ニホンスイセンの画像

ニホンスイセンの育て方

  • ヒガンバナ科
  • スイセン属
ニホンスイセンの育て方の画像

ニホンスイセンは、春の訪れとともに可憐な花を咲かせる球根植物です。多年草で日本の気候に合っているので、よく育ち毎年楽しめます。そんなニホンスイセンの育て方についてご紹介します。

ニホンスイセンの育てる場所

ニホンスイセンは日当たりのよい場所で育てましょう。日によく当てると球根が太るので、花がよく咲くようになります。また、風通しや水はけのよい場所であることも大切です。多湿になると病気や球根の腐敗を招きます。

暑さには弱いので鉢植えで管理する場合、夏は涼しい場所に移動させてください。一方、冬場は植え付け後、戸外に置く必要があります。寒さに十分当たらないと、春に花が咲かない性質を持っているためです。

ニホンスイセンの水やり

庭植えの場合は、根が張るまでは土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをします。それ以降は、基本的に降雨にまかせれば大丈夫です。雨が何日も降らず土が乾燥しているときだけ水やりをしましょう。

鉢植えの場合は土の表面が乾燥していたら、鉢底から水が出るぐらい十分に水やりをします。なお、水やりは午前中に行うようにしましょう。寒い時期は夕方に水やりをすると、気温が下がって冷え込む夜間に、土中に含まれている水分が凍ってしまうことがあり、生育に影響を及ぼすからです。

また、必要以上の水やりに注意しましょう。土の保水量が多すぎると、球根が腐ることがあります。

肥料

肥料は植え付けの際に、元肥として緩効性化成肥料を与えます。そして発芽したら月に2回、リン酸の割合が多い液体肥料を追肥します。チッ素が多い肥料は、花つきが悪くなることがあるので注意が必要です。

花が咲き終わったら、お礼肥としてカリウムの割合が多い液体肥料を月に2回与えます。お礼肥は、花を咲かせるために消耗した株を元気にするほか、球根を太らせる役割があります。

用土

腐植質が豊富で、水はけがよく適度に保水力もある用土で育てましょう。水はけや通気性に優れた赤玉土小粒と腐葉土を7:3の割合でブレンドした配合土が適しています。また、市販の草花用培養土や球根用培養土でも大丈夫です。

病害虫

アブラムシを媒介して、モザイク病に感染することがあります。モザイク病は、ウィルスが原因で起こる病気です。葉や茎、花などにまだら模様ができ、葉の変形や株の萎縮などの症状がでます。感染した株は取り除いて処分し、他の株にウィルスが伝播しないようにしましょう。

ウィルスの媒介をするアブラムシを防除すると、モザイク病を予防できます。アブラムシは、風通しが悪いと発生しやすくなるので、過度に密植しないようにし、風通しをよくすることが肝心です。

また、まれに軟腐病になることがあります。軟腐病は、株の根元の葉柄や花柄が水が染みたようになって変色し、腐敗が広がっていく病気です。軟腐病も高温多湿のジメジメとした環境下で起きやすいので、風通しをよくしておくと防げます。

ニホンスイセンの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えは、10月〜11月に行いましょう。庭植えの場合は、球根の2倍の大きさの穴を掘って、そこに球根を植えていきます。

このとき、15〜20cm程度間隔をあけるようにしてください。過度に密植すると球根が太れなくなります。そして、植え付け後にたっぷりと水やりをします。

鉢植えの場合は、まず鉢底ネットを入れたのち鉢底石を敷きます。そして、鉢の半分くらいの高さまで土を入れて球根を置きます。球根の上に土をかぶせ、鉢底から水が出るぐらいたっぷりと水やりをしたら完了です。なお、球根数は5号鉢(直径15cm)であれば3球、7号鉢(直径21cm)では6球が適しています。

植え替えは、3年程度行わなくても大丈夫です。それ以降は、7月〜8月の休眠期に土を掘り返して分球し、それを10月〜11月に植え付けのときと同様に植えていきます。

ニホンスイセンの増やし方

夏の休眠期に土を掘り起こし、親球についている新たな球根を1つずつ分け、植え替えのときと同様のやり方で増やします。分球した球根の場合、花が咲くまでに2年近くかかることがありますが、気長に管理していきましょう。

ニホンスイセンの手入れ

花が咲き終わったら、花柄を根元から切り落とします。このとき、一緒に葉を切らないよう注意が必要です。葉は光合成をして、翌年に花を咲かせるために球根に養分を蓄えます。

よって、葉を切ってしまうと光合成ができず、球根が太らないので翌年に花が咲かなくなってしまいます。葉は夏の休眠期に自然に枯れてからカットしましょう。

ニホンスイセンの花言葉

ニホンスイセンの花言葉は、「自己愛」と「うぬぼれ」です。これらは水面を覗き込んだ自分の美しさに恋をした、ギリシャ神話に登場する美少年ナルキッソスの話に由来しています。

ナルキッソスは水面に映る自分の美しい姿から離れられなくなって衰弱死し、のちにその泉の近くに、水面を覗き込むようにしてスイセンが咲いた、という話がもとになっています。

まとめ

ニホンスイセンは自生していることも多く、古くから身近な植物として親しまれています。日本の気候に適しており、丈夫でよく育つので初心者にもおすすめです。花壇を華やかにするニホンスイセンを楽しんでみてください。

※トップ画像はぐれこさん@GreenSnap

ニホンスイセンの新着コラム

ニホンスイセンの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
別名
水仙
原産地
イベリア半島、地中海沿岸

ニホンスイセンの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
普通
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ニホンスイセンの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード