ブラシノキ(金宝樹)の育て方|種まきや挿し木の方法は?鉢植えでもOK?

  • フトモモ科
  • カリステモン属

ブラシノキ(別名:キンポウジュ、ハナマキ)は原産地のオーストラリアをはじめ、ニューカレドニアやニュージーランドに広く分布している常緑樹です。明るい太陽が大好きで、屋外に植えっぱなしでも元気に育つブラシノキ。日本へは明治時代中期に紹介されて以来、庭木やシンボルツリーとして植栽されるようになりました。そんなブラシノキの育て方を見ていきましょう。

ブラシノキ(金宝樹)を育てる場所

ブラシノキは暑さや乾燥に強く、日当たりと水はけのよい屋外の環境を好みます。

ブラシノキ(金宝樹)の水やり

ブラシノキwp定植してからしばらくの間は、地面が乾いたらしっかり与えてください。2年以上たった成木には、特に水やりの心配はいりません。

ブラシノキ(金宝樹)の肥料

ブラシノキを地植えしている場合は、2月ごろ寒肥として有機質肥料を株元の周辺に埋めておきます。鉢植えの場合は、3月に化成肥料を株元に追肥してください。

ただし、肥料の与えすぎは逆に花付きが悪くなってしまうので、量は控えめで大丈夫です。

ブラシノキ(金宝樹)の土

ブラシノキは、水はけがよければ、特に土質は選びません。

鉢植えの場合は、赤玉中粒土:腐葉土を2:1の比率で配合したものを用います。地植えの場合は、植え付けの前に腐葉土をよく梳きこんでおきます。

ブラシノキ(金宝樹)の植え付け・植え替え

ブラシノキの植え付け・植え替えともに、適期は4月中旬から9月の間です。地植え、鉢植えともに、植え穴または鉢底に有機質肥料か緩効性化成肥料を元肥として施しておきます。

ブラシノキ(金宝樹)の増やし方

ブラシノキの増やし方は、「種まき」か「挿し木」が一般的です。

種まき

ブラシノキの花後は、しばらくすると枝に種がずらっと現れます。この中に種があって、1年後に熟しますが、樹上で1~3年たったタネを採取し4月中旬にまきます。開花まで最低でも3年はかかります。

挿し木

6月から7月にその年に伸びた新しい枝を使い、10㎝程度に切り取って挿し穂にします。挿し木用土に挿して、明るい日陰で水切れしないよう管理しましょう。発根したら定植します。

ブラシノキ(金宝樹)の育て方で注意すべき病気・害虫

ブラシノキを育てるうえで注意すべき病気や害虫は、特にありません。

ブラシノキ(金宝樹)の手入れ

ブラシノキは、春から伸びた新梢の先に開花するので、3月上旬に剪定を行います。自然に樹形が整うので、毎年必要なわけではなく、樹形が乱れたら行いましょう。

ブラシノキ(金宝樹)の種類・品種

花姿がビンを洗うためのブラシそっくりのために、英名でボトルブラッシュとも呼ばれています。ブラシノキには、低木から高木の常緑性花木で30種以上の品種があります。

  • ブラシノキの和名をもつスペキオスス(Callistemon speciosus
  • シロバナブラシノキの和名のサリグヌス(C. salignus
  • シダレハナマキの和名のウィミナリス(C. viminalis
  • ハナマキの和名で金峰樹(キンポウジュ)の別名をもつキトリヌス(C. citrinus

和名「金宝樹」に代表されるハナマキには、ほかにもいくつかの園芸品種が流通しています。

ブラシノキ(金宝樹)の花

ブラシノキは、その名の通り、ブラシのような形の花を咲かせることに最大の特徴があります。

花色は赤のほか、ピンク、白などがあります。5月~6月の開花時期になると、長い主軸に花柄(かへい)のない花を多数つけて、茎の先端に小さな花をつけます。茎の先からも枝が伸びます。花は開花後まもなく落ちてしまいます。

赤いブラシのように見えるのは、実から長く突出した雄しべで、「花糸」と呼ばれるものです。花弁が落ちたあとも美しく色づいた雄しべは長く残ります。

ブラシノキ(金宝樹)の花言葉

ブラシノキの花言葉は、「はかない恋」「恋の火」「恋の炎」などの意味があります。

原産地のオーストラリアでは、ブラシノキが咲く夏場には乾燥による山火事が多く発生します。その時に果実が裂けて中の種子が風によって飛散することで子孫を増やしていくのだそうです。花は開花後すぐに落ちてしまい地面には真っ赤に染まります。そのようなことが「はかなく燃える恋の火炎」を連想させるのかもしれませんね。

ブラシノキ(金宝樹)を地植えや鉢植えで育ててみよう!

いかがでしたか。もしあたなが日当たりのよい庭をお持ちでしたら、ぜひ手間いらずのブラシノキを育ててみてくださいね。また、鉢植えでも栽培できるので、ぜひ挑戦してみてください。

※トップ画像は**ya**さん@GreenSnap

ブラシノキの新着コラム

ブラシノキ(金宝樹)の花言葉|意味や種類、花の特徴は?の画像

ブラシノキ(金宝樹)の花言葉|意味や種類、花の特徴は?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ブラシノキの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
Callistemon citrinus
別名
カリステモン,ブラシの木
原産地
オーストラリア

ブラシノキの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
普通
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
4月
植え付け・植え替え
4月 、5月、6月、7月、8月、9月
肥料
2月 、3月
開花
5月
剪定
3月

ブラシノキの新着投稿画像

みんなのブラシノキの育て方

いいね
64

追跡レポート!ブラシノキの花???

ちょっと珍しい花 "ブラシノキ" の花の咲き方から...
by.Kevin

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。