ユッカの画像

ユッカの育て方|植え替えや水やりの方法は?肥料は必要?

  • キジカクシ科
  • ユッカ属
ユッカの育て方|植え替えや水やりの方法は?肥料は必要?の画像

太い幹と上向きの葉を茂らせるユッカは、中米から北米にかけて多く分布しています。観葉植物や贈り物としても人気が高く、特に男性へのプレンゼントとして贈られる植物でもあります。別名、「青年の木」としても親しまれています。

ユーモラスで力強い印象のユッカの魅力を知り、育てていきましょう。

ユッカの日当たり

ユッカは日当たりの良い環境を非常に好みます。日陰や室内など日が当たらない場所でも育ってくれますが、日光が少ないと葉付きが悪く、弱々しい細い葉になってしまいます。

また、ユッカは「青年の木」とも呼ばれるだけあり、なるべく元気な葉を茂らせてあげたいところ。屋外で育てるのがベストですが、インテリアとしても人気があるので、室内ならば午前中に日が差し込む窓際のそばだと、生長が早くなります。

レース越しに光が差し込む窓辺だと、爽やかに晴れ晴れとした気持ちになりますね。光が差し込みやすい日当たりのよい場所で育てましょう。

ユッカの置き場所

春頃から秋半ば頃まで室内でユッカを育てるならば、窓ガラスとレースのカーテン越しの柔らかい光が入る窓辺に置いてあげるといいでしょう。

晩秋から来年の春までは、窓ガラス越しの光を取り込んであげれば、日照時間の少ない冬の時期でも十分に育ちます。

屋外でユッカを育てる場合、マンションならばベランダなどに置いてあげると、元気な株へと生長してくれます。ただし、屋外で育てるときは、真夏の時期にユッカをコンクリートの上に直置きしないよう注意しましょう。

日差しの照り返しで、思った以上に温度が急上昇してしまうことがあります。そのため、コンクリートの直置きを避け、風通しのよい半日陰などに置くなど、工夫を凝らしてみるとよいでしょう。

ユッカの水やり

夏の水やり

4〜10月の時期は、土の表面が乾燥したら、鉢底から水があふれるくらいたっぷりと水を与えます。ただし、ユッカは乾燥に非常に強いという特徴がありますので、逆にあげすぎて、根が腐ってしまわないように注意してください。

指で土を触って、乾燥具合を確かめてからあげるのがよいでしょう。また、割り箸を鉢に挿して、土の乾燥具合の目安として計ってみるのも一つの手です。

冬の水やり

10月下旬頃から、徐々にユッカの活動が鈍くなってきます。さらに、ユッカは寒さにやや弱いため、気温の低下によって吸水率が下がってくるので、冬場の水やりは控えた方がよいでしょう。土が乾いてから、さらに4日ほどあとが水やり時期の目安です。

ただし、真冬だと暖房が入り、室内であっても乾燥しやすくなります。霧吹きを定期的に葉にかけてあげると、葉のツヤが全体的に保たれます。

春に向かうにつれて活動が徐々に活発になってくるので、水やりの量を増やしていきましょう。

ユッカの肥料・追肥

ユッカの生長期間である初夏(5月)から秋口(9月)まで、1ヶ月に1回の割合で緩行性の固形肥料を与えます。

肥料を与えすぎても枯れることはありませんが、勢いがつきすぎて、草姿が乱れて不格好になります。肥料のラベルを読み込み、標準量を守って与えてください。

植え替えをしたのならば、あらかじめ植え替える用土に化成肥料を混ぜておくことで、2ヶ月ほどは追肥をなくてもよくなります。

ユッカの土

ユッカの栽培は、水はけがよい土を選択すれば、特に気をつけることはありません。一般的に市販されている観葉植物の培養土や、赤玉土(小粒タイプ)と、腐葉土を7︰3の割合で混ぜてつくってみてもよいでしょう。

植え替えの時期に、あらかじめ鉢底石を入れておくと、水はけがよくなります。

ユッカの植え替え・植え付け

ユッカは生長に勢いがあるので、2年か3年に1度のサイクルで植え替えしましょう。小さな鉢で育てていると、一年で目の見張る生長をとげたりします。冬を迎える前に、早めに植え替えましょう。

適切な時期は5月〜9月の間とされていますが、梅雨入りする前の5〜6月ならば、作業しやすい気候なのでおすすめです。

ただし、土の水はけが悪くなってきたり、鉢底から根が出て根詰まりを起こしていたりすると、適性時期に関係なく、植え替えのサインになります。

植え替え方法は、抜いた元株の土をはらい、この時黒ずんだ根を切り落として根腐れを防ぎます。新しい鉢に入れ替えたら植え替え完了です。植え替え後はようすをみてあげましょう。

ユッカの増やし方

観葉植物ユッカの増やし方は「挿し木」や「幹挿し」が一般的です。

植え替え時期にあたる5月〜9月の、温かい気温の時期にしましょう。理想をいえば、5月から6月中旬ぐらいまでの間が良いでしょう。

まず新しい鉢と鉢底ネット、バーミキュライト土(挿し木用の土でも可)を用意します。必要ならば、発根を促す薬剤も用意しましょう。

枝を8センチほどのところで切り落とします。薬剤を使うならば、切り口に塗りましょう。挿し木用の鉢に鉢底ネットと土を入れます。このとき、鉢底石をいれてもかまいません。

水をあげて土を濡らしたら、指の穴を掘り、切りとった枝を挿します。土が乾かないように水やりをして日陰に置いておくと、約1ヶ月ほどで根が生えてきます。根が生えてから、鉢上げしましょう。

ユッカの育て方で注意すべき病気・害虫

ユッカの栽培では、高温な乾燥の時期になると、ハダニが発生しやすくなります。ハダニは葉の裏にひっつき、大事な養分を吸引していく、厄介な害虫です。葉の裏面に透けたような白い斑点や、かすり状の傷を無数につけてしまいます。

また、花弁からも養分を吸収するので、折角咲いた花の開花期間が、短くなってしまうこともあります。被害が拡大すると、落葉して枯れてしまうことがあるので、見つけ次第、殺虫剤や殺ダニ剤などの薬剤をまいて駆除しましょう。

ユッカの手入れ

ハダニなどを発生させないためにも、冬の時期であっても、常に霧吹きなどで葉を湿らせておくことが必要です。家にホースと庭があるならば、水圧でざっと洗い落とすことも可能です。

まだハダニの数が少ない場合であれば、セロテープやガムテープをひっつけてはがすことで、薬を使わずに駆除ができます。

薬剤を使用するならば、天然性のベニカマイルドスプレーや、でんぷんスプレーを使用しましょう。主成分が天然のものだと、自然に優しいものなので、化学成分が気になる方は、これらを使用してみてもいいでしょう。

また、家庭の害虫駆除にかかせないキンチョールは、あまり知られていませんが、観葉植物の害虫にも効きます。ぜひ、併用してみましょう。なるべく観葉植物全体にかかるようベニカマイルドスプレーやでんぷんスプレー、キンチョールを散布してください。

ユッカの管理温度

ユッカは、春から秋まで外に出しておいても大丈夫です。やや寒さに弱く、耐寒温度は5℃と低めなので、冬の時期は室内で管理して越冬しましょう。

ユッカの花言葉

ユッカの花言葉は「偉大」、「颯爽」があります。

観葉植物ユッカ(青年の木)をおうちで育ててみよう!

今回はユッカという、男性らしい植物の魅力と育て方を紹介しました。

葉が上へと鋭く尖っていることから、一見すると近寄りがたい雰囲気を持つも、プレンゼントとして贈られることが多い身近な観葉植物です。

贈り物としてもらったら、大切に育てることで、毎年きれいな花を咲かせます。すると、オフィスにじゃんじゃん仕事が舞い込んでくるかもしれませんよ。風水的にもよいとされる植物なので、お手入れはかかさずしましょう。

※トップ画像はPhoto by ✼Bǝё-n✼さん@GreenSnap

ユッカの新着コラム

ユッカの基本情報

ジャンル
観葉植物
形態
低木
学名
別名
原産地
北米、中南米

ユッカの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
普通
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ユッカの新着投稿画像

みんなのユッカの育て方

ユッカ 青年の木

Photo By Ocean

わが家植物図鑑④ユッカ

瀕死を救え!可哀想なユッカ(アツバキミガヨラン)

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラ の育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマル の育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトス の育て方へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラ の育て方へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガス の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード