警告

warning

注意

error

成功

success

information

ヒイラギ

『用心深さ』『先見の明』『保護』。「用心深さ」は、甘く香る花をつける一方で、トゲのある葉っぱを持っていることに由来するといわれています。「先見の明」は、年数が経つにつれて、トゲがなくなり丸みを帯びた葉になる特性が、別の形に変化し、先のことを見通す様を連想させることに由来するといわれています。「保護」は、魔除けになるトゲにちなみます。節分の日に、「柊鰯(ひいらぎいわし)」を飾ると魔除けになるといわれています。クリスマスリースなどによく使われるヒイラギは「セイヨウヒイラギ」で別種のものです。
コラム
2件
投稿画像
2,637枚

ヒイラギの新着コラム

いいね済み
26
2021.09.21

ヒイラギ(柊)の花言葉|名前や魔除けとされる由来は?花や実の特徴、種類は?

トゲトゲした葉と甘い香りが印象的なヒイラギ(柊/柊木)。古くから魔除けの効果があると伝えられており、現在でも節分には柊鰯を飾っている家も多いはず。今回...
by.greensnap
いいね済み
8
2020.11.11

クリスマスの寄せ植え|上手な作り方のコツとおすすめ草花とは?

クリスマスといえばクリスマスツリーを飾って楽しむのが慣例ですが、クリスマスらしいお花の寄せ植えをつくって楽しむのもおすすめです。 今回は、クリスマスら...
by.greensnap

ヒイラギの新着投稿画像

ヒイラギの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
高木
学名
Osmanthus heterophyllus
別名
原産地
日本〜台湾

ヒイラギの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
やや弱い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
3月, 4月, 10月, 11月, 12月
肥料
1月, 2月, 9月
開花
11月
剪定
12月

花の種類

コムラサキ

ワレモコウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

ジュズサンゴ

半日陰で育ててください。

モクレン

日当たりの良い場所を好みます。大きく成長する為、基本的には鉢植えは行いません。

ユーフォルビア・ダイヤモンドスター

モッコク

サンゴジュ

キンギョソウ

日当たりと水はけのよいことが大切で、乾燥に強いです。

ドウダンツツジ

日なたを好みます。夏は用土の乾燥を避ける為、半日陰で育てます。

イランイラン

クルクマ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は球根を掘り上げ、5℃以上を保って室内

タネツケバナ

タンポポ

サフラン

日当たりと風通しのよい場所で育てます。水耕栽培も可能です。

藍(アイ)