チェッカーベリーの画像

チェッカーベリーの育て方

  • ツツジ科
  • ゴーテリア属

チェッカーベリーの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Gaultheria procumbens

別名

オオミコウジ,ヒメコウジ,ゴールテリア

原産地

北アメリカ東北部

チェッカーベリーの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
チェッカーベリーの育て方の画像

チェッカーベリーは北アメリカ北東部が原産の、ツツジ科の常緑樹です。樹高は10~20cmほどの小さな樹木で11月から3月頃には赤く大きな実をつけます。この赤い実が、よく茂る葉とともに元気で可愛らしい印象を与えてくれます。

実は食用としては適していないので、観賞用として育てます。寄せ鉢などにもよく用いられ、冬の長い期間赤い実と緑の葉を鑑賞することができます。

 

チェッカーベリーの育てる場所

 

チェッカーベリーは乾燥に弱いため、夏の暑さで乾燥しないように半日陰の場所で育てるといいでしょう。6月から7月には花が咲いて昆虫がその受粉を助けるので、実をつけるために普段室内に置いている鉢植えの場合でも、花が咲く時期には室外に置くようにします。冬の寒さには強い種類ですが、霜には当たらないように気をつけましょう。

 

チェッカーベリーの水やり

乾燥により枯れる恐れがあるので、土の表面が乾いたときにはたっぷりの水を与えます。春や秋は1~2日に1回、冬は2~3日に1回のペースで水やりをするといいでしょう。夏は暑さで土が乾きやすい

ため、1日に1、2回程水やりをします。土の状態を見ながら水やりの回数を調整しましょう。

 

肥料

4月から5月には、月に1回固形の肥料を置き肥します。液肥の場合には月3、4回与えましょう。また、10月から11月の実がなり始めた頃にも肥料を与えます。

用土

チェッカーベリーは、水はけがよく、必要な湿気を保つことができる酸性の土壌を好みます。赤玉土と腐葉土、ピートモスを4:4:2の割合で配合した用土を使用し、水分を切らさないようにするといいでしょう。

 

病害虫

チェッカーベリーには害虫がつきにくく病気にもかかりにくいため、特別な対策は必要ありません。

 

チェッカーベリーの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えは3月から5月が適しています。チェッカーベリーに適した酸性の用土に、根鉢を軽くほぐしてから植えましょう。

 

鉢植えの場合、鉢が小さくなると根詰まりをする場合があるので、サイズの合う鉢に定期的に植え替える必要があります。植え替え時には、根をほぐして古い用土を取り、新しい用土を用いてひと回り大きいサイズの鉢に植え替えます。植え替えは木になっている実が全部なくなってからにしましょう。

 

チェッカーベリーの増やし方

 

チェッカーベリーは、株分けやさし木で増やすことができます。3~5月の植え替えの時には、株を掘り出して土を落とし、根をほぐしたあとに地下茎を切って株分けをすることができます。

また、さし木は6月頃が適しています。枝を切り、枝の中間部分を10cmほどの長さにします。そして枝の根元側を斜めに切って数時間水揚げしてから、さし木をします。

チェッカーベリーの手入れ

4~5月中には熟れすぎた実を切り取り、枝が混み合った場所の風通しをよくするために剪定します。できるだけ若い枝を残して、古い枝から剪定しましょう。

チェッカーベリーの花言葉

 

チェッカーベリーの花言葉は「明日の幸福」「好奇心」「不老長寿」です。

冬に鮮やかな赤い実を付ける縁起のいい植物でもあり、葉からは消炎鎮痛効果のあるアロマオイル「ウインターグリーン」が抽出されることなどから、ポジティブで素敵な花言葉がつけられているようです。

チェッカーベリーの寄せ植え

主役やグランドカバーなどに適しているため、チェッカーベリーは寄せ植えにも使いやすい植物です。周りには「シロタエギク」や「アイビー」、「ハボタン」、「シルバーリーフ」など、さまざまな花や葉ものを全体に通気性を持たせながら植えましょう。

 

まとめ

今回はチェッカーベリーの育て方や植え付け・植え替え、剪定、花言葉などをご紹介しました。

チェッカーベリーは耐寒性があり、虫や病気に強いため、とても育てやすい植物です。

寄せ植えにしてもその可愛らしさを発揮するチェッカーベリーは、クリスマスや正月を華やかに彩る植物としても人気があります。

 

冬に実のなる縁起のいい植物としても、身近に置きたい魅力がありますね!

※トップ画像はねーねさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ハエマンサス

「冬生育タイプと夏生育タイプがあります。 ハエマンサスの育て方へ

ユーフォルビア・キパリッシアス

春〜初夏に黄色の花を咲かせ、シルバーリーフは秋になると紅葉します。 ユーフォルビア・キパリッシアスの育て方へ

サントリナ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 サントリナの育て方へ

アリウム

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 アリウムの育て方へ

アルストロメリア

日当たりの良い場所を好みます。 アルストロメリアの育て方へ

ガウラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ガウラの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード