シャリンバイの画像

シャリンバイの育て方

  • バラ科
  • シャリンバイ属
シャリンバイの育て方の画像

排気ガスや暑さ、潮風にも強いことから、公園や道路の緑地帯にもよく植えられているシャリンバイ。ご家庭の生垣としても人気があります。梅の花に似た花を咲かせるシャリンバイですが、バラ科に属する常緑低木です。秋には、紫色の実を付けます。比較的丈夫な庭木なので、初心者でも挑戦しやすいでしょう。今回はシャリンバイの育て方をご紹介します。

シャリンバイの育てる場所

日当たりのよい場所が適しています。暑さにも強いので、とにかく日当たり優先で場所を選びましょう。また、排気ガスにも強いので、道路と家の敷地の堺の生垣として植えるのもおすすめです。

シャリンバイの水やり

地植え

地植えにする場合、小さいうちは、土の表面が乾いたら水やりをしますが、しっかり根付いたら、特に水やりの必要はありません。自然の降雨で十分でしょう。降雨がない日が続き、乾燥しきっている時のみ水やりをします。

鉢植え

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水やりしましょう。

肥料

寒肥として2月~3月頃に、化成肥料を株元に施します。

用土

水はけがよく、肥沃な用土が適しています。赤玉土に腐葉土、堆肥を多めに混ぜた用土を用いましょう。水はけをよくするのに、砂を少し混ぜるのも1つの手です。土作りが面倒なら、市販されている園芸用の培養土を使うとよいでしょう。

病害虫

病気

すす病:カイガラムシの排泄物の上に繁殖します。すす病にかかると葉が黒くなり、光合成が行えなくなってしまい、生育不良に陥ってしまうため注意が必要です。薬剤を散布すると共に、カイガラムシを駆除しなくてはなりません。

こうやく病:日当たり、風通しが悪いと発生しやすく、カイガラムシの分泌物を栄養源に繁殖する病気です。枝や幹に、毛足の短いカビが生えます。薬剤を散布して対処するのはもちろん、剪定して、日当たり、風通しをよくすることも重要です。また、栄養源になるカイガラムシの分泌物を防ぐため、カイガラムシの駆除も行いましょう。

害虫

カイガラムシ:葉や枝、幹に寄生して汁液を吸います。汁液を吸われた植物が生育不良に陥ってしまう直接被害のほか、排泄物や分泌物により、すす病やこうやく病を誘発する間接被害もあるため注意が必要です。葉を傷めないよう、気を付けて歯ブラシで擦り落とすか、殺虫剤を散布して駆除します。

シャリンバイの植え付け・植え替え

植え付け、植え替え共に3月~4月頃が適しています。

植え付け

地植えにする場合は、根鉢の2~3倍の穴を掘り、元肥として緩効性の化成肥料を施します。掘りかえした土に腐葉土、堆肥を多めに混ぜて戻しましょう。水はけをよくするには、砂を少し混ぜます。

鉢植えの場合は、元肥として緩効性の化成肥料を施し、赤玉土に腐葉土、堆肥を混ぜた用土か、市販されている園芸用の培養土を用いて植え付けます。

植え替え

鉢植えの場合、根が鉢にまわってしまったら、ワンサイズ大きい鉢に植え替えましょう。植え替えする際に、根を気傷つけないように気を付けてください。

シャリンバイの増やし方

種まき

完熟した実から種を採取します。種の採取は11月~12月になってしまうので、種まきするのは、翌年の3月~4月頃にしましょう。採取した種は、乾燥しないよう、ビニール袋に湿った砂と共に入れて保管します。

挿し木

春、特に6月頃に、若い枝を10㎝位の長さに切り、発根促進剤に浸けた後、挿し木します。

シャリンバイの手入れ

剪定

樹形を整えるのと共に、日当たり、風通しをよくするために剪定しましょう。花後の7月頃が適しています。シャリンバイは、その年に伸びた新枝に花芽ができ、翌年の春に開花しますので、刈り込み過ぎると、花芽がつくはずの枝先を切ってしまう恐れがあるのでご注意ください。

まとめ

シャリンバイの育て方をご紹介しました。シャリンバイは、春には梅に似た花を咲かせ、秋には紫色の実を付けます。排気ガスや暑さにも強く、生垣にもおすすめです。

また、丈夫なので、初心者にも育てやすいでしょう。

あなたもシャリンバイを育ててみませんか?

※トップ画像はピンクのサンダルさん@GreenSnap

シャリンバイの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
別名
タチシャリンバイ
原産地
日本

シャリンバイの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
普通
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

シャリンバイの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード