マツバギクの画像

マツバギク(松葉菊)の育て方|増やし方や冬の管理方法は?

  • ハマミズナ科
  • マツバギク属
マツバギク(松葉菊)の育て方|増やし方や冬の管理方法は?の画像

南アフリカ原産のマツバギクは、日の光により花を開く性質がありますので、日中に花を咲かせて、夕方になると花を閉じてしまいます。多年草で、地を這うように横へ横へと広がりながら成長していくことから、グランドカバーやロックガーデンにも向いているといえます。

そんなマツバギクの育て方を説明します。

マツバギク(松葉菊)を育てる場所

マツバギクは日の光によって開く花ですので、日照不足では花が咲きません。強い日当たりを好むので、日当たりの良い戸外に置いて育てましょう。

冬の時期

デロスペルマ属のマツバギクであれば、耐寒温度が-20℃程度ですので、とても寒さに強くて、戸外でも越冬できます。しかし、ランプランサス属のマツバギクは耐寒温度が-5℃程度で、それほど寒さに強いとはいえないので、鉢植えであれば、冬場は室内の日当たりの良い窓辺に置いておく方が安心できます。

マツバギク(松葉菊)の水やり

マツバギクには、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

ただし、マツバギクは乾燥には強いものの、過湿には弱いという特徴があります。水やりをしすぎると根腐れを起こしてしまいますので、注意が必要です。

春から秋にかけての水やりの目安は2日から3日に1回ですが、土が乾いていることを必ず確認してください。冬場は3日から4日に1回程度を目安にするとよいでしょう。葉っぱが蒸れないように、風通しを良くすることも大切です。

マツバギク(松葉菊)の肥料

マツバギクを育てるときは、3月から5月頃、10月から12月頃に、液肥の1000倍液を月1回程度与えます。固形の緩効性肥料を使う場合は、春と秋に1回ずつ与えればOKです。

マツバギク(松葉菊)の土

マツバギクは過湿に弱いため、用土は水はけのよいものにします。

赤玉土6:腐葉土2:パーライト2の混合土がおすすめです。市販の培養土ならサボテン用または山野草用を選びましょう。

マツバギク(松葉菊)の育て方で注意すべき病気・害虫

マツバギクは病害虫の心配は比較的少ない方です。しかし、ごくたまに発生する病害虫はありますのでご紹介しておきます。

かかりやすい病気

風通しよく乾燥気味に育てていれば心配ありませんが、まれに密植や過湿が原因で起こるべと病が発生します。葉っぱに汚れたような斑紋ができて、それがどんどん広がっていきます。みつけたらすぐに殺菌剤を撒き、そのような葉っぱは集めて燃やしてしまいましょう。

つきやすい害虫

害虫については、ごくたまにアブラムシやカイガラムシが付いてしまうことがありますので、見つけたら殺虫剤ですぐに駆除しましょう。アブラムシはテープで貼りつけて取る方法もありますし、カイガラムシは歯ブラシでこすり取るという方法もあります。

マツバギク(松葉菊)の植え付け・植え替え

マツバギクを鉢植えで育てる場合は、根詰まりして花が付きづらくなってしまうため、数年に1回くらいのサイクルで、今までよりもひと回り大きい鉢に植え替えます。マツバギクの下葉が枯れてしまっているようなら、挿し木をした方が良いでしょう。

なお、植え替えに適しているのは、春または秋の過ごしやすい季節です。

マツバギク(松葉菊)の増やし方

マツバギクは「挿し木」で増やします。挿し木に最適なのは9月ですが、5月から9月の間であれば大丈夫です。

若い茎の先端を4センチ程度カットし、下葉を1枚取り除きます。挿し木のための用土はパーライトまたはパーミキュライトを使い、深さ1センチ程度に挿し木をします。過湿になると根腐れしてしまいますので、やや乾燥気味に半日蔭に置いて育ててください。

1カ月程度で発根しますので、そのタイミングで鉢上げをし、4号鉢なら3本、5号鉢なら5本程度植え付けます。密植になると風通しが悪くなり過湿になってしまいますので、たくさん植えすぎないようこの程度にします。

その後は茎が伸びてきたら摘芯するというのを繰り返すと、上手に枝分かれしていきます。

ちなみに、摘芯した茎もまた、簡単に挿し木できますので、増やそうと思えばどんどん増やせますね。

マツバギク(松葉菊)の手入れ

マツバギクには、それほど難しいお手入れはありませんので、初心者にも扱いやすいといえます。

マツバギクの花が終わった際には、株が弱ってしまわないように、花がらはこまめに摘んで、風通しを良くしてあげてください。また、伸びすぎた枝は、植え替えのタイミングで刈り込んでしまいましょう。

マツバギク(松葉菊)の花

マツバギクは、多肉質の細い葉っぱとキクに似た花びらが特徴です。日に当たっている時しか花を咲かせないため、夜になると花は閉じてしまします。

マツバギク(松葉菊)の花言葉

マツバギクには、「なまけもの」「怠惰」といった花言葉と、「ゆったりした気分」「心広い愛情」といった花言葉があります。

マツバギク(松葉菊)の花をお庭で育てよう!

今回は、南アフリカ原産の多年草、マツバギクの育て方についてご紹介しました。

育てやすくて、かわいらしく咲き誇る美しい花を長く楽しむことができます。

株を選ぶ際には、茎葉が伸びすぎていなくて、たくさん花の付いた株を選ぶとよいでしょう。

乾燥に強く、病害虫の心配も少なく、充分な日当たりがあれば丈夫に成長してくれるため、初心者にもおすすめです。

※トップ画像はranranさん@GreenSnap

マツバギクの新着コラム

マツバギクの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
松葉菊
原産地
南アフリカ

マツバギクの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
普通
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

マツバギクの新着投稿画像

みんなのマツバギクの育て方

マツバギク

マツバギク5月22日

デロスペルマ マツバギク

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード