ルコウソウの画像

ルコウソウの育て方|種まきや水やりの方法は?毒性があるの?

  • ヒルガオ科
  • ルコウソウ属
ルコウソウの育て方|種まきや水やりの方法は?毒性があるの?の画像

ルコウソウは、ヒルガオ科サツマイモ属に属するツル性の多年草です。しかし、熱帯アメリカ原産のため寒さに弱く、日本の気候では、冬になると枯れてしまいます。このため園芸においては、一年草として扱われることが多いです。ツル性の植物なので、暑い夏をしのぐ「緑のカーテン」としても人気があります。今回は、緑のカーテンにもなり、長期間花が楽しめるルコウソウの育て方をご紹介します。

ルコウソウを育てる場所

ルコウソウは、日当たりと水はけのよい場所が適しています。ツル性の植物なので、フェンスやネット、垣根に這わせて育てるのがおすすめです。緑のカーテンにもなります。

ルコウソウの水やり

地植え

ルコウソウを地植えする場合は、土が乾き、葉に元気がなかったら、たっぷり水やりします。

鉢植え

ルコウソウを鉢植えする場合は、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをします。

ルコウソウの肥料

ルコウソウの植え付け時に、緩効性の化成肥料を元肥として施します。苗の定植後は、1週間~10日に1回を目安に、薄めた液体肥料を施しましょう。

ルコウソウの土

ルコウソウを育てるときは、水はけのよい土が適しています。赤玉土6に腐葉土3、軽石か川砂1を混ぜて用いましょう。市販されている園芸用の培養土でもOK です。

ルコウソウの植え付け・植え替え

植え付け

ルコウソウは、種を直まきするか、ポットで発芽させた苗の本葉が5枚になったら植え付けます。地植えする場合は、株間は30cm程、鉢植えの場合は、65cmサイズのプランターに3株を目安に植え付けましょう。植え付け時期は、5月~6月頃が適期です。

植え替え

ルコウソウは一年草として扱われるため、植え替えは不要です。

ルコウソウの増やし方(種まき)

ルコウソウの増やし方は「種まき」が一般的です。

秋に茶色くなった実から種を採取し、冷暗所で乾燥保存します。20~25℃が発芽の適温なので、5月頃に種まきしましょう。保管しておいた種を、一晩水に浸け、膨らんだ種を選んでください。本葉が3枚になったら間引きして、元気のいい1本を残します。

ルコウソウの手入れ

ツルの誘引

ルコウソウは、支柱やネット、フェンス、垣根などにツルを誘引します。

花がら摘み

ルコウソウの花が咲き終わったら、種がこぼれ無造作に増えてしまうことがあるので、花がらは付け根から摘み取りましょう。

ルコウソウの育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

うどんこ病:葉や茎にうどん粉をまぶしたように白いカビが生える病気です。葉がカビに覆われると光合成ができなくなり、発育不良に陥ります。早めに薬剤を散布して対処しましょう。風通しが悪いと発症しやすいので気を付けてください。

斑点病:葉に褐色の斑点ができる病気です。発症すると発育不良に陥ります。早めに薬剤を散布して対処しましょう。多湿、風通しが悪いと発症しやすいので気を付けてください。

ウイルス病(モザイク病):葉や花弁がまだらになり、モザイク状になる病気です。ウイルス病に感染した株は、抜き取り処分しましょう。アブラムシやハダニなどが媒介することもあるため、アブラムシやハダニなどの害虫駆除が重要です。

つきやすい虫

アブラムシ:新芽や葉裏に寄生して汁液を吸います。汁液を吸われた植物が生育不良に陥る直接被害と、病気を媒介する間接被害があるため注意が必要です。アブラムシは繁殖力が旺盛なので、早めに殺虫剤を散布して駆除しましょう。

ハダニ:葉裏に寄生して汁液を吸います。汁液を吸われた箇所は葉緑素が抜けて白い点となり、やがてハダニの数が増えると、白い点と点がつながり、カスリ状になってしまいます。早めに殺虫剤を散布して駆除しましょう。

ケムシ、イモムシ:チョウやガの幼虫で、葉を食害します。見つけたら捕殺しましょう。毒があるドクガの幼虫などもいます。くれぐれも素手では触らず、割りばしなどを使って捕まえましょう。

ルコウソウの毒性

ルコウソウの種は毒性を持つとされているので、扱いには注意が必要です。

ルコウソウの花

ルコウセイの最大の魅力は、星形の花です。開花時期の7月~10月になると、赤や白、ピンクの花を咲かせます。ルコウセイは、長期間にわたってきれいな花を楽しむことができます。

ルコウソウの花言葉

ルコウソウの花言葉は、「繊細な愛」「愛らしい」「おせっかい」「元気」「でしゃばり」です。

ルコウソウの花を育ててみよう!

ルコウソウの育て方をご紹介しました。ルコウソウは、赤、白、ピンクに咲く星形のきれいな花を長くにわたって楽しめ、庭を華やかに彩ってくれます。

また、ルコウソウはツル性の植物なので、ツルをネットやフェンス、生垣などに誘引して、緑のカーテンをつくることもできるのも魅力です。寒さには弱いものの、比較的育てやすい花なので、初心者でも気軽に挑戦できるでしょう。

あなたもルコウソウを育ててみませんか?

※トップ画像はトユタさん@GreenSnap

ルコウソウの新着コラム

ルコウソウの基本情報

ジャンル
草花
形態
一年草
学名
別名
原産地
熱帯アメリカ

ルコウソウの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ルコウソウの新着投稿画像

みんなのルコウソウの育て方

ルコウソウ

花の種類

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし... シクラメンの育て方へ シクラメンの花言葉へ

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に... ポインセチアの育て方へ ポインセチアの花言葉へ

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン... アサガオの育て方へ アサガオの花言葉へ

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場... クリスマスローズの育て方へ クリスマスローズの花言葉へ

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 カーネーションの育て方へ カーネーションの花言葉へ

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シバザクラの育て方へ シバザクラの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード