ウォータークローバーの画像

ウォータークローバーの育て方

  • デンジソウ科
  • デンジソウ属

ウォータークローバーの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Marsilea quadrifolia

別名

デンジソウ

原産地

欧州、東アジア

ウォータークローバーの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ウォータークローバーの育て方の画像

ウォータークローバーは「デンジソウ」とも呼ばれ、根と茎の一部は水中に、茎葉は空気中に出して生えている抽水植物です。メダカや金魚を飼う際の隠れ家や水の汚れをろ過する水草として使われることもあります。このページではそんな「ウォータークローバー」の育て方についてご紹介します。

ウォータークローバーの育てる場所

ウォータークローバーは、その名の通り水生植物なので、小鉢に植え、水槽などに沈めて栽培します。日当たりの良い場所を好みます。暑さには強いので、真夏の直射日光も問題ありません。水から出して育てることもできますが、根は必ず水中に置いておきましょう。

冬は地上部の葉は枯れてしまいますが、水中の地下茎が生きて越冬します。土や水が凍らなければ屋外でも越冬が可能です。冬場も水を枯らさないように気を付けましょう。春になるとまた新しい葉を伸ばしてくれます。冬に室内などの、日当たりが良く暖かい場所へ移動させると、常緑のままで越冬します。

ウォータークローバーの水やり

根元は水に沈めてあるので、特に水やりの必要はありません。1年を通して必ず根を水の中に沈めておきましょう。注意したいのは真夏の水温です。小さな水槽の場合、真夏の温度は40℃近くまで上昇します。水の温度が上がると水中の微生物が死に、水が汚れる原因となります。夏場はこまめに水の入れ替えをおこないましょう。暑さには強いので、水の汚れに目を配ります。

肥料

緩効性化成肥料を土の中に埋め込みます。埋め込みが甘いと肥料が水に溶けだし、水の汚れの原因になるので、しっかりと埋め込みましょう。肥料を与える時期は4月から9月、1、2か月に1回の頻度で与えます。

用土

田んぼの土が最も相性が良く、良く育ちます。そのほか、市販の荒木田土や赤玉土でも構いません。あらかじめ土を水につけておくと、植え込みがしやくすなります。

病害虫

稀にアブラムシが付くことがあります。手で潰す、歯ブラシなどでこすって駆除してください。

ウォータークローバーの植え付け・植え替え

植え付け

植え付けは春から初夏にかけて、ちょうど成長を始める時期におこないます。3月下旬から6月頃までが適期ですが、特に真夏と真冬を避ければ、通年おこなうことができます。

小鉢に株を植え、その鉢を水槽や水鉢に沈めます。葉が地上に出ない時は水位を低くする、鉢の下にレンガなどを敷くなどして高さの調整をしてください。

植え替え

鉢の底から根が飛び出し(根詰まりし)ていたり、2年以上植え替えていないものは、植え替えをします。地下茎がたくさん伸びますので、気になる場合ははさみなどで適当に切り分け(株分け)ましょう。植え付けと同じく春におこないます。

ウォータークローバーの増やし方

株分けをして増やすことができます。地下茎がたくさん伸びますので、適当な大きさに切って株を分けます。株分けも植え付け・植え替えと同じく春におこないます。

ウォータークローバーの手入れ

水の管理

夏は温度の上昇に、冬は凍らないように気を付けましょう。水が汚れたら、水鉢や水槽に直接水を流し込んで、古い水を溢れさせるなどして水換えをおこないます。

株分け

生育が旺盛で5月の中頃には、横に横に広がってかなり増えていきます。地下茎がたくさん伸びるので、毎年春先には地下茎を見てみるとよいでしょう。

越冬

冬になると地上部は枯れますが、地下茎は生きて越冬します。冬の間も水を絶やさないようにしましょう。水や土が凍らないように気がけ、水が汚れたら水を換えます。放っていても春になると新しい葉をつけることが多いです。

まとめ

ウォータークローバーは、見た目が可愛らしくアクアリウム、ビオトープなどに最適です。栽培もさほど難しくありませんので、時期が合えばすぐに始められる手軽さも魅力的です。初心者の方にもおすすめなので、気になったらぜひ育ててみてくださいね。

※トップ画像はことりさん@GreenSnap

ウォータークローバーの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード