当たり

鉢植えは日なたで育ててあげましょう。秋から春までは日なた、夏は半日陰に移してあげます。
地植えは日当たりを意識して、場所を考えて植えてあげましょう。

スミレの水やり

日当たりがよい場所で育てることが多いため、土の表面が乾いてきたらたっぷり水を与えてあげます。夏の水切れには特に注意しましょう。こまめに見てあげるといいかもしれませんね!

肥料

春と秋に固形肥料を与えるとよいでしょう。花が終わったあとは、一週間に1回、4〜5回ほど液肥で追肥します。
地植えの場合は特に必要としませんが、秋頃に緩効性肥料を与えてあげてもよいです。

用土

スミレは鉢植えで育てられることが多く、根が長くなるため深鉢を使います。土質を選びませんが、水はけの良い土にしてあげることが大切です。軽石などのゴロ土を多めに入れてあげましょう。

スミレの植え付け・植え替え

植え付けは5〜6月中旬、9月中旬〜10月中旬にしてあげます。
植え替えは毎年します。その時の成長具合に合わせて一回り大きな鉢に植え替えましょう。

病害虫駆除

ハダニ、アブラムシに気をつけてください。アブラムシは春頃、ハダニは夏に発生しやすいので、見つけたらすぐに駆除します。
病気はうどん粉描画あります。白っぽいカビが生えてきます。特に大きな害はありませんが、見栄えはよくないのですぐに取り除きましょう。

スミレの増やし方

種まき

発芽の適温は20度前後です。少し暖かくなってきた頃に種をまくとよいでしょう。

株分け

植え替えのタイミングで、株が自然に分かれているまたは、分かれそうな箇所で分けて別々に植え付けていきます。

根伏せ

根伏せとは、根を使って増やす方法です。若い根を5〜6㎝で切り、切り口を整えておきます。切った根を切り口が少し出るようにして土をかけて植えます。

スミレの花言葉


スミレの花言葉は「誠実」「謙虚
西洋では誠実、奥ゆかしさの象徴の花とされています。

スミレは花の色によって違う花言葉を持っています。
白 誠実・謙虚・無邪気な恋
紫 誠実・ささやかな幸せ
ピンク 愛・希望

スミレの種類・品種

スミレは全部で400種類以上あると言われています。こんなにたくさんあるのは驚きですよね。この中から代表的な品種をいくつかご紹介していきます。

アリアケスミレ

花色の変化を「有明の空」にたとえられてつけられた名前です。小ぶりで上品な紫色の花をつけた可憐さで、多くの人に愛されています。

タチツボスミレ


日本全国の人家近くや山野に咲きます。花が終わってから葉や茎は伸び出して、大きいと30㎝くらいになる。花色は淡紫色をしていて、日本で1番見かけるスミレです。

ニオイタチツボスミレ


日本全国の日当たりが良い草地などに育つ。花にかすかに芳香がある。花色は濃紅紫と白の複色があります。

ゲンジスミレ


おもに林内に自生します。葉は幅が広い卵形、基部はハート形になり、葉裏と葉柄は紫褐色をおびます。

コスミレ


人家近くや山野に育つ。名前に小がつくが、高さは12㎝くらいの大形種です。花色は白〜淡紫色と変異があります。

まとめ

今回はスミレの育て方や植え付け・植え替え、増やし方をご紹介しました。
耐暑性、耐寒性があり育てやすい植物なので、植物に慣れていない方や忙しい方にも向いています。
日当たりのよい場所に置いて、水切れさえさせなければ特に大変なことはありません。

おもに観賞用としてかわいい花を咲かせますが、実は調理すれば食べることもできる植物です。

これだけたくさん種類があるので、いろいろな種類を集めて色とりどりの花壇を作ってみるのもおもしろいと思います。
花によっては班が入っているもの、筋が入っているものがあってさまざまな楽しみ方ができそうですね!

山に出かけたときなどにスミレを見かけたらどの品種なのかわかるとまた違った視点で楽しく歩けそうですね!

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ダイアモンドフロスト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ダイアモンドフロストの育て方へ

フクシア

日当たりのよい場所を好みます。暑さ、多湿には弱いので、夏場は風通しの良い半日陰で育てます。冬場は5℃... フクシアの育て方へ

マンゴー

濃厚な甘みで人気のトロピカルフルーツ。市販された果実の中にある種をまくと発芽し、育てることができます... マンゴーの育て方へ

シロタエギク(ケンタウレア)

きれいなシルバーリーフを持つ常緑多年草です。初夏には黄色の小さな花を咲かせますが、銀色の葉の方が重宝... シロタエギク(ケンタウレア)の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード