警告

warning

注意

error

成功

success

information

スイートアリッサムの育て方| 種まきの時期は?切り戻しのやり方は?

  • アブラナ科
  • ロブラリア属

公園やテーマパークなどの大きな花壇で、敷きつめられ、絨毯ように咲いているスイートアリッサムが多く見られます。比較的多く出回っており、価格もリーズナブルですので初心者にも人気の植物です。スイートアリッサムの育て方は、それほど難しくありませんのでぜひ挑戦してみましょう。

スイートアリッサムの日当たり

日照不足に弱いスイートアリッサムは、年間を通して日当たりのよい場所を好みます。真夏の直射日光を浴びても、葉焼けすることはありません。

むしろ日照不足になると、株全体が弱くなり、結果的に抵抗力が下がり、病害虫に弱くなってしまうので注意しましょう。

夏の気候でほとんどが枯れてしまうため、一年草として流通していますが、本来は多年草です。半日陰で乾燥気味に育てることができれば、夏を越せることもあります。

その場合は梅雨から夏にかけて全体を短く刈り込み、風通しをよくする必要があります。多湿や高温をうまく避けることができれば、涼しくなりだした秋頃に、再び花を咲かせてくれるでしょう。

スイートアリッサムの置き場所

スイートアリッサムは、戸外のできるだけ日当たりのよい場所を選んで管理しましょう。木の根元や軒下などの半日陰になりやすい場所で育てると夏越ししやすいです。

ただ一日中日陰になるような環境は適していません。冬はあまり寒いと株が傷んでしまいます。枯れることはなくても花が咲かなくなってしまうので、霜が当たるような場所でしたらワラなどを敷いて防寒対策をした方がよいでしょう。

スイートアリッサムの種まき

種まきする時期

スイートアリッサムの開花時期は年に2回、2〜4月に咲く春咲きと、9〜11月に咲く秋咲きがあります。

春咲きにするのなら10〜11月、秋咲きにするなら3〜4月に種まきをしましょう。

種まきのやり方

スイートアリッサムを種まきから育てるときは、種まき用の土と育苗トレーなどの容器を用意しましょう。容器に土をいれたら水でよく湿らせてから種まきをしてください。

葉っぱが1〜2枚になったところで3号ポットに移します。葉っぱの10枚前後になったら庭、もしくは鉢に植え付けしてください。ポットの数が多い場合は、20cmほど間隔をあけて植え付けます。また地面や鉢に直接種をまき、育ってきたら間引きをして管理する方法もあります。

花が咲き終わると種がつくので、それを収穫して毎年種まきから育ててみるのもいいでしょう。こぼれ種から咲くこともまれにあります。

スイートアリッサムの土づくり

スイートアリッサムは多湿に弱いので、水はけと通気性がよい土が適しています。小粒の赤玉土を6割と腐葉土4割を混ぜた土を使用するか、市販の草花用培養土を用いてもよいでしょう。

またスイートアリッサムには弱酸性から中性の土が適しています。

庭や花壇などに地植えにする場合は、植え付けの2週間ほど前から土壌に苦土石灰を混ぜておき、土が酸性に傾かないように気をつけましょう。

スイートアリッサムの植え替え

スイートアリッサムの苗を植える時期は2回あります。秋に植える場合と春に植える場合です。

秋に植え付けるのでしたら、霜が降りる1カ月程度前の10月中旬が目安です。冬になる前に根がしっかりと張ることで春からの生育がよくなります。

春に植える時は暖かくなってくる3月頃に行います。寒冷地は寒すぎるため、春に行った方がよいでしょう。

スイートアリッサムの水やり

夏の水やり

スイートアリッサムは、どちらかといえば乾燥を好みますので、常に土が湿っている必要はありません。

表面が乾いていればたっぷりと水をあげますが、地植えしている場合は数日乾いていても大丈夫です。

鉢植えの場合は土を少し掘ってみて、中も乾いているようでしたら水を与えます。

なお、土壌を湿りっぱなしにしておくと根が腐るので、梅雨時期や初夏は本当に注意して管理しましょう。

冬の水やり

地植えの場合はほとんど水やりの必要がありません。ただ耐寒性はそれほどありませんので、霜の降りるような場所ですと冬越しできない場合もあります。

鉢植えであれば土が乾いて数日たってから水をあげましょう。あまり寒い地域でしたら室内に取り込んで管理します。

スイートアリッサムの切り戻し

スイートアリッサムは夏越しのためにも、春に咲き終わった後の5〜6月に切り戻し剪定をしましょう。

脇芽の位置を確認しながら脇芽を残すように、だいたい株の3分の1の高さで、清潔なハサミなどで切り戻し剪定をしてください。

スイートアリッサムの肥料・追肥

スイートアリッサムを植え付けるときには、緩効性化成肥料を施します。花が咲いたら追肥として液体肥料を薄めたものを10日に1回ほど与えます。花をたくさん咲かせる植物ですので、栄養不足になると花の数が減ってしまいます。

葉っぱが黄色くなったら肥料不足のサインです。黄色い葉っぱを見つけたら肥料を施しましょう。休眠中の夏と冬は肥料を与えません。

スイートアリッサムの増やし方

スイートアリッサムは「種まき」で増やすことができます。

花が終わったあとに種がついたら、それをまきます。寒冷地でなければ秋に行いましょう。庭や鉢に直接まき、覆土は種が隠れる程度の薄さにします。苗が育ってきたら間引きます。

また、「挿し木」での増やし方もありますが、発根率が低いのであまり一般的ではありません。

スイートアリッサムの注意すべき病気・害虫

春にアブラムシが発生します。新芽や蕾などに寄生すると株が弱ってしまいますので、見つけたら薬剤を散布してください。また、ガムテープなどで株からはがす方法もあります。

ほかにアオムシやコナガなども発生します。見つけ次第捕殺しますが、環境がよければ発生することは少ないです。

また、多湿になると菌核病が発生します。これはカビが原因でひどくなると枯れてしまいます。切り戻しなどで風通しをよくしてあげましょう。

スイートアリッサムの管理温度

スイートアリッサムは高温多湿に弱いので、夏には枯れてしまうことが多いです。生育には10℃から20℃が適しており、発芽適温は20℃から25℃です。

スイートアリッサムの花言葉

スイートアリッサムの花言葉には、「優美」、「美しさに優る価値」、「飛躍」といった意味があります。

スイートアリッサムの育て方を覚えて花を咲かせよう!

春になると、あちらこちらの花壇でスイートアリッサムの姿が見られます。ほかのどんな花とも相性がよいので、寄せ植えとしても人気の高い植物です。

本来は多年草にもかかわらず高温多湿に弱いため、日本では一年草として扱われてしまっていますが、切り戻して夏に遮光すれば夏越しも可能です。

ただ、タネから育て直したほうが、美しく仕上がります。こぼれダネでもふえてくれるので、タネまきや栽培は難しくはありません。

特別な施設がない家庭でも十分に育てられます。ベランダや庭でその姿を見ることができると、ちょっとした癒やしにもなるのではないでしょうか。

スイートアリッサムの新着コラム

一年草とは|春まきと秋まきの種類は?枯れたらどうする?の画像

一年草とは|春まきと秋まきの種類は?枯れたらどうする?

おしゃれなロックガーデンの作り方|石の積み方、おすすめの植物は?の画像

おしゃれなロックガーデンの作り方|石の積み方、おすすめの植物は?

春の寄せ植え|おすすめの草花10選&おしゃれな組み合わせとは?の画像

春の寄せ植え|おすすめの草花10選&おしゃれな組み合わせとは?

スイートアリッサムの花言葉|花の特徴や種類、人気の品種は?の画像

スイートアリッサムの花言葉|花の特徴や種類、人気の品種は?

北極点という名前の、冬を代表する白い花、ノースポールの画像

北極点という名前の、冬を代表する白い花、ノースポール

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

スイートアリッサムの基本情報

ジャンル
草花
形態
一年草
学名
Lobularia maritima
別名
ニワナズナ
原産地
地中海沿岸

スイートアリッサムの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
普通
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月 、10月
肥料
3月 、4月、5月、10月
開花
3月 、4月、5月、10月、11月

スイートアリッサムの新着投稿画像

みんなのスイートアリッサムの育て方

いいね
52

スイートアリッサムを種から育ててみた

大好きなアリッサムを種から育ててみます☺️
by.田舎の大将ちゃん
いいね
119

スイートアリッサム もふもふチャレンジ!

アリッサムの切り戻し〜の記録です
by.Hikari
いいね
144

🎊スイートアリッサム スーパーアリッサム スノープリンセス パープルプリンセス フロスティーナイト

ガーデニング 当選ありがとうございます♡ 子供たち...
by.maii0316

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。