セルリアの育て方|植え替え時期は?剪定は必要?

  • ヤマモガシ科
  • セルリア属

南アフリカ原産のセルリアは40種類以上あるといわれていますが、なかでも有名なのは「セルリア・フロリダ」です。別名「ブラッシング・ブライド」とも呼ばれ、とても個性的で美しい花です。

一見、尖った花びらのように見えるのは実は総芭片で、その中央部分が本来の花の部分にあたります。

ここでは、そんなセルリアの育て方についてご紹介したいと思います。

セルリアを育てる場所

セルリアは日当たりが良くて風通しの良い屋外で育てましょう。ただし、冬場に0度を下回るようなら室内に入れて、日の当たる窓辺などで管理してください。

セルリアの水やり

セルリアは過湿が苦手なので、土が乾いてからたっぷりと水やりをします。乾燥気味に育てるのが基本ですが、夏は土が乾燥しやすいので、水切れしないよう水やりに気を配る必要があります。

また、花に水がかからないよう、株元から水やりをしてください。

セルリアの肥料

セルリアはあまり肥料を必要としないので、与えすぎには注意してください。特にリン酸が苦手なので、肥料を与えるのであればリン酸の少ないものにしましょう。

3月から9月頃に2週間に1回程度、液肥を与えれば十分です。

セルリアの土

セルリアは過湿が苦手なので、水はけのよい土で育てましょう。酸性の土を好むので、例えば、鹿沼土5:川砂2:ピートモス2:赤玉土1などで土を混ぜて酸性の土壌をつくります。

セルリアの植え付け・植え替え

セルリアの植え替えは、2年に1回程度行います。花の咲いていない秋頃に行うのが適しています。

セルリアの増やし方

セルリアは「種まき」または「挿し木」で増やすことができます。セルリアの生育は早く、種をまいてその年に香りのよい花を咲かせることも可能です。

セルリアの手入れ・剪定

葉っぱが茂りすぎるようなら、枝を間引いて風通しをよくしてあげましょう。セルリアの花が終わったら、半分に切り戻します。

セルリアの育て方で注意すべき病気・害虫

セルリアはあまり病害虫の心配がないので助かります。

セルリアの花を育ててみよう!

ここでは、南アフリカ原産の個性的な花、セルリアの育て方についてご紹介しました。

日本に入ってきてまだそれほど長くはないので、試行錯誤しながら育てる花でもあります。水やりや肥料の加減など、難易度は高めなので、初心者には少し難しいかもしれませんが、とても美しく、育ててみたい花ですね。

※トップ画像はみらのさん@GreenSnap

セルリアの新着コラム

ワイルドフラワーとは|代表的な花の種類は?種からも育てられる?の画像

ワイルドフラワーとは|代表的な花の種類は?種からも育てられる?

セルリアの花言葉|種類や意味、ウェディングブーケとして人気の理由は?の画像

セルリアの花言葉|種類や意味、ウェディングブーケとして人気の理由は?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

セルリアの基本情報

ジャンル
草花
形態
低木
学名
Serruria
別名
原産地
南アフリカ

セルリアの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
弱い
耐暑性
弱い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
5月 、6月、7月
開花
1月 、2月、3月、4月、12月

セルリアの新着投稿画像

みんなのセルリアの育て方

いいね
12

おまけにするはずだったドライ~セルリアかわいすぎ~

花いっぱいプロジェクトのまとめにおまけで入れようと...
by.さいたまつぼみ
いいね
125

第一章 セルリア・プリティピンク二年目の開花と初ドライフラワー作り🌸 挿し木も始めました🌱

初めてのセルリア上級者向なのでどうなるか育成記録し...
by.mecoppi
いいね
20

セルリア挑戦

欲しいけど高くて失敗しそうでなかなか手が出なかった...
by.あや

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。