ユーフォルビア・フルゲンスの画像

ユーフォルビア・フルゲンスの育て方|うまく育てるコツとは?

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属
ユーフォルビア・フルゲンスの育て方|うまく育てるコツとは?の画像

ユーフォルビア・フルゲンスは、ポインセチアの仲間でメキシコが原産です。秋頃になると、花麒麟に似た、色鮮やかな花を咲かせます。

そんなユーフォルビア・フルゲンスの育て方を見ていきましょう。

ユーフォルビア・フルゲンスを育てる場所

ユーフォルビア フルゲンスは、半日陰で湿気のある暖かい環境で育つ低木植物です。寒さに弱いため、鉢植えか温室栽培が適しています。

ユーフォルビア・フルゲンスの水やり

ユーフォルビア フルゲンスを育てている土が乾燥したら、水をたっぷりと与えます。ただしやりすぎは良くないため、水は控えめにします。

ユーフォルビア フルゲンスの生育期は、水やりは午前中にし、夏は葉焼けなどが起きるため夕方以降に行います。冬は室内に入れて、暖かい日中に水やりを行います。

また、鉢底に水がたまると通気性が悪くなるため、たまった水は捨てましょう。通気性がいいと、有用菌類が活性化します。

ユーフォルビア・フルゲンスの肥料

ユーフォルビア フルゲンスへの肥料やりは、植え替え時の元肥と生育期の追肥です。元肥には緩効性肥料を与え、追肥には液体肥料を2~3週間に1度、少量を与えます。

ユーフォルビア・フルゲンスの土

ユーフォルビア フルゲンスを育てるときは、赤玉土や鹿沼土などに腐葉土やバーミキュライトを混ぜた土を使います。ユーフォルビア フルゲンスは、水はけがよく保水性がある土壌を好みます。

ユーフォルビア・フルゲンスの植え付け・植え替え

ユーフォルビア フルゲンスの植え替え時期は、4~5月の暖かい季節が適期です。

大きくなった株の根鉢を少し崩して、新しい土を入れた鉢に植え替えます。寒い時期は植え替えをしません。

ユーフォルビア・フルゲンスの増やし方

ユーフォルビア フルゲンスの増やし方は、「挿し木」です。

ユーフォルビア・フルゲンスの本葉を数枚つけて、先端から10~15cmほどの茎を切り取りましょう。ユーフォルビア属の特徴として、切り戻しをする際には白い汁が出ます。肌が弱い人は、触れるとかぶれる可能性があるので注意してください。

挿し穂の茎の切り口からでた白い汁を洗い落して、挿し穂を水に1時間ほどつけて水揚げをし、新しい小粒の赤玉土などに挿します。根が出るまでは、まめに霧吹きで葉に水を与えます。

ユーフォルビア・フルゲンスの育て方ポイント

ユーフォルビア フルゲンスは、短日植物で日照時間が12時間より少ないと花芽が形成されます。そのため、花芽が形成される9~11月ごろまでは夕方の6時以降は遮光して、日照時間を9時間ほどに保ちます。

10月には苞をたくさんつけるためにも、余分な葉を切り落としましょう。

また、ユーフォルビア フルゲンスは非常に繊細な花ですので、温度が15℃~18℃に保てるよう、温室栽培か鉢植えにして冬を室内で育てる必要があります。

温度が上がりすぎないように夏は遮光シートなどで覆い、冬は鉢なら室内で、温度が一定に保つ工夫が必要です。そうすることで、生育が促進され、美しいユーフォルビア・フルゲンスの苞ができますよ。

ユーフォルビア・フルゲンスの手入れ(切り戻し)

ユーフォルビア フルゲンスの切り戻しは、3~5月に行います。形を整えるために、株元から1/2~1/3のところでカットします。すると、花芽が株元から出てきます。

ユーフォルビア・フルゲンスの育て方で注意すべき病気・害虫

害虫は、アブラムシ、カイガラムシ、オンシツコナジラミなどがつきます。アブラムシは新しい芽を食い尽くしてびっしりとつきます。カイガラムシは、葉や茎について株を弱らせます。オンシツコナジラミは、葉の裏をよく見るとついていることがあります。早めに薬剤で駆除するか、歯ブラシなどでこそげ落しましょう。

ユーフォルビア・フルゲンスの花

ユーフォルビア・フルゲンスは、トウダイグサ科の花で11月から1月ごろに花が咲きます。

花のように見える小さい苞がたくさんついていることが特徴で、赤、オレンジ、白、ピンク、黄色に彩られます。スカーレットプルーム(緋色の羽飾り)とも呼ばれています。

ユーフォルビア・フルゲンスの育て方は温度管理が重要!

ユーフォルビア・フルゲンスは、クリスマスの花として赤い苞がついたものが人気です。

非常にデリケートな植物で、温度管理や日照時間の管理が必要な植物です。切り花やフラワーアレンジメントとしても利用されています。クリスマスの彩りとして、ユーフォルビア・フルゲンスの鉢を部屋に置くとたくさんついた苞が引き立ちます。

※トップ画像はシャンティ❷さん@GreenSnap

ユーフォルビア・フルゲンスの新着コラム

ユーフォルビア・フルゲンスの基本情報

ジャンル
観葉植物
形態
低木
学名
別名
原産地
メキシコ

ユーフォルビア・フルゲンスの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
弱い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
開花
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
剪定
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

ユーフォルビア・フルゲンスの新着投稿画像

観葉植物の種類

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラ の育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマル の育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトス の育て方へ

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラ の育て方へ

アスパラガス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏は直射日光を避け明るい日陰に置きます。冬場は室内の日当... アスパラガス の育て方へ

ユッカ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。気温が5℃より下回る場合は... ユッカ の育て方へ

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード