ムサシアブミの育て方|栽培場所や水やりの方法は?

  • サトイモ科
  • テンナンショウ属

ムサシアブミは、本州から沖縄にかけて分布しているサトイモ科の山野草です。草丈20センチから50センチになる多年草です。

ここでは、そんなムサシアブミの育て方についてご紹介します。

ムサシアブミを育てる場所

ムサシアブミは日陰から半日陰を好むので、日差しの強い場所は避けて育てましょう。

ムサシアブミの水やり

春から夏にかけてはムサシアブミの生育期間中ですので、1日1回を目安に、土が乾いたらたっぷりと水やりをします。

落葉後の休眠期間中は水やりをしすぎると球根が腐る原因になるので、控えめにします。ただし、土が乾きすぎると球根が傷んでしまいますので、適度に水やりをしてください。

ムサシアブミの肥料

ムサシアブミを含むサトイモ科の植物は、肥料が大好きです。

植え付けの際に緩効性化成肥料を元肥として施しておきます。その後は、春に油かすなどの有機肥料を与え、地上部が枯れる秋にも再度与えるとよいでしょう。

ムサシアブミの土

ムサシアブミは水はけのよい土を好みます。例えば、赤玉土(小粒)4:軽石(小粒)4:腐葉土2の混合土などがおすすめです。市販の山野草の土を使ってもOKです。

ムサシアブミの植え付け・植え替え

植え付け

ムサシアブミの掘り上げた球根を植え付ける場合は、10月から11月頃に行うのが適期です。購入した球根については、2月から3月頃に植え付けましょう。

5号鉢に8割ほど培養土を入れ、球根の芽の出る方を上にして、深さ5センチくらいのところに1球植え付けます。そして、緩効性化成肥料を施しておきましょう。

植え替え

ムサシアブミの植え替えは、2年から3年に1回行えばOKです。

ムサシアブミの増やし方

ムサシアブミは、実生で増やすのが一般的です。

赤く熟した実から種を取り出して、採り播きします。2年後に親植物と同じ用土に植え替えて、しっかり肥料を施して育てると、4年目には花を咲かせてくれるでしょう。

ムサシアブミの手入れ

ムサシアブミにはそれほど大変なお手入れは必要ありません。

ムサシアブミの花は雨に当たると台無しになってしまいますので、花が咲くころには雨の当たらない場所に移しましょう。また、花が枯れ始めたら早めに切り取ってください。

ムサシアブミの育て方で注意すべき病気・害虫

ムサシアブミを育てていると、ネジラミなどによる根っこや球根の食害や、イモムシやナメクジなどによる葉っぱの食害がありますので、あらかじめ薬剤を散布しておいたり、見つけ次第駆除するなど対策を講じましょう。

ムサシアブミの花

ムサシアブミは5月から6月頃に、仏炎苞と呼ばれる花を咲かせます。

ムサシアブミの花を育ててみよう!

ここでは、ムサシアブミの育て方についてご紹介しました。

とても見た目にユニークな花を付け、これがなんとも愛らしいです。ただし、毒を持っているので、後院には注意して、育ててくださいね。

※トップ画像はMr. マーさん@GreenSnap

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ムサシアブミの基本情報

ジャンル
草花
形態
多年草
学名
Arisaema ringens
別名
原産地
四国,九州,沖縄

ムサシアブミの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
やや弱い
耐暑性
やや弱い
耐陰性
あり

時期

種まき
11月 、12月
植え付け・植え替え
1月 、2月、3月、11月、12月
肥料
4月 、5月、6月
開花
4月 、5月

ムサシアブミの新着投稿画像

みんなのムサシアブミの育て方

いいね
57

ムサシアブミの成長記録

ムサシアブミの芽が出て葉が展開するまでの記録 おそ...
by.まつぴよ
いいね
19

カンアオイ、ムサシアブミ、カヤラン

カンアオイ、ムサシアブミ、オオハンゲ、カヤラン、そ...
by.ほにゃっ!20代(珍奇&珍花専門

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。