警告

warning

注意

error

成功

success

information

ミニヒマワリの育て方|種まきの時期や方法は?種の収穫や摘心はする?

  • キク科
  • ヒマワリ属

手頃なサイズで育てやすいミニひまわりは背丈が大きくないので、室内で育てることもできます。このページではミニひまわりの育て方を解説しています。

育てる場所や土選び、肥料についても記載していますので、ぜひご参照ください。

ミニひまわりはどんな植物?

ミニひまわりはキク科ヒマワリ属の植物で、矮性ヒマワリとも呼ばれます。通常のひまわりは大きく背丈が高いですが、ミニひまわりは1メートルを越えない品種のことを指します。プランターや鉢植えで育てることができ、手軽なひまわりとして人気があります。

ミニひまわりのなかには30センチほどの小さなものあり、開花までの時期が短い特徴があります。

ミニひまわりの育て方:育てる場所

ミニひまわりは通常のひまわり同様、太陽の光を好むので日当たりのよい場所で育てましょう。日光が不足すると花が咲かないことがあります。半日陰でも育ちますが、花の数が少ないこともあるので、可能であればよく日差しが当たる場所で育てましょう。

ミニひまわりの育て方:用土

ミニひまわりは湿気を嫌うので、水はけのよい土を選んでください。ホームセンターや園芸店で売られていっる花と野菜の培養土で育てることも可能です。

自分で土をブレンドする場合は、赤玉土、腐葉土を6:4の割合で混ぜてください。

ミニひまわりの育て方:水やり


種から育てる場合は、本葉が出るまでは土が乾燥しないようにたっぷりと水を与えましょう。本葉がでたあとは、土が乾いてからたっぷりと水やりをします。

鉢植えで育てる場合は、土が乾いていたらたっぷりと水やりをしてください。鉢の底から水があふれるくらいが目安です。

ミニひまわりの育て方:肥料

ミニひまわりは肥料がなくても育ちますが、緩効性化成肥料を元肥として土に混ぜておくとよいですよ。ただし、肥料の与えすぎは株本来の力が弱まりますので、適量を守ってください。追肥は必要ありません。

生長が遅く葉の色が悪い場合は、栄養不足の可能性もあります。春から夏にかけて固形肥料を与えてもよいでしょう。

ミニひまわりの育て方:植え付け


ミニひまわりは、4月から6月に植え付けましょう。鉢に種を埋める場合は、1センチくらいの深さにし、埋めた後はかるく土をかけて水をたっぷりと与えます。

プランターに種をまく場合は、株の間を適度に保ちましょう。生長して邪魔にならないためです。

ミニひまわりの育て方:植え替え

ひまわりは植え替えに向きません。ひまわりの根は一本まっすぐに伸びています。この一本の根が傷つくとすぐにミニひまわりが枯れてしまいます。植え替えの場合は根が傷つく可能性があるため、あまりおすすめはできません。

ミニひまわりの苗を購入して、植え付けることもありますよね。どうしても植え替えをする場合は、根を傷つけないように苗の土は崩さないでそっと植え付けましょう。

ミニひまわりの育て方:手入れ


ミニひまわりは手入れの必要はほぼありません。生長を促すために、芽の先端を摘み取る摘心というものを行うことがありますが、ミニひまわりでは摘心をする必要もありません。

根が一本まっすぐ伸びるミニひまわりの場合は摘心はしなくて問題ありません。分枝性の場合は、花数を増やす目的で摘心をすることがあります。

ミニひまわりの育て方:増やし方


ミニひまわりは株分けには向きません。根がまっすぐに一本になっているため、分けられません。

増やすとしたら種を収穫してそれを植える方法です。花がしおれてくると花の中心に種ができるので、こちらを植えましょう。翌年またひまわりが咲きますよ。

ミニひまわりの育て方:注意する害虫・病気

ミニひまわりは、ハダニ、ナメクジ、グンバイムシ、バッタなどの被害にあうことがあります。夏は虫が多くつきやすいので気をつけましょう。見つけたら、ティッシュなどで取って、必要に応じて殺虫剤も使用しましょう。

ミニひまわりの花言葉は?


ミニひまわりの花言葉は、「あなたを見つめる」、「愛慕」、「傲慢」、「光輝」、「憧れ」です。

ミニひまわりをプランターで育ててみよう


大きく生長しないミニひまわりはプランターに植えて室内で育てることができますので、ぜひ試してみませんか。夏を感じることができる植物なのでおすすめですよ。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ミニひまわりの基本情報

ジャンル
草花
形態
一年草
学名
Helianthus annuus
別名
矮性ヒマワリ
原産地
北アメリカ

ミニひまわりの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

種まき
4月 、5月、6月
植え付け・植え替え
4月 、5月、6月
肥料
4月 、5月、6月、7月、8月
開花
7月 、8月

ミニひまわりの新着投稿画像

みんなのミニひまわりの育て方

いいね
9

50円ミニひまわり

はじめてのダイソー50円のミニひまわりをプランター...
by.みなみ
いいね
1

ミニひまわり小夏 2年目!

去年初めて育てて2回目になります!
by.ちょろ
いいね
10

ミニひまわりを種から育ててみます🌻2022/5/4-

夏といえばひまわり🌻種まき初挑戦です。袋の写真を...
by.あんころ♪♪

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。