ノウゼンカズラの画像

ノウゼンカズラの育て方

  • ノウゼンカズラ科
  • ノウゼンカズラ属

ノウゼンカズラの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Campsis grandiflora

別名

原産地

中国

ノウゼンカズラの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ノウゼンカズラの育て方の画像

夏にラッパのような形をしたオレンジや赤、黄などの色鮮やかな花を咲かせるノウゼンカズラ。花の一つ一つは短命ですが、次々に花が咲き、長い間楽しめるのでおすすめです。ノウゼンカズラは、つる性の植物で、長いものは10m位にまで達します。大きくなる品種が多いので、庭に地植えするのが向いていますが、中には鉢植えできる品種もあるのでご安心ください。寒さ暑さにも強く、初心者でも比較的育てやすい植物です。今回は、ノウゼンカズラの育て方をご紹介します。

ノウゼンカズラの育てる場所

夏場の日差しにも強いので、日当たりのよい場所を選んでください。日当たりが悪い場所では、蕾ができても落ちてしまったり、花が咲かないこともあるので、日当たりが最重要です。育つと大きくなる品種は地植えが向いています。水はけのよい場所を好みますので、水はけの悪い場所は避けてください。

また、ノウゼンカズラはつる性植物なので、つるが這えるように棚や壁、フェンス、しっかりした支柱がある場所を選びましょう。

小型の品種は鉢植えも可能です。日当たりのよい場所で育ててください。

ノウゼンカズラの水やり

地植え

植え付けてしばらくは、土が乾いたら水やりをし、後は特に水やりの必要はありません。自然に任せましょう。

ただ、開花時は、乾燥しすぎないように管理します。開花時の乾燥は、蕾が落ちてしまうこともあるので、注意してください。冬越し時は、やや乾燥気味にします。

鉢植え

土の表面が乾いたら、たっぷり水やりしましょう。

肥料

地植え、鉢植え共に、春先の新芽に備え、2月頃に寒肥を施しましょう。

その後、4月~5月頃に緩効性肥料や油かすを与えます。

用土

地植え

水はけの悪い粘土質を避ければ、あまり場所は選ばずに育ちます。掘り上げた土に、たい肥や腐葉土を混ぜて水はけの良い用土を作りましょう。

鉢植え

水はけがよいのはもちろん、水持ちも大切なので、赤玉土6に腐葉土4をブレンドした土を使いましょう。

病害虫

ノウゼンカズラは病害虫の心配はほとんどありませんが、新芽にアブラムシが付くことがあるので、見つけ次第、取り除いてください。

ノウゼンカズラの植え付け・植え替え

植え付け

植え付けは、暖かくなる3月中旬から4月頃が適しています。つる性の植物なので、つるが這い登るための壁やフェンスがなければ、しっかりした支柱などを準備しましょう。つるは明るい方向に伸びるので、つるが伸びる方向を考慮し植え付けてください。

地植えの場合、一度植えると植え替えの必要はありませんが、鉢植えの場合は、成長と共に植え替えが必要になります。

植え替え

鉢植えの場合は、植えてある鉢の中に根がまわり、根詰まりするようなら植え替えましょう。一回り大きな鉢と新しい用土を準備し、鉢から抜きます。根のまわりの土を軽く落としながら、傷んだ根がないかチェックし、傷んだ部分があれば取り除き、新しい鉢に植え替えてください。植え替えも、暖かくなる3月頃が適しています。

ノウゼンカズラの増やし方

挿し木

ノウゼンカズラは挿し木で増やします。6月~7月の梅雨時期に、葉を2~3枚残した気根が出ている枝を切り、挿し木しましょう。比較的簡単に発根します。

ノウゼンカズラの剪定

春から新しく伸びる枝に花を咲かせるので、剪定の時期は2月~3月が適しています。つるがよく伸びるので、伸び過ぎたつるや、不要な枝は剪定し、つるを数本まとめて誘引しましょう。枯れ枝は、枝の付け根で切り落とします。

また、植え付けてある場所から少し離れた場所に、新しく枝が出ることがありますが、この枝は、栄養をとってしまうので切り落としましょう。

ノウゼンカズラの種類

ノウゼンカズラ属には、中国原産の他にアメリカ原産のアメリカノウゼンカズラなどがあり、それらの交配種の品種もあります。その他にも、兵庫県宝塚市生産のノウゼンカズラなどもあり種類は多いです。宝塚市生産の品種は、小さいサイズの品種もあるため、鉢植えでの栽培にも向いています。数ある品種の中から、いくつかご紹介しますね。

・ノウゼンカズラ       花はオレンジ色

・アメリカノウゼンカズラ  花は赤みが強めのオレンジ色

・アメリカノウゼンカズラ フラハ  花は濃い黄色

・マダムガレン        花は紅オレンジ色

・オランジュ・タカラヅカ   花は濃オレンジで中心が黄色

・タカラヅカ・ゴールド    花はゴールドよりの黄色

ノウゼンカズラの花言葉

代表的な花言葉は、「名声」や「名誉」「栄光」です。

ノウゼンカズラの花は、ラッパのような形をしており、勝者を祝福する時のファンファーレを吹くラッパが、花言葉の由来になっているといわれています。

まとめ

今回は、ノウゼンカズラの育て方や増やし方などをご紹介しました。ノウゼンカズラの大きな魅力の一つは、夏から秋に庭を彩る美しい花です。

また、つる性の植物なので、フェンスや壁に這わせるだけでなく、アーチ状にしたり、緑のカーテンにするなど、つるでも楽しめます。

しかも、比較的育てやすく、初心者でも気軽にチャレンジできますよ。ノウゼンカズラを植えて、あなたなりのつるアートと、美しい花を楽しんでみませんか?

※トップ画像はKay_Tamagusk(ケィ)さん@GreenSnap

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

イチョウ

中国が原産の樹木です。成長すると30Mを超す高木になり、晩秋は葉っぱが黄色く色づき、冬には落葉します... イチョウの育て方へ

バニラ

日当たりの良い場所を好みます。ただし夏は半日陰で育ててください。 バニラの育て方へ

ハナミズキ

土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。地植えの場合は、よほど乾燥しない限り水やりの必要は... ハナミズキの育て方へ

バーベナ

日当たりと風通しのよい場所で育てます。 バーベナの育て方へ

エキナセア

日当たりと水はけのよいところで育てます。 エキナセアの育て方へ

ケイトウ

鮮やかな花色で、夏から秋にかけて開花します。日本では奈良時代頃から親しまれている花です。古名は韓藍(... ケイトウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード