蝋梅(ロウバイ)の育て方|剪定や挿し木の方法は?鉢植えでもOK?

ロウバイ(蝋梅)は中国が原産の樹木のひとつで、まだ花が少ない初春に形のはっきりした鮮やかな黄色い花を咲かせます。背が高くなりすぎないため、庭木としても人気があります。今回はそんなロウバイの育て方を、地植えと鉢植えそれぞれに分けて詳しくみていきます。剪定や挿し木の方法についても触れているので、ぜひ参考にしてください。

蝋梅(ロウバイ)の育て方:栽培する場所

ロウバイを鉢植えする場合は、深さがじゅうぶん(30cm以上)ある鉢を選びます。低木のカテゴリに入るロウバイでも地植えでは4mになることもあるからです。鉢植えしたとしても、2mくらいになると考えておいたほうがいいでしょう。

植え付ける場所(鉢を置く場所)は、春先から夏にかけて日当りが良い場所。あまり日陰にならない場所を選びます。原産地の中国では海抜500mから1,000メートルの高地に自生していることから、寒さに強い一方で多湿に弱い特徴が。

そのため水はけのよい土を用意するか、水はけのよい場所を選ぶといいでしょう。

蝋梅(ロウバイ)の育て方:用土

ロウバイを育てるときは、水はけのよい土を用いましょう。

ロウバイを鉢植えする場合は、特に水やりをしたあと、多湿の状態が長くならないように腐葉土をよく混ぜ、水はけのよい状態をつくってあげることが、美しいロウバイを育てる大きなポイントになります。

ロウバイを地植えするときも、根の周辺の土の水はけが気になるなら、腐葉土をじゅうぶんに混ぜ込んだ土と入れ替えてあげるといいでしょう。

蝋梅(ロウバイ)の育て方:水やり

地植えのロウバイは、雨が降るに任せ、人間が意識して水やりをする必要はありません。もし雨の季節にじゅうぶんな雨が降らず良い天気が続くようなら、ロウバイの様子を見ながら水やりをしましょう。

鉢植えのロウバイは、表面の土が乾いたら、鉢の底から流れ出てくるくらいたっぷりと水やりをします。

蝋梅(ロウバイ)の育て方:肥料・追肥

ロウバイの成長期である春の4月から5月にかけて、また花が咲く直前の12月に緩効性肥料を与えます。もし花のつき方が良くない場合は、初秋の9月に標準量の半分だけ、花があまり咲かなかった株に追肥してあげましょう。

蝋梅(ロウバイ)の育て方:苗木の植え付け・植え替え

植え付け

ロウバイの苗木を植え付ける時期は、葉が落ちる時期の11月から12月か2月中旬から3月にかけてです。暖かい土地であれば11月から3月のあいだ、いつ植えても問題ありません。

植え替え

鉢植えのロウバイは、2年から3年に1回のペースで行います。植え替えの時期かどうかの見極めは、鉢底の穴から根が見えるかどうか。鉢底の穴から根を確認できたら、植え替えの準備をしましょう。

植え替えの時期は植え付けと同じ11月から12月、あるいは2月中旬から3月にかけてです。

植え替えるときに、根を途中から切り落として新たな根の生長をうながす「根回し」をやってあげると、植え替え後の生長が良くなります。

蝋梅(ロウバイ)の手入れ:剪定

樹形がもともときれいに育つロウバイは、剪定など手入れの必要があまりない、といわれる樹木のひとつです。しかしそれでも細く伸びるひこばえが、ほかの枝を傷つけるように生長してしまうことがあります。

ロウバイの花が咲き終わったあと、枝が込み合っている部分があれば、風通しが良くなるように剪定しましょう。

蝋梅(ロウバイ)の増やし方:挿し木

ロウバイの増やし方には2つの方法があります。ひとつは咲いた花から種を採取して植える「種まき」、もう一つの方法は「挿し木」です。ここでは最も一般的な「挿し木」の方法について説明します。

挿し木で増やす場合は6月頃に、やわらかい枝を選んでだいたい15cmほどに切ります。切り口には必ず癒合剤を塗ってロウバイを保護しましょう。

挿し木用に切った枝は、新しく用意した土(赤玉土の小粒がおすすめ)に刺し、新たに根が生えて安定するまでこまめに水やりをします。新たな根が出たのを確認できたら、鉢や庭などに植え替えましょう。

蝋梅(ロウバイ)の育て方:注意する害虫・病気

ロウバイを育てるときに注意したい害虫や病気は、特にありません。原産地が寒さ厳しい地域でしかも高地であったことが、ロウバイが害虫や病気に強い要因かもしれません。ただもし葉に黒い斑点が出たり、葉が黄ばんだりしてきたら「土の状態がよくない」サインです。土が硬くなったり、水はけが悪くなったりしていないか確認しましょう。

蝋梅(ロウバイ)の花

ロウバイは生長しても高さが4mほどにしかならない、樹木の中では低木というカテゴリに属する樹木です。背丈があまり高くならないため、家庭でも比較的育てやすい庭木といえます。

そんなロウバイの花は、真冬の12月から2月頃に開花時期を迎えます。花の色どりや葉の緑が減る時期に、華やかな黄色い花を咲かせてくれます。

蝋梅(ロウバイ)の花言葉

ロウバイの花言葉は「ゆかしさ」や「慈しみ」、「慈愛」です。

まだ寒い季節に凛と咲く黄色い花が、幼子をいつくしむように抱く親の愛情のようにみえるからでしょうか。ロウバイは切り花としても楽しめる樹木です。室内に明るい花の色どりが欲しくなったら、愛情あふれるロウバイを選んでみてはいかがでしょうか。

蝋梅(ロウバイ)を鉢植えや地植えで育ててみよう!

ロウバイは寒さや病気に強いため、初心者でも比較的育てやすい樹木といえます。庭木としても育てやすいため、庭の彩りを増やしたいけれど手間はかけられない、という方に向いているかもしれませんね。

春を感じられる黄色い花を咲かせるロウバイ、ぜひ育ててみませんか?

蝋梅(ロウバイ)の新着コラム

蝋梅(ロウバイ)の花言葉|花と実の特徴は?どんな香り?毒があるって本当?の画像

蝋梅(ロウバイ)の花言葉|花と実の特徴は?どんな香り?毒があるって本当?

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

蝋梅(ロウバイ)の基本情報

ジャンル
庭木・花木
形態
低木
学名
Chimonanthus praecox
別名
原産地
中国

蝋梅(ロウバイ)の性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
2月 、3月、11月、12月
肥料
4月 、5月、9月、12月
開花
1月 、2月、12月
剪定
3月

蝋梅(ロウバイ)の新着投稿画像

みんなの蝋梅(ロウバイ)の育て方

いいね
12

ロウバイ(蝋梅)成長記録

ロウバイ(蝋梅)
by.あんな

花の種類

シクラメンの画像

シクラメン

冬は玄関や廊下、または室内のできるだけ日のあたる場所に置きます。冷暖房の風が直接当たる場所は避けまし...
ポインセチアの画像

ポインセチア

葉は薄く、楕円形です。その下に着く葉の形の苞葉が赤く染まるのが特徴です。その赤さはキリストの血の色に...
アサガオの画像

アサガオ

日本で馴染み深いアサガオですが、奈良時代に中国から入って来たとされています。花の色は青、赤、紫、ピン...
クリスマスローズの画像

クリスマスローズ

庭植えの場合は、水はけのよい明るい日陰で育てます。鉢植えの場合は、生育期(秋〜春)は日当たりのよい場...
シバザクラの画像

シバザクラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。
カーネーションの画像

カーネーション

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。