モンステラの画像

モンステラの育て方

  • サトイモ科
  • モンステラ属

モンステラの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Monstera

別名

ヒメモンステラ,ペッサム

原産地

熱帯アメリカ

モンステラの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
モンステラの育て方の画像

モンステラの育て方

モンステラは丈夫で育てやすく、インテリアとしても人気が高い観葉植物です。

生長すると葉に切れ込みや穴が空くのが入るのが特徴。

モンステラの独特で迫力のある葉は、部屋にひとつ置いておくだけで、南国のような雰囲気を演出してくれます。

基礎情報

日当たり

熱帯地域原産のモンステラは、もともと薄暗いジャングルの茂みで生育していました。

そのため、半日陰や明るい日陰を好みます。

強い直射日光には弱いため、夏場などは特に葉焼けを起こさないように注意する必要があります。

耐陰性が強く、丈夫な植物のため、日陰など暗い場所でもかんたんに枯れることはありませんが、程よい光を当てることで形が歪むことなく力強く育ちます。

室内で管理する場合、葉の表面に埃が積もってしまい、うまく光を吸収できなくなることがあるので、定期的に濡れたティッシュなどで拭いてあげましょう。

 

置き場所

基本的には室内の窓辺や明るい日陰に置いてあげるのが良いでしょう。

野外の日陰などでも育ってくれますが、外の気温が15℃を下回るようになったら室内に取り入れるようにしましょう。

夏場は強い日差しが葉に当たらないよう注意が必要です。

直射日光から守るため、日陰やカーテン越しに日光が当たるような場所に置いてあげると、葉が傷まずに生長してくれます。

冬の低い気温や急激な気温変化には強くなく、枯れる原因にもなります。

最低でも5℃以上保てる環境が良いです。

室内に置く場合は、暖房や冷房などの乾燥した風が当たらないように置いてあげましょう。

 

水やり

モンステラの生育期は春から秋まで続きます。この時期は活動が活発で、根から多くの水分を吸い上げます。

夏は特に蒸発などもあり乾きやすいので、毎日様子をチェックしてあげましょう。

土の表面が乾燥してきたら水をあげる目安です。1回に与える水の量は、鉢底から水が出てくる程度が適切です。

この生育期に与える水の量によって大きさをある程度調節することができますが、水のやり過ぎは根腐れやカビが発生する原因にもなるので注意しましょう。

土の表面がまだ湿っている場合は水やりをしないようにしてください。

モンステラは低い気温が苦手なため、他の時期に比べ、冬は生長速度や活動が弱まります。

夏とは反対に、根から水を吸い上げる力も弱くなるため、冬場は少し乾燥気味の環境で育ててあげるのが良いでしょう。

土の表面が乾いているのを確認してから、3〜4日ほど空けて水をあげる程度が最適です。

また、冬の時期はこまめな葉水が大切になってきます。

室内に長時間暖房をつけているなど、湿度や気温によっては水分が行き渡らず、葉の先端などが乾いてしまうこともあります。

定期的に霧吹きでこまめに葉の表面や気根に水をあげましょう。

 

肥料・追肥

肥料を与える場合は、生育期である春から夏のあいだに与えるのが良いでしょう。

冬など生長が弱まっている時期に肥料を与えるのは、逆に植物にとってダメージとなることもあるので注意が必要です。

肥料は固形肥料、もしくは園芸用の液体肥料が良いでしょう。

固形肥料の場合は緩行性のものを使用し、2ヶ月に1回程度、根元に置いてあげましょう。

葉に元気がないときなどは、即効性の液体肥料をあげると良いでしょう。液体肥料の場合は2週間に1回程度が目安です。

モンステラは肥料がなくても光と水分で十分に生長する植物なので、肥料の量が多いと大きくなりすぎることがあります。

部屋の広さや好みに合わせてうまく調節しましょう。

 

用土

モンステラを育てる際には、水はけの良い土を選ぶようにしましょう。

基本的には市販の観葉植物用の培養土で問題ないでしょう。

自分でブレンドする場合は赤玉土7、腐葉土3程度の割合で混ぜるのが目安です。

水はけを良くするために川砂入れるのも効果的です。

観葉植物用の土の場合は、室内を想定しているため臭いの強い成分などは含まれていません。自分でブレンドする場合は、臭いの強いものは使用しないように注意しましょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

モンステラが育ってくると、鉢がひっくり返ったり、鉢の底から根が出ることがあります。

このような状態になったときは、植え替えを行ってあげましょう。

根が窮屈な状態のまま放置しておくと、呼吸がうまく行えず、腐って枯れてしまうことがあります。

植え替えは7月から9月など生育が旺盛な時期に行えば、植え替え中に根に傷をつけてしまった場合でもすぐに回復してくれるので安心です。

植え替えを行う前は水やりを控え、土を乾燥させておくとよいでしょう。

鉢から抜いた後は一度すべての土を払い、傷んだ根があれば切り取っておきましょう。

 

増やし方

モンステラは挿し木で増やすことができます。時期としては生育が旺盛な5月から7月頃が適しています。

気温が20℃前後で保て、湿度が高い環境で行ってあげると成功することが多いです。

挿し木は2〜4枚ほどの葉と気根のついた茎を土にしっかりと植え込みます。

うまくバランスが取れない場合は、根を張るまで支柱を付けるか、大きな葉を半分に切ってあげましょう。

土に挿したあとは乾燥しないように水やりを続け、根が張るのを待ちます

葉が2〜3枚ほど増えてきたら新しい鉢へ移してあげましょう。もうひとつの増やし方として、茎伏せで増やすこともできます。

こちらの場合は、葉のついていない短く切った茎を土の上に寝かせるように置きます。

新しい苗として育てるため、挿し木よりも時間がかかりますが、多く繁殖させることができます。

 

病気・害虫

モンステラが被害を受けやすい害虫としては、ハダニやカイガラムシがいます。

病気や害虫には比較的強いモンステラですが、生育に影響が出ることもあるのでしっかりと対策してあげましょう。

ハダニは夏の時期や暖房のきいた冬など、室内が乾燥していると発生します。主に葉の裏などに住み着くことが多いです。

ハダニは水に弱い虫なので、霧吹きで駆除をすることや予防することができます。

ハダニの数が多い場合は園芸用の殺ダニ剤を使用するか、住み着いている部分を切り取りましょう。

カイガラムシは夏に多く発生する虫で、茎や葉にくっつきます。

カイガラムシのフンは黒すす病の原因にもなり、葉枯れにもつながるので、見つけたときはピンセットなどで早めに処置しましょう。

またカイガラムシは成虫になると硬い殻で体を覆うため、駆除が難しくなります。

このような状態になった場合は、使用済みの歯ブラシなどでこすって落としてあげましょう。

 

管理温度

モンステラは夏の時期などの高温には強いですが、低温や急激な温度変化には弱い植物です。

特に冬の時期は必ず室内で管理するようにしましょう。

気温が5℃以下の状態が続いたり、霜に当たったりすると枯れることがあります。

ベランダなど戸外で育てている場合も、気温が15℃を下回る秋頃になったら、室内に取り込んで管理したほうが良いでしょう。

 

種類・品種

モンステラはマングーカズラなどと同じサトイモ科の植物です。

ジャングルなどでは他の大木や植物に絡まるように生長していくツル性の植物でもあります。

原産地のアメリカ熱帯地域では約20〜40種類ほどが分布しています。

日本で流通している代表的な種類としては、モンステラ・デリシオサが挙げられます。

モンステラのなかでも葉が左右対称に大きく育つ種類で、1メートル以上の長さまで育つこともあります。

葉の形が少し変わったものとしては、マドカズラという種類があります。

マドカズラはデリシオサよりも小柄な葉を持ち、直射日光に特に弱いモンステラの一種です。

また、一般的なモンステラのように葉に切れ込みが入るのではなく、窓のような穴があるのが特徴です。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

他の植物と同じようにモンステラも花を咲かせ、実をつくることができます。

しかし、花を咲かせるためには十分に大きく生長する必要があります。

そのため観葉植物として鉢で育てられた場合、そのほとんどは花や実をつくることはありません。

日本では小笠原諸島や九州、沖縄といった南の地域で、地植えされたモンステラの花や実を見ることができます。

モンステラの花と実はウロコ状のトウモロコシに近いかたちをしており、熟せば食べることもできます。

 

トリビア

風水

モンステラは金運アップの力を持つ観葉植物として知られています。

ハワイなどでも昔から魔除けや幸運を運ぶ植物とされてきました。

ハワイの言葉では「湧き出る水」という意味があることや、強い生命力を持っていることから、縁起の良い植物として扱われるようになったようです。

風水では玄関に置けば良い気を呼び込み、リビングに置けば家庭運が上がるなど、モンステラは万能のパワーアイテムとして有名です。

 

花言葉

モンステラの花言葉としては「壮大な計画」や「うれしい便り」、「深い関係」といったものがあります。

また、西洋の花言葉では「献身」という意味もあります。

育つにつれて葉に切れ込みが入り、段々と光が差し込む姿から、幸運を呼び込んだり、未来の成功や希望を導くというイメージがあります。

そのことから、モンステラは開店祝いや新築祝いなど、新しいスタートの際のプレゼントとしても有名です。

 

由来伝承

モンステラという名前は、ラテン語の「モンストラム(monstrum)」からつけられました。

これは奇怪や怪物という意味で、薄暗いジャングルに広がって生えている様子から、そのようなイメージがついたと言われています。

 

まとめ

独特な葉の形が特徴的なモンステラの育て方について今回はご紹介しました。

モンステラは丈夫で育てやすく、初心者の方にもおすすめできる代表的な観葉植物のひとつです。

インテリアとして部屋にひとつ置くだけで、雰囲気や気分を大きく変えてくれるのではないでしょうか。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『モンステラの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

オリヅルラン

日当たりの良い場所に置きますが、日陰でも育ちます。寒さが厳しい地域では室内で管理します。 オリヅルランの育て方へ

ネオレゲリア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... ネオレゲリアの育て方へ

ワイヤープランツ

風通しがよく、日当たりのよい場所を好みます。 ワイヤープランツの育て方へ

コウモリラン

樹木に着生しているシダの仲間 コウモリランの育て方へ

ホヤ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... ホヤの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料