カリブラコアの画像

カリブラコアの育て方

  • ナス科
  • カリブラコア属
カリブラコアの育て方の画像

ペチュニアの近縁種である、ナス科カリブラコア属のカリブラコア。ペチュニアより一回り小さいラッパ型の花をつぎつぎに咲かせます。春から秋にかけての非常に長い期間、たくさんの花をこんもりと咲かせることが特徴!きちんと管理すれば真夏でも花が咲きますよ。

カリブラコアは、カラーバリエーションが豊富で品種が多く、丈夫で初心者にも育てやすいことからとても人気があります。カリブラコア属はペチュニア属から分割された比較的新しい園芸種ですが、ペチュニアにはない黄色やオレンジの花色もあるんです。最近では八重咲の品種も多く流通しています。花がら摘み不要の品種も多く、育てやすいと好評です。

カリブラコアの育てる場所

日当たり・風通しの良い戸外で育てましょう。日当たりが悪いと花の数が減ります。鉢植え・ハンギング・地植えのいずれでも楽しめます。病気の原因にもなる株への泥はねを防ぐため、少し高い場所に置くか株元を敷きワラで覆うと安心です。

カリブラコアは蒸れに弱いので、雨の当たらない場所が向いています。

カリブラコアの水やり

鉢土の加湿を嫌います。土の表面がしっかりと乾いてから、たっぷり水を与えましょう。花に水がかかるとしおれるので、株元に水やりします。

肥料

植え付け時に、花付きをよくするため緩効性肥料を元肥として土に混ぜ込んでおきます。

カリブラコアは花期が長く肥料切れを起こしやすいので、薄めの液肥を10日に1回くらいのペースでこまめに与えます。肥料が切れると花が咲かなくなるので、生長期には水やりと共にしっかり施肥しましょう。

用土

水はけのよい腐植質が多めの土を好みます。市販のペチュニア用・カリブラコア用培養土が手軽です。自作する場合、赤玉土6:腐葉土4くらいの割合の用土に緩効性肥料を混ぜ込みます。

地植えの場合、連作障害を起こすので以前ナス科の植物を育てた場所の土は使わないよう気を付けてください。鉢植えでも古い土は使いまわさないようにしましょう。

病害虫

カリブラコアに発生しやすい病気

うどんこ病・灰色カビ病などに注意。病気は日光不足や蒸れで株が弱っている時に発生しやすいです。梅雨時期は特に注意してください。

カリブラコアに付きやすい害虫

アブラムシ・ハダニ・ナメクジ・エカキムシ(ハモグリバエの幼虫)などに注意します。株が弱ったり花を食べられたりするので、見つけたら早めに薬剤で対処しましょう。

カリブラコアの植え付け・植え替え

植え付けは4から6月に行います。夏場は水切れを起こしやすいので大きめの鉢が適しています。根を軽くほぐしてから植え付けると、根が広がりやすくなります。

冬を越した苗は4から6月に新しい用土を入れた鉢に植え替えます。

カリブラコアの増やし方

カリブラコアは、5月から7月に挿し芽で簡単に増やすことができます。芽を10㎝ほど切り取り、赤玉土に挿すと発根します。

カリブラコアの手入れ

摘芯・切り戻しは必須。枝が伸びてきたら先を切り取ると脇芽が出て株が大きく育ち花数も増えます。

また、梅雨の前に茎を1/2から1/3の長さに切り戻します。株が蒸れて弱るのを防ぎ、梅雨が明けた夏の時期にも花を楽しむことができます。

花がら摘みもこまめに行います。ペチュニアとは違い、カリブラコアは花がら摘み不要とうたう品種もありますが、花がらをしっかり摘んでおくと次の花が咲きやすくなります。加えて、枯れた花が蒸れて病気・害虫を発生させる心配も少なくなるというメリットも。可能なら花がら摘みはしっかりと行いましょう。

カリブラコアの種類

ミリオンベル

サントリーフラワーズが開発した、もっともポピュラーな品種の一つ。カラーが豊富で寄せ植えにも向いています。小輪・大輪ともにあるので多様な楽しみ方ができます。

スーパーベル

カラーバリエーションが多いのが特徴。レモンスライスなど印象的なカラーが大人気です。

八重咲きカリブラコア

バラのような姿が美しいカリブラコアです。

カリブラコアの花言葉

花言葉は「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心の安らぎ」。近縁種のペチュニアと同じ花言葉を持ちます。

まとめ

カリブラコアは花数が多く見た目が華やかなので、春から秋の花として非常に人気があります。丈夫で育てやすいのも魅力。梅雨時の蒸れと真夏の水切れには注意しましょう。摘芯や花がら摘みもこまめに行っておくと、株の形が整って花数が増えます。

寒さに弱いカリブラコアは一年草扱いですが、気象条件などが揃えば冬越しも難しくはありません。古い土では生育が悪くなるので、冬越しした苗は必ず新しい土に植え替えるようにしましょう。気に入った品種を長く楽しめるのも嬉しいポイントです。

カリブラコアは、花壇・鉢植え・ハンギングなど夏のお庭をカラフルに彩るのに欠かせない植物。単体でも楽しめますが、カラーバリエーション豊富なので、寄せ植えにも使いやすいと人気です。どこのホームセンターや園芸店でも手に入りやすいので、ぜひ今年の夏はカリブラコアを楽しんでみてはいかかでしょうか。

※トップ画像はいちじくさん@GreenSnap

カリブラコアの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
原産地
南アメリカ

カリブラコアの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

カリブラコアの新着投稿画像

みんなのカリブラコアの育て方

八重咲きのカリブラコア

Photo By ✰ぐでたま✰

ピンク💕の可愛いカリブラコア

カリブラコア

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード