マサキの画像

マサキの育て方

  • ニシキギ科
  • ニシキギ属
マサキの育て方の画像

北海道南部から九州まで、日本各地に分布するマサキは、海岸近くに自生していることが多く、生け垣にもよく利用されています。

樹高は2メートルから6メートルほどになり、根元近くから枝分かれするのが特徴的です。長さ5センチほどの葉っぱは、厚くて光沢があり、縁がギザギザしています。

6月から7月頃には直径5ミリほどの小さな花がたくさん咲き、とてもかわいらしく、11月から1月頃には薄紅色に実が熟して裂け、種が現れます。

ここでは、そんなマサキの育て方についてご紹介したいと思います。

マサキの育てる場所

日なたの方が良く育ちますが、半日陰でも育てることができます。

塩害などにも強くとても丈夫です。

マサキの水やり

基本的には庭植えにするものですので、雨の恵みに任せればOKですが、植え付けから1年程度は、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしてあげてください。また、1年以上経っていても、真夏など乾燥しやすいときには様子を見て水やりをしましょう。

肥料

マサキは、それほど肥料を必要としません。2月頃に有機質肥料を株元に施しておけばOKです。

葉っぱに元気がないなど、生育がよくないときや、強い剪定をした場合などには緩効性肥料を与えるとよいでしょう。

用土

マサキは、水はけが良く、腐葉土などが入った肥沃な土壌を好みます。

病害虫

では、マサキがかかりやすい病気や付きやすい害虫をご紹介しておきましょう。

かかりやすい病気

マサキがかかりやすい病気は、うどんこ病です。

風通しや日当たりが悪いとかかりやすいため、混み合った枝は適宜間引いておきます。

また、栄養不足になっている場合もうどんこ病にかかりやすいので、栄養不足だと思われる場合には肥料を与えるなどして予防します。

付きやすい害虫

ユウマダラエダシャクというシャクトリムシの仲間や、ツノロウムシというカイガラムシの仲間などの害虫が付きやすいため、あらかじめ薬剤を散布して予防しましょう。

特にユウマダラエダシャクによる食害には注意が必要で、葉っぱを食べつくされないようにしましょう。

マサキの植え付け・植え替え

春なら3月上旬から4月中旬、秋なら9月中旬から10月中旬が植え付けに適しています。

植え付けの際には、有機質肥料か緩効性化成肥料を元肥として施しておきます。

マサキには、細かい根っこがしっかり張りますので、根っこの間までしっかり土を入れて、丁寧に植え付けましょう。

マサキの増やし方

マサキは、挿し木で増やすことができます。

6月頃に、新しい梢から15センチ前後の挿し穂をとったら、水に挿して吸水させてから湿った土に挿します。

直射日光が当たらない明るい反日陰で管理し、土が乾いてしまわないように水やりをしてください。

マサキの剪定

マサキは、6月頃と10月頃の年2回ほど刈り込みをします。

剪定にも強い方なので、やや強めの剪定が可能です。

マサキの手入れ

マサキの主なお手入れは剪定ですが、その際に枯れ枝なども整理しておきましょう。

まとめ

ここでは、マサキの育て方をご紹介しました。

日本や中国原産のマサキは、日本全国で見ることができます。それほど日当たりが良くなくても育ち、耐寒性もあります。

なおかつ海の近くで自生しているくらいですから、塩害にも強いという、とても丈夫な植物です。

丈夫なので、初心者にも育てやすくておすすめですよ。

※トップ画像はリュウさん@GreenSnap

マサキの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
高木
学名
別名
原産地
日本,中国,朝鮮

マサキの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

マサキの新着投稿画像

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメン の育て方へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチア の育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオ の育て方へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズ の育て方へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーション の育て方へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード