警告

warning

注意

error

成功

success

information

アロニアの育て方|植え付けや剪定の時期、挿し木での増やし方は?

  • バラ科

体によく、栄養豊富だとされているアロニアは近年ではスーパーフードと呼ばれています。自宅での栽培もできますよ。

このページではアロニアの育て方の基本を紹介しています。植え付け時期から土選び、水やりなどをまとめていますので、ぜひご参照ください。

アロニアはどんな植物?

アロニアはバラ科アロニア属。チョークベリー、セイヨウカマツカという名前でも呼ばれます。カナメモチに近い植物といわれていて、アロニアの特徴は赤い実がつくことです。

花も楽しむことができ、4月から5月に開花します。白、薄ピンクの花を房状にして咲かせ、桜のような美しい姿をしています。

アロニアの実は食べることができ、生で食べることもできますが、とても酸味つよいためジャムやジュースに混ぜることが多いです。日本ではあまり食べられません。

アロニアの育て方:育てる場所

アロニアは日差しを好みます。日当たりが良く、風通しのよい場所で育ててください。地植え、鉢植え共に育てることができますが、湿気は苦手なのでジメジメした場所は避けましょう。

アロニアの育て方:用土

アロニアは水を好みますが、湿気を嫌うので水はけのよい土を選びましょう。地植えの場合はそのまま植えても問題ありませんが、鉢植えの場合は、花と野菜の培養土などを選んでください。

アロニアの育て方:水やり

地植えの場合は水やりは自然の降雨で十分とされています。ただし、植えたばかりのころは、根がまだ安定していないので、土を乾燥させないように気をつけましょう。夏場で日照りが続くときは、水を与えてください。

鉢植えで育てる場合は、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。夏場はとくに気をつける必要があります。この時期はアロニアの生育期なので水分を必要とします。水枯れしないように気をつけながら育てる必要があります。

反対に冬は休眠期です。水やりは控えめで問題ありません。与えすぎは根腐れの原因となってしまうので注意しましょう。

アロニアの育て方:肥料

アロニアは丈夫な植物です。植え付けのときに腐葉土を混ぜておくだけで十分で、とくに肥料は必要ありません。

アロニアの育て方:植え付け


アロニアは冬になると葉が落ちます。この時期を落葉期と呼び、アロニアの生長がゆっくりになります。この期間が植え付けに適する時期です。植え付けは落葉期である12月から2月にしてください。土には腐葉土を混ぜて栄養豊富な土にしてあげます。

アロニアの育て方:植え替え

アロニアを地植えで育てている場合は、植え替えの必要はありません。ただし、鉢植えで育てている場合はそのまま育てていると、アロニアがどんどん生長するので、ひとまわり大きな鉢を用意して移し替えましょう。

植え替えの時期は12月から2月の植え付けと同じ期間です。植え替えをしたばかりのアロニアはまだ根が安定していないため、土を乾かさないようにたっぷりと水を与えてください。

アロニアの育て方:手入れ

アロニアは手間がかかる植物ではありません。地植えであればほぼ水やりは不要ですが、生長してくると剪定をする必要があります。

アロニアはあまり樹形が乱れる植物ではありませんが、枝が飛び出した場合や葉や枝が密集している場合は剪定をしてください。剪定の時期は12月から2月が適しています。

アロニアの育て方:増やし方


アロニアは挿し木で増やすことができます。挿し木は5月から8月に行いましょう。剪定した枝を利用して増やすことができますよ。

適当な枝をカットして、切り口が斜めになるようにします。発根促進剤がある場合は切り口に塗って、挿し木用の土に挿せば数が増やせます。挿し木をしたら、土が乾かないようにたっぷりと水やりをして1ヶ月ほど様子を見てください。

アロニアの育て方:注意する害虫・病気

アロニアは丈夫な植物でとくに病気や虫の心配はありません。

アロニアの花言葉は?

アロニアについての花言葉は設定されていませんでした。

アロニアはセイヨウカマツカと呼ばれるので、ここではカマツカの花言葉をご紹介します。「真心」、「愛嬌」、「真実」の花言葉がつけられています。アロニアも美味しい果実をつけるので、この花言葉はマッチしそうですね。

アロニアを収穫してジャムを作って食べてみよう


アロニアは花だけでなく果実も楽しめる植物なので、お庭に植えれば季節を感じられます。果実は収穫をして食べることもできますよ。

アロニアはとてもすっぱいので、ジャムにするのがおすすめです。ぜひ自宅産のアロニアを食べてみませんか。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

アロニアの基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
Aronia arbutifolia ,Aronia melanocarpa
別名
セイヨウカマツカ
原産地
北米

アロニアの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
1月 、2月、12月
開花
4月 、5月
剪定
1月 、2月、12月

アロニアの新着投稿画像

みんなのアロニアの育て方

いいね
59

初体験のアロニア

新潟からアロニアが届きました。初めて聞いた名前、初...
by.まーちゃん

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
バラの画像

バラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。