イポメアの画像

イポメアの育て方|栽培場所はどこがいい?水やりの頻度は?

  • ヒルガオ科
  • イポメア属
イポメアの育て方|栽培場所はどこがいい?水やりの頻度は?の画像

イポメアは、葉の形や斑入りが美しく魅力的な植物が人気を高めています。今回は、じゃがいもの園芸品種として栽培されるイポメアの育て方についてご紹介します。カラーリーフにもされているイポメアは、どのようにして育てていくのが良いのかみていきましょう。

イポメアの日当たり

イポメアは真夏の日差し、特に直射日光に非常に強い植物です。さらに半日陰でも育てることができるので場所を選びません。

そのため、春〜秋にかけては日当たりの良い屋外で育てると良いでしょう。冬は鉢植えであれば、ガラス越しで日が当たる場所で管理して下さい。

イポメアの置き場所

日光にも強いほか、イポメアは多湿にも強い特徴を持っています。そのため、日本の夏でも余裕を持って越すことができるでしょう。冬場は室内での管理にしてあげましょう。

中には、庭に植えてグランドカバーとして利用する人も多くなってきています。

イポメアの水やり

夏の水やり

イポメアへは、基本的に水やりをさほど行わなくても大丈夫です。夏は、土が乾いてきたら水やりをします。

冬の水やり

冬も乾燥気味に管理します。ただし、イポメアの葉が残っている場合は、定期的に水やりを与えるようにします。葉がひとつも残っていなければ水を与えなくてもいいです。

ジョウロに入れてジャブジャブ与えるというよりは、霧吹きで葉っぱに水をかけてあげるようにして下さい。

イポメアの肥料・追肥

イポメアには、植え付けを行うときと同時に元肥を与えます。堆肥や牛糞などを土に混ぜておきましょう。

このほかどうしても元気がないときは、イポメアは春〜秋にかけて生育期に入るので、その期間に緩効性化成肥料を2〜3か月に一度与えましょう。速く効く液体肥料でも効果がありますが、液肥の場合は10日〜14日に一度施します。

イポメアの用土

イポメアを育てるときは、腐植質と呼ばれる暗めの黒い土色、または暗い褐色をした高分子物質の水はけの良い土を選びましょう。

市販で売られているものを利用するのであれば、小粒の赤玉土と腐葉土を7:3で配合させましょう。腐植質の中に入っている植物成分などが土の中で分解したり縮合したりして生成されます。

わかりやすくいうと落ち葉のことです。落ち葉には通気性や排水性、そして保水性がある植物にとってありがたい用土になります。

イポメアの植え替え・植え付け・種まき

イポメアは霜が当たると傷んでしまうので、植え替えと植え付けともに、行う時期は霜が降りない春まで待ちましょう。寒い地域では4月になっても霜が降りていることがあるので、状況に合わせて植え付けを行いましょう。

植え付けをするときは、地植えもいいですが、花壇やプランターに植えてけるのもおすすめです。イポメアを鉢の状態で購入した場合は、そのまま育ててしまうのはイポメアにとって良くないので、植え替えを行ってあげましょう。

用意する鉢は一回り大きいものではなく、倍ほどの大きさの鉢に植え替えます。

また、イポメアには秋になるとさつまいもに似た実を収穫することができます。イポメアの実は実際に食べることができませんが、凍らないように保存して春まで置いておきましょう。

そうすれば、春に種いもとして、また植え付けに使用することができ、そこから発芽させることもできます。

苗が高価なものではないのであまりこの方法をすることはありませんが、やってみたい方はぜひ挑戦してみてください。

イポメアの増やし方

イポメアの増やし方には「種まき」や「挿し芽」などの方法があります。ただし、種まきから増やすのは難しいので、手っ取り早い挿し芽での方法がおすすめ。

挿し芽

挿し芽を行うのは6月〜9月が適期です。やり方は、茎を10cm〜15cmに切ります。先端に葉を2・3枚残して下葉は落としてしまいます。バーミキュライトとパーライトを同じ量を用意し植え付ける用土に混ぜます。

1対1の割合で混ぜ合わせると良いでしょう。茎の長さを3分の1または2分の1を用意した土に挿します。その後、明るい日陰に配置します。このとき、さし床を乾燥させないように注意しましょう。

さし床とは、挿し芽や挿し木の用土を入れた容器のことをいいます。1か月経てば鉢に移植を行うことができます。

イポメアの育て方で注意すべき病気・害虫

かかりやすい病気

イポメアは、黒斑病や立枯病にかかることがあります。

黒斑病とは、主にじゃがいもやさつまいもの実に黒色をした大きい楕円形の斑点ができてしまう病気です。実だけでなく葉や茎などにも被害が表れます。下葉を黄化されてしまいます。原因は、土壌の中にある糸状菌の一種が引き起こすもの(いわゆるカビ)です。

黒斑病が発生したら防去または焼いて処分してしまいます。発生する前に「GFベンレート水和剤」などの薬剤を撒いておきましょう。予防のためにも、排水の良い環境を整えて育てましょう。

一方の立ち枯れ病とは、株全体の成長が悪化する病気です。こちらの病気も、進行すると下葉が黄化して枯れていきます。主に4〜5月頃にみられ11月まで発生します。立ち枯れ病は高温多湿になると広がります。

病気を発生した苗は処分し、葉が黄色くなったものは早めに除去しましょう。

つきやすい虫

アブラムシによる被害も考えられるので、見つけ次第駆除するようにしましょう。をイポメアを室内で管理していると、1年を通して見かけることがあるので、毎日チェックを行って下さい。

屋外でも春〜秋に葉の裏に発生するので気をつけて育てましょう。

イポメアの管理温度

イポメアは耐寒性があり、10度ありくらいまでなら耐えられます。また、暑さにも強いのが特徴です。気温が上昇してしまうと中途半端に生育することになります。15度を下回ると枯れてしまうので、冬の管理には注意しましょう。鉢植えであれば室内に移動して下さい。

イポメアの実を保存しておくのであれば、13度前後をキープして管理しましょう。

イポメアの種類・品種

イポメアは熱帯や温帯地域など世界中に自生し約650種類もあります。熱帯や温帯地域とは、メキシコ南部から中央アメリカなどを指します。イポメアはさつまいもの園芸品種です。

そのほか、アサガオ・ルコウソウナボの園芸植物も含まれます。最も栽培されている種類が「テラス・ライム」という品種が主流です。テラスライムは発色のある黃緑色の葉でクローバーに先が尖ったような形をしています。

イポメアは遡ること25年前、葉っぱの色が茶色に紫がかった色をした「ブラッキー」と呼ばれる品種があります。これは「ルドルフ・レールス」という名前で導入されるようになりました。

「スイート・キャロライン」という品種のシリーズが注目されています。シリーズの中でスイート・キャロライン・パープルが一番人気で名前の通りパープル色の葉が生えたりや花が咲きます。

スイート・キャロラインには、「ライト・グリーン」や「ブロンズ」もあります。テラスライムと形がよくにており寄せ植えなどによく用いられています。

そのほかに、緑の葉にピンクや白の班が入る「トリカラー」や「イポミア・バタタス‘トリコロール’」という品種も存在します。

「メープルリーフ」という品種は、葉が緑で葉脈に合わせて黄色っぽい班が付きます。インテリアグリーンとしても利用価値のあるイポメアです。

また、黄色い花を咲かせる「イポメア・ツベキュラータ」というものもあります。これは黄色いアサガオともいわれ注目を集めています。非常に珍しい品種なので見つけたらラッキーです。種に毛が生えているのも珍しい点です。

イポメアの花

イポメアは、花が咲きづらい植物です。日本では鹿児島県と沖縄県以外では花が咲かないとされています。とはいえ、この2県以外でも多少は花を咲かることもあるようです。

イポメアが開花するときは、冬にアサガオに似た花を咲かせます。テラスライムでは薄紫色の花が咲くので鑑賞も楽しめます。品種によっては秋以降の開花となるので、寒い季節に華やかさを演出してくれるでしょう。

イポメアの花言葉

イポメアの花言葉には、「甘い思い出」、「活力」という意味があります。

半日陰でも育ち直射日光に負けないところから「活力」という意味がつけられたのかもしれません。

サツマイモの花言葉には、乙女の純情や幸運といった内容になっています。朝に花を咲かせるアサガオには、愛情・愛情の絆・儚い恋・固い約束などの意味があります。

イポメアの名前の由来

イポメアはヒルガオ科さつまいも属の学名からつけられた名前です。そのため、さつまいもの観葉園芸植物の仲間に入ります。

イポメアは「Ipomoea」となり、さつまいもは「Ipomoea batatas」という学名になっています。Ipomoea(イポメア)の語源にはギリシャ語で芋虫という意味がある「ips」という言葉と似たという意味の「homoios」を合わせてつくられています。

生長するとともにつるが物に絡んで、這い登っていく様子が由来とされています。

英名では「スィートポテト」と呼ばれているそうですよ。また、リーフイポメアという別名も持ち合わせています。

イポメアをおうちで栽培してみよう!

カラーリーフとして楽しめるイポメアの育て方をご紹介しました。葉の形が特徴的で女の子の顔にしたような形をしています。

品種によっては黒に紫色を混ぜたものや緑色の葉にピンクの班が入るなんて魅力的ですよね。サツマイモを育てられないという方は食べられませんが、代わりにイポミアを育ててみませんか。

お庭のグランドカバーとしても利用されるイポミアを植えてみてはいかがでしょうか。

夏の暑い時期に屋外で育ててもへっちゃらです。何か植物を育てたいけど置き場所に困っているならばイポミアがおすすめです。希少な花も咲かせてみたいものです。

イポメアの基本情報

ジャンル
観葉植物
形態
多年草
学名
別名
さつまいも
原産地
メキシコ南部

イポメアの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
弱い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
肥料
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

イポメアの新着投稿画像

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラの育て方へ パキラの花言葉へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマルの育て方へ ガジュマルの花言葉へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトスの育て方へ ポトスの花言葉へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラの育て方へ モンステラの花言葉へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガスの育て方へ

ユッカ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。気温が5℃より下回る場合は... ユッカの育て方へ ユッカの花言葉へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード