インパチェンスの画像

インパチェンスの育て方

  • ツリフネソウ科
  • インパチェンス属
インパチェンスの育て方の画像

インパチェンスは、別名「アフリカホウセンカ」ともいい、アフリカはタンザニア原産の丈夫な花です。

花壇でもよく見かけますし、鉢植えも人気で、ハンギングにも向いています。

インパチェンスはとても育てやすく、次々に鮮やかで美しい花をたくさん咲かせてくれます。花期は5月から11月頃までと、長く楽しむことができるため人気です。

一重咲きだけでなく八重咲きやバラ咲きの品種もあり、花の色も、赤やピンク、白、赤紫、絞りなど、その種類は実にさまざまで、500種以上あると言われています。

ここでは、そんなインパチェンスの育て方についてご紹介したいと思います。

インパチェンスの育てる場所

基本的に、インパチェンスは戸外の半日陰で育てますが、室内の明るい場所に置いてもOKです。耐陰性が強いので、裏庭や玄関先などにも置けますが、日当たりが良い方が、花付きが良くなります。

夏場は西日を避けて、強い直射日光が当たらないように注意してください。

また、インパチェンスは本来は多年草なのですが、耐寒性が弱く日本では冬になると枯れてしまうため、春まきの1年草として取り扱われています。しかし、冬になったら暖かい室内に入れて明るい場所に置き、10度以上をキープできれば、冬越しもできなくはありません。

インパチェンスの種まき

インパチェンスの種まきに適しているのは、5月から6月頃です。

インパチェンスの種は日の光を好みますので、種はうすくまいて、土はかぶせません。そして、鉢皿に水を入れて、鉢底から水を吸収します。

種まき後は日陰に置いておくと、1週間から10日くらいで根っこが出てきます。その後、本葉が数枚出たら鉢上げしましょう。

インパチェンスの水やり

インパチェンスは、乾燥も過湿も苦手としています。そのため、土の表面が乾いているのを確認できてから、たっぷりと水やりをしましょう。ただし、冬場の水やりは控えめにしてください。

なお、花に水がかかってしまうと、花が散ってしまいますので、水やりの際には注意が必要です。

肥料

肥料は、1カ月に1回または2回ほど、1000倍液肥を与えればOKです。

また、1カ月に1回程度固形肥料を与える方法でも大丈夫です。

用土

インパチェンスは乾燥にも過湿にも弱いので、水はけが良くて、なおかつ水もちもよい土を好みます。

例えば、赤玉土5:腐葉土3:パーライト2の混合土などを使うとよいでしょう。

市販の草花用培養土など、園芸用の土でも大丈夫です。

病害虫

病気

インパチェンスは、過湿になると灰色かび病が発生しやすくなります。もし灰褐色のカビを見つけたら、こまめに取り除いてください。

害虫

インパチェンスには、アブラムシやハダニが付きやすいので注意が必要です。ハダニは葉の裏に付くので、よく観察するようにしましょう。

見つけたらすぐに殺虫剤で駆除します。早めに対処するのがポイントです。

インパチェンスの植え替え

インパチェンスは耐寒性が弱く、日本では春まきの1年草として扱われていることから、基本的に植え替えはしません。

しかし、インパチェンスはとてもよく育ちますので、根詰まりを起こしがちです。もし根詰まりを起こしているようならひと回り大きい鉢に植え替えてください。

とはいえ、インパチェンスはもともとあまり植え替えを好まないため、植え替えの際には根を崩さずに、そのままそっと植え付けるようにしましょう。

植え替えを避けるために、最初に苗を植える段階で、少し大きめの鉢を選ぶことをおすすめします。

インパチェンスの増やし方

インパチェンスは、挿し木で増やすことができます。

挿し木に最適なのは5月から7月頃です。葉っぱが5枚くらい付いた状態で枝の先の方を摘み取り、下葉を1枚落としたら挿し木用の土に挿します。

たっぷりと水やりをして日陰で管理すると、1週間から2週間ほどで発根します。根っこが出たら鉢上げしましょう。

どんどん枝分かれしながら育っていきますので、摘芯の必要はありません。

インパチェンスの種類

インパチェンスは500種以上あるといわれていますので、バリエーション豊かで楽しい花です。鮮やかな花色のものが多く、一重咲きや八重咲き、バラ咲き、それにとてもユニークな花姿の品種もあります。

インパチェンス・カリフォルニアローズ・フィエスタ

インパチェンス・カリフォルニアローズ・フィエスタは、バラのように豪華に咲き誇る、バラ咲きのインパチェンスです。花の大きさ自体は小ぶりで、かわいらしく花が咲きこぼれることから、とても人気のある品種です。

インパチェンス ・ナイトスカイ

パキッとした鮮やかな紫色に、斑が入った花が目を引くこちらのインパチェンスは、ナイトスカイといいます。その名のとおり、まるで夜空にたくさんの星が瞬くようです。花壇でもきれいですが、ハンギングでもおすすめです。

インパチェンス・コンゴレンシス

こちらは、まるでオウムのくちばしのように、赤と黄色のツートンカラーの花がユニークな、インパチェンス・コンゴレンシスです。

その名のとおりアフリカのコンゴ原産のインパチェンスで、高さが45センチから90センチにもなります。

ニューギニア・インパチェンス・ソレイユ

こちらはニューギニアインパチェンスのソレイユです。通常のインパチェンスがアフリカ原産なのに対し、ニューギニアインパチェンスは、もともとニューギニアの高冷地に自生する原種から出た園芸品種です。

アフリカ原産のインパチェンスよりも、葉っぱや花が大きいのが特徴的です。野生種については草丈も大きくなるのですが、園芸品種として市場に出回っているものは、普通は20センチから30センチくらいで花が咲きます。

インパチェンスの花言葉

インパチェンスという名称には、ラテン語で「がまんできない」という意味があります。熟した果実にちょっと触っただけで、たちまち弾けて種が飛び出してしまうことから、このような名前が付けられました。

そんなインパチェンスの花言葉には、この性質に由来した「短気」「私に触れないで」という花言葉があるほか、「鮮やかな人」「豊かさ」といったものもあります。

「鮮やかな人」という花言葉は、インパチェンスの色鮮やかな花色から来ているものと考えられ、「豊かさ」という花言葉は、次々にたくさん咲かせる豊かな花々にちなんだものだと考えられます。

まとめ

ここでは、アフリカ原産でアフリカホウセンカとも呼ばれ親しまれている、インパチェンスの育て方をご紹介しました。

「鮮やかな人」「豊かさ」という花言葉のとおり、インパチェンスはパキッとしたとても色鮮やかな花をたくさん咲かせてくれます。

インパチェンスはとても丈夫で育てやすい花で、摘芯しなくてもよく枝分かれして茂ります。次から次へとたくさんの花を咲かせてくれるので、花期が長く楽しめますね。

これなら初心者にも挑戦しやすいのではないでしょうか。ぜひ、インパチェンスを育ててみませんか。

※トップ画像は8787さん@GreenSnap

インパチェンスの基本情報

ジャンル
草花
形態
一年草
学名
別名
アフリカホウセンカ,インパチエンス
原産地
熱帯アフリカ

インパチェンスの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
やや弱い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

インパチェンスの新着投稿画像

みんなのインパチェンスの育て方

インパチェンス フィエスタカルフォルニアローズ

インパチェンスの成長記🌸

インパチェンス ニアムニアメンシス

インパチェンスの新着コラム

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード