ドイツトウヒの画像

ドイツトウヒの育て方

  • マツ科
  • トウヒ属

ドイツトウヒの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

高木

学名

Picea abies

別名

オウシュウトウヒ,ヨーロッパトウヒ

原産地

ヨーロッパ

ドイツトウヒの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

あり

時期

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ドイツトウヒの育て方の画像

ドイツトウヒはモミの木に大変似ている植物です。ドイツトウヒは大きくなると軽く人間の背丈を超えるくらいに大きくなるので庭で育てるようにしましょう。そもそもドイツトウヒと呼ばれるのはドイツによく自生していることに由来しています。ドイツトウヒは日本との関わりも深く、日本には明治時代にはすでに渡来しています。

ドイツトウヒの育てる場所

ドイツトウヒは暑さにも寒さにも強いです。そのため、北海道でも栽培できるほどです。ドイツトウヒは日陰でも育てることもでき、植える場所はあまり選びません。とはいえ、やはり日当たりの良いところのほうが育ちは良いです。

ドイツトウヒの水やり

水やりは表土が乾いたらたっぷりと与えるようにします。庭植えの場合には特に水やりもいりません。

肥料

春に緩効性肥料を与えます。肥料なしでも育ちやすいです。

用土

赤玉土や腐葉土を混ぜて用土とします。

病害虫

特にありません、

ドイツトウヒの植え付け・植え替え

ドイツトウヒは植える場所に気をつけてください。かなり大きくなるので十分なスペースを確保しておきましょう。最低でも他の木や植物から2メートル程度は離して植えてください。また、植替えは基本的にしないようにしておいてください。特に大きくなってから移植をするのは危険です。植えたらその場所で育てるようにしましょう。

鉢で育てる

ドイツトウヒを鉢で育てることも可能です。鉢で育てることで成長を抑制できます。クリスマスツリーにしたい場合には鉢植えで決まりでしょう。しかし、ドイツトウヒを大きしたいならば鉢では限界があるので庭植えにしておいてください。

ドイツトウヒの増やし方

ドイツトウヒは松ぼっくりなどで増やします。

ドイツトウヒの手入れ

ドイツトウヒは冬になるとクリスマスツリーとして用いられることがあります。クリスマスツリーとして用いるために育てるならばしっかりと剪定などをしてシルエットを整えておきましょう。また、ショッピングセンターなどでクリスマスツリー向けのドイツトウヒが5000縁程度で売られていることも。

クリスマスツリーとして用いるために鉢を室何移動させる場合には乾燥させないように気をつけてください。

まとめ

ドイツトウヒは大きくなると実にたくましくなります。モノによっては樹高も50m近くなるくらいです。年に1m程度成長することもあるくらい成長スピードも早いです。このため、鉢で育てていると育つスピードが早すぎて管理しにくくなることもあるので気をつけてください。

※トップ画像は森 森さん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ビデンス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ビデンスの育て方へ

ギンヨウアカシア

よく間違えられやすい品種にフサアカシアという別種があります。フランスではミモザといえばフサアカシアの... ギンヨウアカシアの育て方へ

エリゲロン

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 エリゲロンの育て方へ

ムラサキシキブ

日当たりのよい場所がよいですが、強い西日が当たる場所は避けてください。乾燥が苦手なので腐植質が多く湿... ムラサキシキブの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード