バニラの画像

バニラの育て方

  • ラン科
  • バニラ属
バニラの育て方の画像

バニラはメキシコなどの中央アメリカ原産の花です。バニラは香料として有名ですが、黄緑色の可愛らしい花を咲かせる立派な園芸植物です。バニラは多年草でもあり、長い間楽しめることも特徴です。

そんなバニラはどのようにして育てるのでしょうか。また、バニラを香料として楽しむためにはどうすれば良いのでしょうか。ここではそんなポイントを解説します。

バニラの育てる場所

バニラは日光がよく当たる場所で育てます。夏場は直射日光を避けましょう。また、バニラは寒さに弱いです。そのため、窓際などで育てるとよいでしょう。

冬場にもしも最低温度が10度以下になるようならば室内に取り込んでください。寒い地域で育てるのは少し難しいです。

バニラを日本で育てる場合、基本的に鉢植えにして室内やベランダで育てることになるでしょう。地植えは地域によっては寒さのためにかなり難しいですし、環境を整えるのも困難です。。

バニラの水やり

水苔で育てる場合、水苔は常に湿らせるようにします。葉っぱに水も定期的に与えましょう。夏場は特に乾燥しやすいので水苔が乾かないようにしてください。

冬場は水苔の表面が乾いてから水をやります。

肥料

肥料は春から夏にかけて緩効性肥料を与えます。冬場は避けてください。また、肥料の上げ過ぎも禁物です。

病害虫

低音障害

寒さに弱いのがバニラです。気温が低すぎると葉にシミなどができてしまいます。こうしたことを避けるためにも気温には注意しておきたいところ。

バニラの植え付け・植え替え

6月から8月くらいに水苔に植え付けます。水苔以外に天然ヤシの繊維を利用したベラボンも利用できます。ここでは水苔で育てる方法を紹介します。

まず、水苔を新鮮な水に浸しましょう。水はなるべく清潔なものを用いることで余計な病気やコケなども最小限にできます。その後、バニラの苗についている古い水苔を落とします。この際、根にダメージを与えないように慎重に扱います。水苔を落としたら水苔の上に根を広げながら定着させます。周りを水苔で囲っておしまいです。

バニラの増やし方

バニラは挿し木を利用して増やします。太くなった茎を切り取ってプランターなどに挿しましょう。この際、支柱で茎を支えると定着しやすくなります。水切りを起こさないように育てていきます。

また、バニラの香料のもととなるバニラビーンズを収穫したいならば人工授粉させましょう。バニラの花は一日でかれるので受粉は開花したらスグ行います。うまく受粉が成功すると花に豆のサヤのような果実がつきます。果実の収穫までには半年程度かかるので気長に待ちます。

バニラビーンズを収穫後、天日干しさせてむしろに包んでおくとニオイが次第に生じてきます。このバニラビーンズを数ヶ月熟成させることによって香料として用いることができるようになります。

バニラの手入れ

バニラはつる性の植物です。つるが伸びてきたらあんどん支柱などを用いて誘引しましょう。

また、バニラを育てる際には寒さには気をつけてください。冬場は完全に室内に移動させて育てるのがおすすめです。逆に夏場は直射日光は避けましょう。直射日光に当てると葉焼けを起こすこともあります。

寒さ対策としてしておきたいこと

最低温度が10度を下回ると危険です。冬場は早めに室内に取り込みましょう。もしも室内も寒いようであれば水苔を乾燥気味にさせるようにしてください。こうすることである程度の防寒対策になります。

バニラの花や香りの特徴

バニラと聞くと香料を想像する人もいるかもしれません。しかし、バニラの花自体には香りがありません。バニラの花は一日で萎れてしまうほど短命です。このバニラの花が結実して熟すとバニラビーンズになります。バニラとして知られるニオイはこのバニラビーンズが元です。

バニラビーンズはそのままでは香りはありません。このバニラビーンズを乾燥させて初めて独特のバニラのニオイが生まれます。

また、バニラには100種類以上もの品種があります。例えば、キャラメルのようなニオイがするバーボンバニラや濃厚な香りが特徴的なタヒチアンバニラなどです。通常、バニラアイスクリームに香料として用いられるのはこのバーボンバニラです。このように品種によって香りもかなり変わってきます。特にタヒチアンバニラは高級料理などにもよく用いられます。

バニラの歴史

バニラは古くから香料として使用されてきました。そんなバニラは中央アメリカ原産です。中央アメリカで用いられていたものが大航海時代にヨーロッパへ持ち込まれました。バニラの独特な香りはまたたく間に有名になり、宮廷料理などで使用されるようになりました。また、バニラと同時期に持ち込まれたカカオなどと混ぜて飲み物としても嗜まれました。

次第にバニラの利用方法も広まってお酒やタバコそしてアイスクリームなどの香料として用いられるようになったのです。現在ではバニラはメキシコやグアテマラ、ブラジル、マダガッスカル、インドネシア、そしてパラグアイなどの温暖な地域で栽培されています。

バニラの花言葉

バニラの花言葉の一つが「永久不滅」です。これはバニラの印象的な香りが長く記憶に残ることに由来しています。その反面、バニラの花は実に短命です。非対称的に思える花言葉が面白いところです。

また、バニラはスペイン語のvainilla(小さなサヤ)が由来です。これは果実の姿に由来しています。

まとめ

バニラを育てたいという人向けに役立つ情報を紹介しました。バニラは育てるのが難しそうに思えるかもしれませんがポイントを守ればそこまで問題ありません。また、バニラビーンズを収穫して香料にしたいという人もいるかもしれませんが、自分で人工授粉させたりバニラを収穫してバニラ香料にするのはかなり難しいことは理解しておいてください。また、バニラは寒さに弱いので寒さ対策もしっかりしておきましょう。

※トップ画像はみじんこさん@GreenSnap

バニラの基本情報

ジャンル
草花
形態
つる植物
学名
別名
原産地
メキシコ南部、西印諸島

バニラの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

バニラの新着投稿画像

みんなのバニラの育て方

2019年3月31日。茨城県植物園にて。

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード