ナツズイセンの画像

ナツズイセンの育て方

  • ヒガンバナ科
  • ヒガンバナ属
ナツズイセンの育て方の画像

ナツズイセンの育てる場所

ヒガンバナ科に属するナツズイセンは、野山や道端に良く咲いている花です。葉が水仙によく似ており、夏にピンク色の美しい花を咲かせます。リコリス・スプレンゲリとリコリス・ストラミネアの交雑種だとされています。

ナツズイセンは、寒さ暑さに強く日あたりがよく風通しの良い場所で育ちます。地植えでも鉢植えでも一度植えれば育てやすい球根の花です。夏場は日差しがかなり強いので鉢を半日陰に移しましょう。

ナツズイセンの水やり

地植えは、雨水のみで特に水やりは必要ありませんが、夏の日差しが強い日は表土が乾燥するので、たっぷりと水やりをします。鉢植えは、表土が乾いたら水やりします。花が終わった後も表土が乾燥していたら水やりをする程度でやりすぎないように注意しましょう。

肥料

植えつけの際に緩効性肥料を用土に混ぜておきます。その後は地植えの場合は、肥料をほとんど必要としませんが、春の新芽が出る前に緩効性肥料をやると花付きがよくなります。

用土

市販の花の土を使うか、赤玉土を7割とバーク堆肥を3割を混ぜて使います。バーク堆肥の代わりに腐葉土でも構いません。

病害虫

病気や害虫はありません。

ナツズイセンの植え付け・植え替え

ナツズイセンの植え付けは、6月~7月に球根を植えます。30cmほどの穴に用土を入れて庭の土と混ぜ込んで、10cmほどの間隔をあけて球根を置きます。土をかぶせて、たっぷりと水をやります。すると、春先には茎が伸びて葉がつきます。5月ごろに葉は枯れて長さ40~50mほどの茎になり、8月ごろにはラッパ状の花が複数咲きます。

地植えの場合、数年すると次第に花数が減ってくるので、5年ごとに植え替えをします。植え替えは、葉が枯れた後の茎が伸びて花が咲くまでの6~7月が適しています。掘るときは、根を傷つけないように気を付けて掘り起こしましょう。鉢植えは、株が大きくなるので数年ごとに株分けをするといいでしょう。

ナツズイセンの増やし方

ナツズイセンの球根を分球して、それを植え付けて増やします。球根は数年たつと大きくなります。分球して増やす時期は、植え付け時期です。

ナツズイセンの手入れ

ナツズイセンは、地植えなら植え付けた後はほとんど手入れが必要ありません。花が終わった後は、花茎はカットします。花時期が終わると、休眠期に入り地上部が枯れてしまいます。そのため、どこに植えてあるかがわからなくなるで、目印となるものを置くといいでしょう。寒さに強いので、関東より西の地方は霜よけは必要ありません。

ナツズイセンの花言葉

花言葉は、「深い思いやり」「快い楽しさ」「楽しむ」「悲しい思い出」「あなたのために何でもします」です。8月22日の誕生花です。

まとめ

ナツズイセンは、茎の先に数輪のピンクの花が咲き、本州全域に自生しています。球根を植えつければ、その後はほとんど世話がいらない育てやすい花です。鉢植えでも地植えでも育つので、花が少ない夏に庭や鉢にピンクの花で彩りませんか。

※トップ画像はらりるん♪さん@GreenSnap

ナツズイセンの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
リコリス,夏水仙
原産地
日本

ナツズイセンの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
普通
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ナツズイセンの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード