ウコギの画像

ウコギの育て方

  • ウコギ科
  • ウコギ属

ウコギの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Acanthopanaxsieboldianus Makino

別名

原産地

日本

ウコギの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ウコギの育て方の画像

ウコギは、ウコギ科に属する落葉低木です。あまり聞き慣れない植物かもしれませんが、古くから根の皮は漢方薬として、若葉は山菜として利用されています。そんなウコギの栽培に適した場所や手入れの仕方など、育て方についてまとめてご紹介します。

ウコギの育てる場所

日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます。また、水はけがよい場所であることもポイントです。庭木として植えることはもちろんですが、ウコギの幹や枝にはとげがあることから、防犯対策として生垣にすることもできます。

なお、寒さに強いので、地域を問わず育てられます。

ウコギの水やり

土の表面が乾燥していたら、たっぷりと水やりをします。夏は暑さにより土が乾きやすいので、水切れしないよう注意しましょう。

冬は成長が緩やかになるため、水やりは控えめにします。土の表面が乾いてから3〜4日後に水やりをするようにしましょう。

肥料

肥料は2月頃に、緩効性化成肥料を株元にパラパラとまき散らします。緩効性肥料は、成分がゆっくりと土に浸透していき、2ヶ月程度効果が持続する肥料です。そのため、冬に施肥しておくと新芽の促進などが期待できます。

ウコギは多くの肥料を与えなくても、春から夏にかけてよく育ちますが、葉色が悪いときは7月頃に追肥をするとよいでしょう。

用土

水はけのよい土を用いるようにしましょう。庭植えの場合は、植える場所の土に腐葉土を混ぜ込んで使います。

鉢植えの場合は、赤玉土と腐葉土を7:3の割合で配合した土が適しています。配合するのが手間な場合は、市販の草花用培養土を使うとよいでしょう。

病害虫

気をつけたい病害虫は、アブラムシやうどんこ病などです。アブラムシは春から秋にかけてつきやすく、新芽や新梢、幹などを吸汁して生育を阻害します。加えて、カビが原因のすす病や、ウイルス性の病気を誘発することもあります。

アブラムシは蒸れた状態のときに発生しやすいため、風通しをよくして防ぎましょう。寄生していたら薬剤を散布して駆除してください。群棲していることが多いので、早めの対処が肝心です。

うどんこ病は、葉に白いカビが発生する病気です。葉についたカビは、徐々に葉の表面に広がって光合成を阻害するため生育が悪くなります。

発病初期であれば、殺菌剤を散布すれば繁殖を抑えられますが、発病から時間が経っている場合は、葉を取り除いて処分してください。

ウコギの植え付け・植え替え

植え付け・植え替えは、12月〜2月頃に行いましょう。庭植えの場合は30cmぐらい株間をあけ、根鉢の1回り大きい穴を掘って、そこに苗木を置いて植えていきます。活着しやすくするために、植え付け後はたっぷりと水やりをしてください。

鉢植えの場合は水はけをよくするために、鉢底ネットを入れた鉢に鉢底石を敷きます。そして、その上に土を入れて植えていきます。鉢植えの場合も、植え付け後にたっぷりと水やりをすれば完了です。

ウコギの増やし方

ウコギは、挿し木をして増やすことができます。挿し木は、以下の手順で行います。

  1. 枝を15cmくらいカットし、上部の葉を2枚残してその他の葉を全て取り除く
  2. カットした枝の切り口を、水に1時間程度浸けて水揚げする
  3. 赤玉土や鹿沼土などに挿し、水やりをしながら日陰で管理する
  4. 発根して新葉が5枚程度つくまで成長したら、鉢や庭に植え替える

挿し木をして発根するまでは、約1ヶ月かかります。

ウコギの手入れ

1月〜2月頃に込み入っている枝を切り落として、日当たりや風通しをよくするようにしましょう。剪定をしておくと、病害虫の発生を防ぐことができます。

ウコギの食べ方

4月〜6月頃に伸びてきた若葉を摘み取って、料理に使うことができます。おひたしや和え物、天ぷら、炒め物、塩茹でをした後に細かく刻んでご飯に混ぜるなど、さまざまなバリエーションで楽しめます。

まとめ

ウコギは若葉を収穫して、さまざまな料理に活用できるのが大きな魅力です。初心者でも比較的簡単に育てられるので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

※トップ画像はおててさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

ポーチュラカ

シャモジ形で多肉質の葉と茎をもち、暑さや乾燥に非常に強い植物ですが日当たりの悪い場所では花が咲きませ... ポーチュラカの育て方へ

ブルーサルビア

日当たりを好み、水はけがよく、しかも乾燥しないところが適地です。 ブルーサルビアの育て方へ

セロシア

ピンクや赤紫色の花を咲きます。花序は水分が少なくかさかさしており、枝ごと切り取って逆さに吊るしておく... セロシアの育て方へ

ダイアモンドフロスト

日当たりがよく風通しの良い場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ダイアモンドフロストの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード