セキチクの画像

セキチクの育て方

  • ナデシコ科
  • ナデシコ属

セキチクの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Dianthus chinensis

別名

原産地

中国

セキチクの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや弱い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
セキチクの育て方の画像

セキチク「唐撫子(からなでしこ)」とも呼ばれる、ナデシコ科ナデシコ属に属する秋まきの多年草です。漢字では「石竹」といい、葉の形が竹の葉に似ていることからこの名前がつけられたといわれています。

中国が原産ですが、ヨーロッパで改良された、明るい色にギザギザの切れ込みがある花弁の花が鮮やかに咲く品種です。

美しい花が楽しめるセキチクの育て方についてご紹介していきます。

セキチクの育てる場所

日当たりを好むため、地植えする場合には日当たりがよく水はけのいい場所に植えて育てます。

耐寒性がある花なので、関東以西では地植えで霜除けをせずに育てることが可能ですが、霜の心配がある地域では冬に霜除けをした方が安心です。暖地では夏の暑さに耐えられず枯れる場合があるので、暑い時期には風通しの良い日陰などに移動して育てましょう。

よく生長する植物なので、鉢で育てる場合には株よりも二回り大きな鉢で育てます。

セキチクの水やり

基本的に乾燥気味な状態を好みます。花壇などで地植えしている場合には、特に水やりの必要はないので、しばらく雨が降らなかったときや、生育期に水やりをしましょう。

鉢植えで育てている場合には、土の表面が乾いたときにたっぷりの水を与えます。

肥料

セキチクの肥料は、5月からの開花に備えて3~5月と、植え付け時期の11~12月に与えます。肥料が少なくても枯れることはないのですが、花のつきが悪くなります。肥料が必要な時期には、薄い液肥を週に1回ほど与えましょう。

用土

用土は、市販の花用培養土を使うことができます。または、赤玉土小粒6:腐葉土4の割合で配合した用土に元肥として緩効性の肥料を混ぜ込むといいでしょう。

地植えをするときには、土に水はけをよくするため培養土を混ぜ込みます。さらに苦土石灰と牛糞などの元肥を混ぜ込み、適した土壌を作ります。

病害虫

セキチクに多い病気は、葉に濃い色の斑点が現れる斑点病や、根腐病です。

また、気温が高い時期には葉や茎にアブラムシ、ハダニがつきやすくなります。葉を食べるクロウリハムシにも気をつけましょう。

セキチクの植え付け・植え替え

3~5月の春か、9~10月の秋に植え付けができますが、セキチクは低温におくと花芽をつけるので、一般的には秋に種まきをして開花前に冬を越すようにします。

培養土に種をまき、種が隠れる程度の土をかけて、土の表面が乾かないように水を与えます。子葉や本葉が出てきた頃には、約5cmの間を開けて苗をポットなどに移します。

苗の植え付けの時期は秋植えでは10~11月頃です。ポットで育てて本葉が4、5枚になった頃には、根元の土を落とさずに土がついたまま約25cmほどの間隔をあけて、花壇や鉢などへ植え付けします。

根の成長が早いため、鉢では根詰まりに注意が必要です。毎年植え付けの時期には根をほぐして、新しい用土に植え替えるといいでしょう。

セキチクの増やし方

セキチクは種や株分け、さし木で増やすことができます。種で増やすときには、花の咲いた後にできる種を採り、9~10月に種をまき、苗を育てます。

株分けでは、秋の植え付け時期に親株を掘り上げ、絡まりをほどいてから根を切り分けて株分けします。

春か秋の植え付け時期に、新しい芽を5~10cmの長さで切り取ります。数十分間水揚げをしてから、培養土に挿して根付くまで半日陰で育てます。

セキチクの手入れ

花が咲き終わった後に種ができるので、種を取らない場合には咲き終わった花を取り除くと次の花が咲きやすくなります。

セキチクの種類

セキチクには、大きく分けて背丈が10cmほどの三寸セキチクと、背丈が20~30cmほどの五寸セキチクの2種類があります。

三寸セキチクは背丈と花が小さく、低温にあたると花芽がつくという特徴があります。

五寸セキチクは、三寸セキチクよりも背が高く花も大きい種類です。こちらが一般的に流通しているセキチクの種類で、低温にあたらなくても花芽がつく種類もあります。

まとめ

花弁の縁にある切り込みや鮮やかでカラーバリエーション豊富なセキチクは鉢や花壇を華やかにしてくれる花です。

耐寒性があり乾燥にも強いので育てやすく、夏の暑さに気をつけて育てれば、5月には美しい花を咲かせます。

たくさんの色を楽しめる花なので、数種類のカラーを織り交ぜながら育てるのも素敵です。

※トップ画像は友さん@GreenSnap

花の新着投稿画像

花の新着コラム

花の種類

シンフォリカルポス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。ただし、乾燥には弱いので注... シンフォリカルポスの育て方へ

ヨルガオ

アサガオと同じヒルガオ科に属す植物です。実は多年草ですが、寒さに弱いため、一年草として扱われることが... ヨルガオの育て方へ

トリカブト

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 トリカブトの育て方へ

ムシトリスミレ

広げた葉の表面から消化酵素を含む粘液を出して獲物を捕らえる食虫植物です。 ムシトリスミレの育て方へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード