プリンセチアの画像

プリンセチアの育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

プリンセチアの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

-

別名

原産地

メキシコ、中央アメリカ

プリンセチアの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
プリンセチアの育て方の画像

プリンセチアの育て方

ポインセチアかと勘違いしてまいそうな、プリンセチアと呼ばれる花があります。

プリンセチアは贈り物としても良く用いられています。

ポインセチアとの関係があるのかどうかなど、プリンセチアの育て方を特集します。

基礎情報

日当たり

プリンセチアは、ポインセチア同様日の光を好みますが、短日植物のため、遮光することで花の姿や色を良くすることで花芽ができます。

しかし、日当たりが悪い場所で管理していると下葉が枯れる原因になります。

日中だけでも日の当たる場所で育てるようにしてください。

 

置き場所

雨と気温が低い季節が苦手ですので、雨水に当たらないようにすることと、冬場は室内での管理を心がけましょう。

特に管理を厳かにしていると、早くに萎んでしまいます。そのまま枯れてしまうことにもなります。

年を越して花を咲かせるには、短日処理を行う必要があります。

室内で管理する際は、クーラーの風や暖房の風を当たらないように場所を移しましょう。

風が葉っぱなどに当たってしまうと、乾燥でからからになります。

 

水やり

プリンセチアは、気温が暖かく、乾いた空気のするところを好む花です。

夏を含む春と秋までの間には、表土が乾燥していたら水を与えてあげましょう。

葉っぱ水がかかってしまうと枯れてしまったり、病気などの原因に繋がりますので水やりを行う際は、株のすぐ近くから注いで葉っぱにかからないようにしてください。

冬場でも、ある程度の気温がある環境で、乾燥していることが重要です。

水やりは控えめに行うようにしてください。

10度を下回ったときあたりからは、土の面が乾いてからではなく、乾いてから3日〜5日経ってから水を施しましょう。

 

肥料・追肥

1年目の育て方では、春ごろに芽が出てきたら、緩効性肥料か液肥を間隔を空けて与えます。

特に5月〜7月では、液体肥料を施すようにしましょう。8月〜10月にかけては、緩効性化成肥料にしてあげてください。

冬に花を咲かせるのがプリンセチアなのですが、この時期に肥料を追加してしまうと、根腐れを引き起こすことがありますので与えないようにしてください。

植え替えを行ったときは、2週間程度は肥料を施さないように注意してください。

春・夏の時期は、窒素分がやや多い「観葉植物用肥料」を施肥してあげると元気に育ちます。

2年目からのプリンセチアの肥料には、春・夏・秋・冬で見ていきましょう。

春は、最低気温が10度以上になったら、有機質が配合された固形肥料や化成肥料をを月に1回のペースにしましょう。

 

用土

一般的には「観葉植物用の土」を用います。

自作するのであれば、赤玉土と腐葉土とパーライトを6割と3割と1割で配合してください。

腐葉土は臭いが付いている土になりますので、嫌な方は市販の土を用いてください。

用土は、植え付けはもちろん植え替えにも使いますので清潔にしておきましょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

プリンセチアの植え付けには、4月か5月が適しています。鉢以外にもプランターに植えることもできます。

植え替えには、元々育てていた鉢よりも一回り大きい鉢を使います。

そして、鉢から取り出した際は、3分の1程度の土をほぐしましょう。

植え替えも春に行うのが一番良いですが、どうしても根詰まりしているように感じたら、「真夏」と「真冬」以外の時期に行いましょう。

苗を購入したときは、小さめの鉢に植えられていますので、根詰まりを起こしていることが多いです。

できるだけ植え替えをするようにしてください。植え替える際は、茎から白い液体が出てくることがあります。

この液体に触れるとかぶれることがありますので、作業を行うときは「手袋」などを装着して行ってください。

葉っぱからも出てくることがありますので、植え付け及び植え替える場所は、人があまり通らない場所などにして下さい。

 

増やし方

プリンセチアは剪定と並行して、「挿し木」をしながら増やします。

挿し木を作るには、新芽の付けた茎を5cm〜10cmの大きさにカットします。切り口を斜めになるように切って水洗いをします。

その後、1・2時間浸水させておきます。時間が経ったら上部分を3・4枚の葉っぱを残してその他の葉っぱを取り除きましょう。

茎を植える鉢を用意して、小粒の赤玉土を注ぎます。中心を少し窪ませて切った茎を挿します。

明るめの日陰に移動させて、土を乾かさないように適度に水を与えます。

挿し木を指す用土は、赤玉土にバーミキュライトやパーライト&ピートモスを同じ割合で混ぜた土を用いても構いません。

切り口には、「発根剤」を付けておくとより根が出やすくなります。

 

病気・害虫

害虫には、「オンシツコナミジラミ」「アブラムシ」「カイガラムシ」があります。気をつけて管理しましょう。

この3つの害虫は、一年を通して見かけます。オンシツコナミジラミは、葉裏に付いていることがあります。

予防できることとしては「風通し」の良い場所で管理すると良いでしょう。

アブラムシは新芽に、カイガラムシは茎や葉っぱの根本から湧いてきます。

カイガラムシは取り除きにくいので、ブラシを使ってこそぎ落とすようにしましょう。

 

管理温度

プリンセチアの生育温度である、15度〜20度を保つようにしてあげましょう。

この温度は、植替えを行うのに適した温度でもあります。15度を下回ってくると、室内への取り込みを始めてください。

5月に入ってくると、新芽が顔を出してくるので屋外で育てられるようにしていきましょう。

急に外に出すと、環境に耐えきれずに枯れる原因になりますので、徐々にならしていくようにしてください。

28度ほどの気温であれば、日の当たる場所に移動させましょう。

 

種類・品種

トウダイグサ科ユーフォルビア属に分類されるポインセチアの園芸品種です。

主な原産地はメキシコの西部や中央アメリカで、2009年と2015年の日本フラワーオブザイヤー最優秀賞に輝いた品種であることから、有名になりました。

ポインセチアよりも花びらの大きさが小さいですが、色が鮮やかです。

ポインセチアは真っ赤な花に染まりますが、プリンセチアはピンク色で薄くなっています。

ポインセチアを開発したサントリーフラワーズでは、「日本乳がんピンクリボン運動」の支援をしています。

プリンセチアの種類には、花の色によって変えられています。8種類がプリンセチアとして流通しています。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

花が咲く時期は、10月〜年を越した2月までとなっています。

しかし、プリンセチアは短日植物であるため、短日処理を行う必要があります。

短日植物は、蛍光灯の光でさえも日光と勘違いしてしまいます。

夜でも明るい場所で管理していると、花を咲かせることができなくなってしまいます。

処理としてはダンボールを被して暗闇にすることです。

また、開花には品種で違いますが、大体60日間〜70日間はかかるとされています。

8月の中旬から9月いっぱいの期間は、午後5時頃から翌朝の8時まではダンボールなどで光を遮断しておきましょう。

40日〜50日の間は、遮断作業をするようにしてください。

花の色はピンクホワイトが主流ですが、パール(白)・ホットピンク(濃いピンク)・ルージュ(赤)の種類も開発されています。

プリンセチアはクリスマスシーズンにも人気があり、気分を高めてくれますよ。クリスマスプレゼントにもよく活用されています。

 

トリビア

風水

クリスマスの定番として人気があるプリンセチアは、ポインセチアと同じ風水効果があります。

赤い花を咲かせるプリンセチアは、東の方角に飾ると良いとされています。

東は「赤」が抜群に合いますので、飾ってみてください。「若返り」や「やる気を高めてくれる」効果が期待できます。

 

花言葉

プリンセチアの花言葉には、「思いやり」という意味が付けられています。

名前の由来になっている「プリンセス」の気品さと可愛らしさを兼ね備えているということでこの言葉になっています。

 

由来伝承

プリンセチアの名前は、「プリンセス」と「ポインセチア」を組み合わせて作られました。

 

まとめ

クリスマスの定番として、よく飾られるプリンセチアの育て方についてご紹介しました。

とにかく花びらの色彩が鮮やかで、目を奪われる程美しいです。

少し環境への配慮が面倒に感じるかもしれませんが、大事に育てたからこそ見られる花は感動します。

是非ご自宅で育ててみてください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『プリンセチアの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

ヤマブキ

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 ヤマブキの育て方へ

オーストラリアンビーンズ

一年を通して日当たりの良い場所で育てます。明るい場所なら室内でも育ちます。耐寒温度は5℃前後なので冬... オーストラリアンビーンズの育て方へ

ジュズサンゴ

半日陰で育ててください。 ジュズサンゴの育て方へ

ウインターコスモス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ウインターコスモスの育て方へ

クンシラン

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... クンシランの育て方へ

テンナンショウ

直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところ... テンナンショウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料