スイートピーの画像

スイートピーの育て方

  • マメ科
  • ハマエンドウ属

スイートピーの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Lathyrus odoratus

別名

ジャコウレンリソウ,ジャコウエンドウ,カオリエンドウ

原産地

シチリア島

スイートピーの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

弱い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
スイートピーの育て方の画像

松田聖子さんの代表曲「赤いスイートピー」でもお馴染みのスイートピー。春のイメージが強いですが、夏咲きの品種や、冬咲きの品種もあります。色も赤ばかりではなく、白、黄、ピンク、紫など色とりどりです。スイートピーは、ツル性の一年草で、マメ科レンリソウ属に属します。長いツルを生かしてアーチを作り、庭を立体的に飾ったり、ドライフラワースワッグやポプリにすれば、その姿や芳香を長く味わえるなど、楽しみが多い花です。栽培もそれほど難しくないので、初心者でも育てられるでしょう。今回は、楽しみが多いかわいい花、スイートピーの育て方をご紹介します。

スイートピーの育てる場所

スイートピーを育てるには、日当たり、風通し、水はけ全てがよい環境が適しています。

また、ツル性の植物なので、フェンスやネット、トレリス、ガーデンアーチなどが設置できる場所を選びましょう。ガーデンアーチを使って育てれば、庭を立体的に演出でき、グレードアップすること間違いなしです。

また、寒さにはやや弱いので、冬場に霜が降りる場所は避けてください。地植えにする場合は、連鎖にも気を付けましょう。前年と違う場所を選んでください。

スイートピーの種まき

スイートピーは15℃~20℃で発芽します。地域により差がありますが、10月頃が適期でしょう。スイートピーの種は硬く、水分が通りにくいため、一晩水に浸けてから種まきします。

直まき

根を傷めてしまうと花がつかないことがあるため、直まきがおすすめです。20~25cm間隔に2~3粒ずつ種をまいて、1cmほど土をかぶせます。発芽して、本葉が2~3枚でたら、勢いがある苗だけ残し間引きしましょう。土の中で根が絡んでいることがあるため、引き抜くのではなく、ハサミを使い地面ギリギリの所で切ってください。

育苗ポット

1つのポットに2~3粒ずつ種をまいて、1cmほど土をかぶせます。発芽したらよく日に当てましょう。本葉が2~3枚でたら、勢いがある苗だけ残し間引きます。土の中で根が絡んでいることがあるため、引き抜くのではなく、ハサミを使い地面ギリギリの所で切ってください。

ポットの底まで根がまわったら定植しますが、寒冷地で育てる場合は、苗をワンサイズ大きなポットに植え替え、冬期の定植は避け、春まで待って定植しましょう。

スイートピーの水やり

スイートピーは、過湿を嫌うため、乾燥気味に育てます。土の表面が乾いたらたっぷり水やりをしましょう。春は発育期で、根もよく張り水を吸います。乾きやすくなりますので、特に注意して観察してください。

肥料

スイートピーはマメ科の植物です。マメ科の植物は窒素過多を嫌いますので、肥料は窒素分が少なく、リン酸、カリウムが多く配合されている肥料を選びましょう。少なめの肥料で育つため、緩効性の化成肥料を、一般的な草花の規定量の半分くらいを目安に施しましょう。

用土

水はけと水持ちのよい用土が適しています。赤玉土7に対し腐葉土3くらいの用土を用いましょう。鉢植えの場合、市販の園芸用の培養土を使うと便利です。

また、スイートピーは酸性土を嫌うため、地植えにする場合には、あらかじめ苦土石灰を撒いて中和させておきましょう。

病害虫

病気

うどんこ病:梅雨時に、水はけが悪く過湿になったり、風通しが悪くて蒸れると、うどんこ病を発症する可能性があります。うどんこ病は、葉にうどんこをまいたように白いカビが生える病気です。うどんこ病にかかった葉は光合成ができなくなり、発育不良に陥ってしまいます。感染の拡大を防ぐため、感染した葉は取り除き、薬剤を散布しましょう。早めに対処してください。予防するには、殺菌剤の散布が効果的です。

害虫

アブラムシ:新芽や葉の裏に寄生し、汁液を吸う直接被害と、病気を媒介する間接被害もあるため注意が必要です。一匹一匹は小さいですが、繁殖力が旺盛で、数が増えると、スイートピーが発育不良に陥ってしまいます。殺虫剤を散布するなど、早めに対処しましょう。

ハダニ:葉の裏に寄生し、汁液を吸います。はじめは、葉に針で突いたような小さな点があらわれ、数が増えると、葉が白いカスリ状になり、発育不良に陥ってしまうため注意が必要です。発見が遅れがちになるため、こまめに葉や葉裏を観察し、見つけたら、早めに殺虫剤を散布して駆除しましょう。

エカキムシ:ハモグリバエやハモグリガの幼虫で、葉の中に侵入し食害しながら移動します。エカキムシが食害しながら移動した所は、白っぽい絵を描いたようになるため、エカキムシと呼ばれるようになりました。移動跡がわかるので、移動跡の先端を押しつぶして退治しましょう。殺虫剤なら、浸透移行性剤が効果的です。

スイートピーの植え付け・植え替え

植え付け

地植えにする場合には、植え付け2週間前までに、苦土石灰を撒き、酸性土を調整しておいてください。

また、スイートピーは、根がよく伸びるので、深さ40cmくらいは耕しておきましょう。元肥として、窒素分が少なく、リン酸、カリウムが多く配合されている緩効性の化成肥料を施し、20~25cmくらいの間隔で植え付けます。くれぐれも根を傷めないように気を付けてください。

鉢植えにする場合も、根がよく伸びることを考慮し、深めの鉢に植え付けましょう。

また、スイートピーはツル性の植物ですので、地植えにする場合は、フェンスやネット、トレリス、ガーデンアーチなどの設置、鉢植えの場合には、支柱を立てるのを忘れずにしてください。わい性品種では必要ありません。

植え替え

スイートピーの根は、太い根がまっすぐに伸びる直根性で、根を傷めてはいけません。さらに、一年草ということもあり、植え替えは不要です。種まきして育てた苗を定植する以外は、植え替えしない方がよいでしょう。

スイートピーの増やし方

種まき

スイートピーは種まきで増やします。花後、果実ができ、果実のさやが茶色くなったら種を採取してください。採取した種は、乾燥保存しておいて10月頃に種まきしましょう。

スイートピーの手入れ

摘心

定植して1~2週間後、茎が7~8節伸びたら、先端を摘心しましょう。わき枝が出て、わき芽が増え、花付きが良くなります。わい性品種では必要ありません。

ツルの誘因

スイートピーはツル性の植物です。放っておくと、ツル同士が絡んでしまったり、変な方向に伸びていってしまいます。ツルの先端の巻きひげを支柱やフェンス、ネット、トレリス、ガーデンアーチなどに巻き付け、ビニールタイなどで留めましょう。わい性品種では必要ありません。

摘花

なるべく多くの花を楽しむなら、摘花は欠かせません。花色があせてきたら、花柄のつけ根から折って取りましょう。

霜よけ

寒さが厳しい地方では、霜よけが必要です。霜が降りる前に、ワラや腐葉土を敷き詰め、マルチングしましょう。

スイートピーの種類

春咲き品種

スイートピーでは一般的な4月下旬~6月中旬頃に開花する品種のグループで、スイートピーとして最も多く親しまれているグループです。秋(10月頃)に種まきをして、苗が育ったら定植しますが、寒い地域では苗で越冬させ、春を待って定植します。

コンテナスイートピー・キューピッドシリーズ:わい性品種で、支柱やフェンス、ネット、トレリス、ガーデンアーチなどが必要なく、枝を自由に伸ばせます。特に香りが強く、小さな花が特徴です。

夏咲き品種

6〜8月に開花する夏咲きのグループです。

ロイヤルシリーズ:日本生まれで、大きな花が特徴のスイートピーです。

宿根スイートピー:夏に種をまき、翌年の夏(6〜8月)に開花するスイートピーで、サマースイートピーの名で知られています。

冬咲き品種

冬に開花する品種のグループです。一般的には、プロの生産者が温室栽培で育て、冬の切り花用として流通させています。

リップルシリーズ:花弁に吹きかけ模様があり、花の色も豊富なスイートピーです。

スイートピーの花言葉

「門出」「別離」「優しい思い出」「私を忘れないで」また、花の色による花言葉もあります。

白いスイートピー:「ほのかな喜び」

黄色のスイートピー:「分別」「判断力」

ピンクのスイートピー:「繊細」「優美」

紫のスイートピー:「永遠の喜び」

赤いスイートピー:松田聖子さんの歌で有名な「赤いスイートピー」には、残念ながら色別の花言葉がありません。スイートピー全体の花言葉になります。赤いスイートピーは、歌の後に品種改良されてできたスイートピーのため、歴史が浅く色別の花言葉が存在しないようです。

まとめ

スイートピーの育て方やお手入れの仕方、花言葉などについてご紹介しました。松田聖子さんの歌でもお馴染みで、春のイメージが強いスイートピーですが、夏咲きや冬咲きの品種もあり、一年中楽しめます。花の色も豊富で、赤、白、黄、ピンク、紫など色とりどりです。

また、ツル性の植物のため、長いツルを生かしてアーチを作り、庭を立体的に飾ることもできますよ。

香りもよく、色とりどりのスイートピーを育ててみませんか?

※トップ画像はshizukさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ

ギンヨウアカシア

よく間違えられやすい品種にフサアカシアという別種があります。フランスではミモザといえばフサアカシアの... ギンヨウアカシアの育て方へ

トキワマンサク

明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 トキワマンサクの育て方へ

クコ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 クコの育て方へ

レウイシア・コチレドン

レウイシアには、常緑性種と落葉性種があります。 レウイシア・コチレドンの育て方へ

サフィニアアート

花弁に星形の模様が入る印象的な咲き姿が特徴のサフィニア。生育・分枝力旺盛で育てやすい。また、ボリュー... サフィニアアートの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード