イワウチワの画像

イワウチワの育て方

  • イワウメ科
  • イワウチワ属

イワウチワの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Shortia uniflora

別名

岩団扇

原産地

北アメリカ,日本

イワウチワの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
イワウチワの育て方の画像

「イワウチワ」は日本の固有種のひとつ、山林でよく見かける多年草です。地域によりますが春から初夏にかけて白やピンクの可憐な花を咲かせる人気の山野草でもあります。

「イワウチワ 岩団扇」の名前は、葉の形状がウチワににいていることに由来しています。

この記事では可憐な山野草、イワウチワの育て方全般についてご紹介します。

イワウチワを育てる場所

■戸外・室内

本州の中国・関西以北の山林ではよく見かけますが、それ以上南の地域ではほとんど分布していないことが示すように、冷涼な環境が必要な植物です。特暖地では、戸外・室内共に湿度管理と湿度保持に注意が必要です。

■日光

直射日光を避ける日陰、かつ温度があまり上昇しない風通しの良い場所で育てます。

土の表面を苔でおおってあげるようにするとよいでしょう。

イワウチワの水やり

生育期の春から夏にかけては、土の表面が乾いたら水やりを実行しましょう。

花後、冬場は鉢植えは週に一度、地植えの場合はよほど乾燥しない限りは不要です。

イワウチワの肥料

植え付け時に緩効性肥料を加えた後はそれほど肥料は必要ありません。

イワウチワの生育期にあたる春から夏場にかけて、薄めた液肥を月1回をめどに与えるだけで十分です。

イワウチワの用土

イワウチワを育てる用土は、本来のうち一羽が育つ林の中の土をイメージした、腐葉土を多めにした赤玉土との配合用土がベストです。

市販されている山野草用の用土を利用するのもよいでしょう。

イワウチワの病害虫

■病気

イワウチワ特有の病気や、注意すべき病気は特にありません。風通しがよくないと葉に軟腐病が発生することがあるので注意します。

■害虫

特に注意すべき害虫はありません。

イワウチワの植え付け・植え替え

■イワウチワの植え付け

赤玉土やに腐葉土を多めに混ぜ込んだものや、市販の山野草の土を利用して植え付けます。

鉢植えは土の表面を苔でおおってあげるようにするとよいでしょう。

■イワウチワの植え替え

花後の夏前、また新芽の動く前の冬場が植え替えに最適な時期です。日中は半日陰になる場所を選びましょう。

少量緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。

イワウチワの増やし方

他の多年草同様に株分けを行うことができます。

また花後には落下した種子から「実生」が確認できることがよくあり、他の場所や鉢に植え替えます。種子を採取することができたら種まきも可能です。

イワウチワの手入れ

イワウチワは高温と乾燥、そして直射日光を避ける、この3つのポイントを守ることが重要です。

後はあまり手をかけすぎずに自然な姿を楽しむのが長生きの秘訣です。

まとめ

イワウチワはその可憐な花で、春のハイキングや登山中の人々の目を楽しませています。

そしてイワウチワは、もともと日の差さない林の中の木の根元などによく根付く植物です。

自然の中で育っている環境を再現するように気を付けて育ててあげたいものです。

※トップ画像はノンビリーナさん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

クルクマ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は球根を掘り上げ、5℃以上を保って室内... クルクマの育て方へ

テンナンショウ

直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところ... テンナンショウの育て方へ

皇帝ダリア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たり... 皇帝ダリアの育て方へ

イベリス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。 イベリスの育て方へ

ユキヤナギ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ユキヤナギの育て方へ

ハナカイドウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ハナカイドウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード