シロツメクサの画像

シロツメクサの育て方

  • マメ科
  • トリフォリウム属

シロツメクサの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Trifolium repens

別名

ホワイトクローバー,クローバー,オランダゲンゲ

原産地

欧州

シロツメクサの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

強い

耐暑性

弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
シロツメクサの育て方の画像

シロツメクサは、別名「クローバー」として知られている草花です。幸運を招くと言われている「4つ葉のクローバー」を探す楽しみがあるシロツメクサですが、緑肥として育てて活用することもできます。今回は、そんなシロツメクサの育て方をご紹介します。

シロツメクサの育てる場所

シロツメクサは、日が当たる場所を好みますが暑さに弱いので、半日陰の場所で育てましょう。日陰でも育ちはしますが、茂り方が弱くなります。

栽培に適した半日陰になる場所がない場合は、大きめのプランターなどで栽培し、季節ごとに移動させて日照時間を調整するとよいでしょう。

また、屋外はもちろん、室内でも栽培できます。ただし、室内栽培のほうが病気になりやすいので、日がよく当たり風通しがよい窓辺に置くようにしてください。

シロツメクサの種まき

種まきは3月〜6月、もしくは9月〜11月に行います。重ならないようにして直まきし、種が隠れるように土をかけます。地植えの場合は、事前に種まきをする場所の土を耕して柔らかくしておきましょう。発芽するまでは日陰で管理し、土が乾燥しないよう水やりをしっかりと行っていきます。

シロツメクサの水やり

土が乾いていたら、たっぷりと水やりをしましょう。地植えの場合は日照りが続き土が乾燥していたら、十分に水やりをする必要がありますが、それ以外は雨水だけで大丈夫です。必要以上に水を与えると根腐れを起こす原因になるほか、弱りやすくなるので注意しましょう。

11月以降の気温が低い時期は、水やりを控えて少し乾燥気味にします。冬場は根の吸水力が弱まるので、通常通りのペースで水やりをすると負担がかかり、病気になりやすくなります。

肥料

肥料を与えなくても十分育ちます。シロツメクサをはじめとしたマメ科の植物は、土中の根粒菌と共生し空気中の窒素を取り込んで、土中に蓄えることができます。つまり、シロツメクサ自体が自然の肥料になっているということです。もし生育が悪い場合は月に1回、化成肥料や液体肥料を施すとよいでしょう。

用土

地植えにおいては、特に土質を選びません。生命力が強いのでよく育ちます。鉢植えの場合は、赤玉土小粒と腐葉土を6:4の割合で混ぜ合わせた用土、もしくは市販の草花用培養土を用います。

病害虫

シロツメクサにつきやすい害虫はアブラムシとハダニです。これらの害虫は、葉や茎を吸汁して栄養を奪い生育を阻害します。また、カビや細菌による害を引き起こし、葉が白っぽくかすれたようになることもあります。群れで発生し被害が広がりやすいので、薬剤を散布して駆除しましょう。

シロツメクサの増やし方

間のびしたときは、種まきをして増やすのがよいでしょう。また、4つ葉のクローバーを増やしたい場合などは、株分けや挿し木をするのが効果的です。

株分けは、4つ葉のクローバーの根元周辺をシャベルで土ごと適量とり、植え付けたい場所に植えるだけです。株分けの際に根が切れてしまっても、すぐに根づくので問題ありません。

挿し木の場合は、四つ葉のクローバーがついている茎を切り、茎を寝かせるようにして土に植えます。最初はぐったりしているような状態ですが、1週間程度するとぐんぐん伸びていきます。

シロツメクサの手入れ

ある程度放っておいてもどんどん伸び、簡単に育てられますが、育てる場所を考慮しないと手入れに苦戦することがあるので注意しましょう。

シロツメクサは繁殖力が非常に強いうえ、横に広がる性質の匍匐茎(ほふくけい)であるため、地面を覆うようにどんどん増えていきます。

緑肥として植える場合は大きなメリットですが、広がった後は根絶するのが非常に大変なので、植え付ける場所をしっかりと考えることが肝心です。あまり増やしたくない場合は、プランターや鉢で育てるとよいでしょう。

シロツメクサの花言葉

シロツメクサの花言葉は、「私を思って」「幸運」「約束」「復讐」などです。「復讐」以外は、シロツメクサらしい優しくロマンティックな花言葉ですが、暗いイメージの花言葉も持っているのは意外なところです。

「私を思って欲しい」「約束を叶えたい」という想いを相手に届けても、それが叶わなかったとき、復讐心が芽生えることもあります。そのため、真逆の想いの「復讐」もシロツメクサの花言葉になったと考えられています。

また、葉の枚数によっても、花言葉がつけられています。

  • 5葉:富みや財運に関する幸福
  • 6葉:名誉や名声による幸福
  • 7葉:無限の幸福

シロツメクサは基本的に3葉なので、7葉のシロツメクサなどは、見かける機会がなかなかありません。もし見つけたら非常にラッキーなことなので、「無限の幸福」が待っているとされ、この花言葉がついたと言われています。

まとめ

シロツメクサは生命力があり、肥料を与えなくても成長が旺盛なので手軽に育てられます。また、株分けや挿し木により、幸せのシンボルとされている4つ葉のクローバーを増やすこともできます。昔から身近に存在し、親しみ深いシロツメクサを育ててみてはいかがでしょうか。

※トップ画像はひろりんさん@GreenSnap

シロツメクサの新着投稿画像

みんなのシロツメクサの育て方

クローバー

玄関前にクローバー植えてみた

令和最初の江ノ島の春

シロツメクサの新着コラム

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード