レモンマートルの画像

レモンマートルの育て方

  • フトモモ科
  • バックハウシア属

レモンマートルの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Backhousia citriodora

別名

バックハウシア・キトリオドラ

原産地

オーストラリア

レモンマートルの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

やや弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
レモンマートルの育て方の画像

レモンマートルの育てる場所

日当たりと乾燥を好みます。暑さに強いので、春から秋まではできるだけ戸外の日当たりで管理します。寒さには弱いため、冬は室内に移動させるか防寒対策を施しましょう。 

レモンマートルの水やり


水やりは夏場でも控えめにし乾燥気味に育てます。

生育の旺盛な春から夏は、土の表面が乾いてからたっぷり水を与えるようにします。鉢植えの場合は、土が濡れたままだと根腐れを起こしてしまうので、受け皿に水が溜まらないように注意しましょう。

冬は地表の水分蒸発が少なく、生長が鈍くなるので、水やりは控えめにしましょう。土の表面が乾いて、数日くらい間を置いてから水を与えるくらいが目安です。地植えの場合は、乾燥しすぎないかぎり水やりしなくてかまいません。

肥料

春と秋に緩効性化成肥料を置き肥しましょう。コンパクトに育てたいときは追肥は与えなくても大丈夫です。庭植えの場合は、元肥として有機肥料を施してやり、生育期の4~10月に葉が黄色くなったら薄めた液肥を施すだけで十分です。

用土

水はけさえよければ、あまり土質は選びません。赤玉土、腐葉土、パーライトの配合土または、市販の草花用培養土を利用してもOKです。

病害虫

病気は葉に抗菌成分があるため、ほとんど心配ありません。害虫はコガネムシの幼虫に気をつけます。カイガラムシ防止には風通しの良い場所で栽培しましょう。

レモンマートルの植え付け・植え替え

植え付け

日当たりのよい腐植質に飛んだ水はけのよい場所に植え付けます。冬場の寒さには弱く最低5度以上を保てるとよいでしょう。強風にあたると新芽が傷むことがあります。

鉢植え

鉢植えでの植え付けは、2~4月が適期です。鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢を選び、鉢底ネットと鉢底石を入れてから植え付けていきます。土は、市販の草花用培養土か、観葉植物用培養土がおすすめです。植え付けたら棒で土をつついて根と土をなじませ、たっぷりと水を与えてください。

庭植え

レモンマートルの地植えでの植え付けは、2~4月が適期です。地植えは、日当たりと風通しがよい、スペースの広い場所に植え付けましょう。苗よりも1~2回り大きな植え穴を掘り、土に堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおきます。

植え替え

レモンマートルは、生育が早いので根詰まりを起こしやすくなっています。鉢植えは、1年に1回、1回り大きな鉢に植え替えます。鉢を変えたくないときは、根を1/3ほど切り詰め、枝葉もバランスよくなるように切りそろえてから、新しい土に植え替えます。

レモンマートルの花

レモンマートルは、常緑の葉もいいですが、花もまた可愛らしいのでぜひ鑑賞してみてくださいね。日本では初夏の6月~8月頃に、白からクリーム色の小さな花をいっぱい咲かせます。オーストラリアのクイーンズランド州のケアンズから沿岸部にかけての自生地では、満開になると白い花で木全体が雪の様に覆われるほどです。

レモンマートルの増やし方

レモンマートルは、挿し木で増やすことができます。5~6月か9~10月が適期です。挿し木に使う枝は、根元が少し木質化した部分を入れると成功率があがります。ただし、挿し木で増やすのは初心者には困難で、いつも成功するとは限らないので、予備の枝も何本か含めて行うといいですよ。

挿し木の手順

  1. 枝を10~15cmの長さに切り、 切り口を斜めにカットする
  2. 枝についている葉っぱ先端の4枚ほど残して切り落とす
  3. 切り口を一晩水に浸ける
  4. 湿らせたバーミキュライトか挿し木用培養土に挿す
  5. 発根して新しい葉が出るまで、土を乾かさないよう管理する
  6. 根が十分に伸びたら、鉢か庭に定植する

レモンマートルの剪定

レモンマートルは生長が早いことから、剪定は欠かせません。軽い剪定なら5月~10月頃の暖かい時期でしたら常時OKですが、強めに剪定する場合は5月~6月が適期です。

コンパクトに留めたい場合は、高さの頂点を留めてから混み入った部分だけを間引き、自然樹形を活かしましょう。留めたい樹高のところをまず決め、そこを起点に枝を剪定していく分には多少強めに剪定してもよい感じにまとまります。ただし、あまり切り戻し過ぎると、株の勢いが弱り、生育に影響を及ぼしますので注意が必要です。

レモンマートルの効果・効能

レモンマートルの葉には、シトラール成分が多く含まれ、清涼感のある柑橘系の香りがするのが特徴です。オーストラリアの先住民であるアボリジニは古来から薬草や料理に利用してきました。葉はハーブとして、お茶や料理、デザートへの香り付けにも使用できます。

またレモンマートルの精油はアロマセラピーとしてリラックス効果が期待できるほか、葉は薬用にも使用できますよ。柑橘系芳香成分「シトラール」の効能には、

  • 風邪などの病気の予防にもなる抗菌効果
  • 興奮した気持ちを落ち着かせる鎮静効果

などがあります。ぜひお茶にして飲んだり、乾燥させておいて活用してみましょうね。

手入れ

レモンマートルは、気温40℃まで耐えることができるので日本の夏の暑さや乾燥には強い半面、耐寒温度は5℃と弱めです。霜に当たると枯れてしまうので、気温が10度を下回るようになったら、鉢植えは室内に取り込みましょう。地植えは株元を腐葉土で覆い霜よけ対策をします。冬にきちんと防寒対策を施すことが大切なポイントです。

まとめ


レモンマートルは、最近になって日本でも栽培されるようになった常緑低木で、まだまだ目新しい観葉植物です。旺盛に成長し、現地では大きいものでは25~30mほどの高さになります。

亜熱帯原産ということで、栽培がむずかしいのではと思われがちですが、剪定をして樹形を整えてやる必要があるほか、防寒対策さえきちんとすれば簡単に育てることができます。

コンパクトに育てれば、ご家庭で薬用効果のあるハーブとして使い易いかもしれません。ハーブティを楽しんだり、葉を乾燥させて芳香剤としてお部屋に飾っておけば風邪の季節の予防にもなりますよ。レモンの20倍もあるといわれるシトロネールの薬効成分をぜひ試してみてくださいね。

※トップ画像はこずえさん@GreenSnap

レモンマートルの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード