ミルクブッシュの画像

ミルクブッシュの育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

ミルクブッシュの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

低木

学名

Euphorbia tirucalli

別名

アオサンゴ,青珊瑚

原産地

東アフリカ、南アフリカ

ミルクブッシュの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ミルクブッシュの育て方の画像

熱帯アフリカや南アフリカ原産のミルクブッシュは、そのエキゾチックな姿から、アオサンゴとかミドリサンゴとも呼ばれている多肉植物です。

このエキゾチックなシルエットのヒミツは、葉っぱがほとんど退化しているところにあります。茎の先に小さな葉っぱが付くものの、すぐに落ちてしまいます。しかしミルクブッシュは、そのフォルムだけでなく、色が変化するものもあり、枝ぶりを存分に楽しむことができます。

ここでは、そんなミルクブッシュの育て方についてご紹介します。

ミルクブッシュの育てる場所

ミルクブッシュは日当たりの良い場所を好みますので、年間を通して充分日に当たるところに置くことが大切です。

また、ミルクブッシュは寒さに弱く、どんなに寒くても5度以上は必要です。春から夏にかけては、戸外の良く日の当たる場所に置いてOKですが、秋から冬にかけては室内に入れて、ガラス越しに日の当たる窓際に置きましょう。

ミルクブッシュの水やり

ミルクブッシュは、もともと乾燥した場所に自生している植物ですので、乾燥に強いという性質があります。そのため、土が乾燥してから水やりをします。

逆に、水を与えすぎて過湿になると、根腐れを起こしてしまいますので注意が必要です。

5月から9月頃には、土が乾いたらたっぷりと水を与え、10月以降、寒くなってきたら水やりを控えます。冬の間は、土が乾いてから5日ほど経って水やりをすれば充分ですので、水やりは月に3回くらいのペースでOKです。

肥料

肥料は、5月から9月頃に、緩効性肥料を2ヶ月に1回程度置き肥します。

用土

ミルクブッシュは過湿に弱いので、水はけのよい用土に植えます。市販の観葉植物用の土にパーミキュライトを加えると、水はけがよくなります。

病害虫

ミルクブッシュは、比較的病害虫の少ない植物ですが、風通しが悪いとカイガラムシが付くことがあります。もしみつけたら殺虫剤で駆除してください。成虫は殺虫剤が効かないこともありますが、歯ブラシなどでこすり落とすと取れます。

ミルクブッシュの植え付け・植え替え

根詰まりを起こしてしまうと水はけも悪くなってしまい、弱ってしまいますので、1年から2年に1回程度、ひと回り大きい鉢に植え替えをします。

植え替えは、土が乾燥している状態で行います。鉢からミルクブッシュを引き抜いたら、古土を手でやさしく揉み落とし、根腐れしている部分は切ってしまいましょう。鉢に植え付けたら、たっぷりと水を与えます。

ミルクブッシュの増やし方

ミルクブッシュは、5月から6月頃に挿し木で増やします。

茎のどこからでも根っこが出ますので、伸びすぎた茎などを、挿しやすいところで10センチ程度にカットして挿し木をします。その際にミルクのような白い樹液が出て来るのですが、これがミルクブッシュという名前の由来でもあります。しかし、触るとかぶれてしまう人もいますので、作業の際には手袋をするなどして、触らないように注意しましょう。

切り口を水で洗い流したら、風通しの良いところで2日くらい乾かしておき、川砂など水はけのよい土に挿します。1カ月程度で発根しますので、しっかり根が出たら鉢上げします。

ミルクブッシュの手入れ

ミルクブッシュのお手入れのポイントは、日当たり・水やり・気温です。

ミルクブッシュは水やりを忘れても直射日光にさらされても、乾燥や暑さには強いのでそれほど問題ありませんが、逆に水をやりすぎたり、日当たりが悪かったり、気温が低かったりすると枯れてしまいますので、上手に管理しましょう。

ミルクブッシュの種類

ミルクブッシュには、季節や環境に応じて赤や黄色、ピンクに色が変化する種類のものがあります。

ファイヤースティック

ファイヤースティックは、季節によってオレンジからピンクっぽい赤に色が変わるミルクブッシュです。

イエローマジック

こちらのミルクブッシュは、季節や環境によって茎の色が黄色やオレンジっぽく変化するイエローマジックです。

ピンクカメレオン

こちらは、季節によってかわいいピンク色に紅葉する不思議なミルクブッシュで、その名もピンクカメレオン!

ミルクブッシュの花言葉

ミルクブッシュの花言葉は「穏やかな性格」です。

部屋に置いておくとホッとできるような花言葉ですね。

まとめ

ここでは、熱帯アフリカや南アフリカ原産の多肉植物、ミルクブッシュの育て方についてご紹介しました。

この、茎を楽しむというおしゃれな観葉植物は、季節によって色が変化する種類のものもあり、年間を通して存分に楽しむことができます。

乾燥や暑さに強く、病害虫の心配もほとんどないので、初心者にもおすすめです。

ミルクブッシュの新着投稿画像

みんなのミルクブッシュの育て方

Photo By りのみ

°+ミルクブッシュ+°

8月のボツになった写真たち 室内編

Pencil Cactus ミルクブッシュ

ミルクブッシュの新着コラム

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラ の育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマル の育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトス の育て方へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラ の育て方へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガス の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード