クマガイソウ(熊谷草)の育て方|庭での植え付け場所や水やりの頻度は?

  • ラン科
  • アツモリソウ属

ラン科の植物で、葉も花もとてもユニークなクマガイソウ。北海道南部から九州まで、広い地域の森林や竹林で自生していますが、今では絶滅危惧II類に指定されている希少な植物でもあります。自宅で栽培してみたい人は、ホームセンターなどで手に入れることが可能です。存在感抜群で、人気の高いクマガイソウの育て方をご紹介します。

クマガイソウ(熊谷草)を育てる場所

クマガイソウが自生しているのは薄暗い森林や竹林なので、直射日光は好みません。そのため、午前中に少し日が差し、午後からは日陰となるような明るい半日陰で育てるのが適しています。

直射日光に当たると葉焼けを起こしてしまうので、日なたに置く際には、春や秋なら50%、夏なら80%くらい、ネットなどで遮光してあげましょう。

また、クマガイソウは夏の暑さも苦手です。夏はできるだけ涼しく、風が直接あたらないような場所に置いてください。寒さには比較的強いですが、冬は霜や凍結に気を付けるようにしましょう。

クマガイソウ(熊谷草)の水やり

クマガイソウは乾燥を嫌います。乾燥してしまうと発育しなくなりますので、注意してください。

クマガイソウを育てている土の表面が乾いてきたら、たっぷりと水を与えるようにしましょう。冬の間は乾燥させないように様子を見ながら、週に1回くらいの水やりで構いませんが、春から秋にかけては、もう少し頻繁に水やりしてください。

千代田の松の肥料

クマガイソウへは、4月から6月頃の春と、9月から10月頃の秋に肥料を与えてください。真夏に肥料を与えると、かえって弱ってしまいますので注意しましょう。

与える肥料は1,000倍くらいに薄めた液体肥料で、これを月に2〜3回程度与えてください。

千代田の松の土

クマガイソウを育てるときは、市販の山野草花用の培養土を用いましょう。自分で用土を配合する場合は、日向土小粒を5、赤玉土小粒を3、腐葉土2くらいの割合で配合するといいでしょう。

クマガイソウは地下茎の伸びがよく、フカフカの土を好むので、地植えにする場合も、腐葉土を4割くらい混ぜてあげてください。

クマガイソウ(熊谷草)の植え付け・植え替え

植え付け

クマガイソウは地下茎の伸びがいいので、鉢植えにする際には、最低でも7号くらいの鉢を選びましょう。大きな育苗箱や、大きめのプランター、深さのある発泡スチロールの箱の底に穴をあけたものでも構いません。

植え付け時期は、3月か11月頃が最適です。植え付けの際には、地下茎を横向きに置き、新芽が軽く隠れるくらいに土をかけてあげましょう。

鉢植えの場合は、先端の芽が鉢の真ん中に来る位置に植えてあげてください。地植えの場合は、芽が伸びる方向にスペースがあるかどうかを確認しましょう。

植え替え

クマガイソウの地下茎は長く伸びてしまうので、鉢植えの場合は詰まりすぎないように、2〜3年に1回は植え替えを行ってください。植え替えを行う際は、根を傷つけないように気を付けて掘り起こしましょう。

クマガイソウ(熊谷草)の育て方で注意すべき病気・害虫

クマガイソウがかかりやすい病害虫は特にありません。

クマガイソウ(熊谷草)の増やし方

クマガイソウの増やし方は「株分け」が一般的です。

うまく育てることができれば、毎年2〜3倍に増やすことができるので、掘り起こしたクマガイソウを分かれそうなところで軽く引っ張ってください。力任せに引きちぎるのではなく、軽い力で分かれるところで分けるようにしましょう。

クマガイソウ(熊谷草)の手入れ

クマガイソウの花が枯れてきたら、早めに取り除いてあげてください。花が枯れたあとに種ができますが、クマガイソウを種から育てるのはとても困難です。花をつけたままにしておくと、種に栄養がいってしまい、株自体が消耗してしまいます。種にこだわらないのであれば、枯れ花は付け根から切り取ってしまいましょう。

クマガイソウ(熊谷草)の花

クマガイソウの花の開花時期は、4月から5月にかけてです。この頃になると、大きな扇型の葉の上に、ランにも少し似たこれまた大きな花をつけます。

クマガイソウ(熊谷草)の花言葉

クマガイソウの花言葉は、「見かけ倒し」や「気まぐれな美人」「闘志」といったものがあります。

ただし、あまり良い意味ではないので、誰かに贈る際には注意したほうがいいかもしれませんね。

クマガイソウ(熊谷草)を庭で育ててみよう!

ユニークな形の大きな葉っぱに大きな花で、存在感抜群のクマガイソウ。以前は山登りの際などによく見かけたようですが、乱獲や、森林伐採の影響などにより、今では絶滅の危機にあるとのこと。とはいえ、ホームセンターなどで手に入れることは可能なので、育ててみてはいかがでしょうか?

※トップ画像はたかゆきさん@GreenSnap

クマガイソウの新着コラム

クマガイソウ(熊谷草)の花言葉|意味や種類、ユニークな唇弁がある花の画像

クマガイソウ(熊谷草)の花言葉|意味や種類、ユニークな唇弁がある花

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

クマガイソウの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Cypripedium formosanum
別名
原産地
台湾

クマガイソウの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
普通
耐暑性
やや弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
5月 、6月
肥料
4月 、5月、6月、9月、10月
開花
4月 、5月

クマガイソウの新着投稿画像

みんなのクマガイソウの育て方

いいね
58

クマガイソウに逢いに

兄夫婦に誘われて、福島市松川のクマガイソウを見てき...
by.ちこもか

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。