オレガノ・ロツンデフォリウムの画像

オレガノ・ロツンデフォリウムの育て方

  • シソ科
  • ハナハッカ属

オレガノ・ロツンデフォリウムの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Origanum rotundifolium

別名

花オレガノ,オレガノ ロタンダフォーリア

原産地

ヨーロッパ

オレガノ・ロツンデフォリウムの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
オレガノ・ロツンデフォリウムの育て方の画像

ヨーロッパが原産地なので、乾燥したオレガノは料理によく使用されています。その他には、薬としても使用され、私達の生活に役立つ植物です。

オレガノ・ロツンデフォリウムの育てる場所

日当たりと風通しがいい場所を好みますので、ベランダやお庭が最適な生育環境です。高温多湿に弱いため、梅雨は室内に入れて、真夏の暑い季節は、半日陰で育てるようにしましょう。冬の季節は根が凍る状態は良くないので、室内で管理して下さい。

オレガノ・ロツンデフォリウムの水やり

湿度が高い状態は、生育環境として向いていないため、用土が乾いた状態になりましたら、水をたっぷり与えるようにして下さい。多少乾燥ぎみの方がいいため、水やりをマメにする必要はありません。

肥料

肥料を与えすぎますと、ハッカ特有の香りがしなくなるなど、あまりいい状態になりません。そのため、必要最低限の与え方で良く、春の季節に芽が出てきますので、緩効性化成肥料などを与える程度でいいでしょう。地植えの場合は植え付けの際に、施しておけば大丈夫です。

用土

自分を用土が配合できない人は、園芸店などで販売している、山野草用培養土を使用して下さい。用土を自分で配合したい場合は、水はけがよく多湿にならない方がいいので、草花用培養土に軽石を3割り程度混ぜて、育てるといいでしょう。

病害虫

春から初夏にかけて、アブラムシが発生します。葉などが密集していて、風通しが悪い状態になっていますと、アブラムシがついてしまいます。葉の汁を吸って植物を枯れさせますので、見つけましたら歯ブラシなどで駆除して下さい。

オレガノ・ロツンデフォリウムの植え付け・植え替え

2年に1回のタイミングで、植え替えをするといいでしょう。用土が年月とともに固まってきますので、水はけが悪くなってくるためです。耐寒性が少し弱いので、最適な季節としては、春の3月上旬から4月上旬か、秋の9月頃がいいでしょう。一回り大きいサイズの鉢に、植え替えて下さい。

オレガノ・ロツンデフォリウムの増やし方

さし芽の方法で簡単に増やすことができます。最適な季節としては暖かい、春の4月から5月か秋の9月頃です。茎の先を10cmぐらい切って、水はけがいい挿し芽種まきの土に、挿し植えましょう。ある程度発根している状態を確認しましたら、鉢や地面に植え替えします。

オレガノ・ロツンデフォリウムの手入れ

株元のわき芽を増やすために、春の4月頃になりましたら、5cmの高さに摘心するといいでしょう。花を繰り返し咲かせるために、行っておいた方がいい作業です。又、加湿状態にならないように、葉が重なっている箇所は、剪定して風通しをよくします。

まとめ

高温多湿の環境にしなければ、園芸ビギナーの人でも手軽に育てられ、料理などに使う楽しみもあります。

※トップ画像はのえるママさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

マツバギク

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 マツバギクの育て方へ

グラジオラス

日当たりと水はけの良い場所を好みます。 グラジオラスの育て方へ

ナギ

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 ナギの育て方へ

キンギョソウ

日当たりと水はけのよいことが大切で、乾燥に強いです。 キンギョソウの育て方へ

カシワバアジサイ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。半日陰がよいでしょう。 カシワバアジサイの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード