ユーフォルビア・カラキアスの画像

ユーフォルビア・カラキアスの育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

ユーフォルビア・カラキアスの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Euphorbia characias

別名

ユーフォルビア・キャラシアス

原産地

地中海沿岸

ユーフォルビア・カラキアスの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ユーフォルビア・カラキアスの育て方の画像

ユーフォルビア・カラキアスの育てる場所

ユーフォルビア・カラキアスは地中海沿岸が原産の植物で、ドウダイグサ科のユーフォルビア属に属します。-10℃の寒さにも耐えられ、暑さにも強い性質をもちます。50~80cmの高さに成長し、鉢植えでも庭の花壇に植えてもどちらでも育ちます。

花のように見える独特の形をした緑の苞がたくさんついて、細い葉は斜め下を向いています。日当たりの良い場所を好みますが、直射日光を嫌うので昼はよしずなどで半日陰を作ります。冬は霜が当たると葉が痛むので、日がよくあたる軒下や窓際などに置くといいでしょう。

ユーフォルビア・カラキアスの水やり

土が乾燥したら水を与えます。乾燥には強いですが湿気には弱いため、水はやりすぎないようにし、乾燥気味に育てます。また、梅雨の時期は軒下に入れるなど、雨が長くあたらないようにします。冬の休眠期は、地植えの場合は雨水のみで水やりは必要ありませんが、鉢植えの場合は土が白く乾燥したら水を与えます。

肥料

ユーフォルビア属は、それほど肥料を与える必要はありません。3~5月頃と10月頃に緩効性化成肥料を置き肥するか、1月に3~4回程度、少量の液肥を与えます。夏の温度が高い時期に肥料が残っていると弱ってしまうので6月以降は与えません。

用土

ユーフォルビア属は乾燥に強いですが、湿気のある土壌を嫌います。多肉植物の一種なので、市販の多肉植物用の培養土を使います。自分で配合するなら、小粒の赤玉土3割、鹿沼土3割、腐葉土1割、パーライト3割を混ぜたものを使います。

地植えの場合は、庭土に1か月ほど前に腐葉土2~3割とパーライトを1~2割ほど混ぜて寝かせます。パーライトを混ぜると水はけがよくなります。2週間前に苦土石灰を混ぜて、土壌のPHを整えます。

病害虫

湿度に弱く、高温多湿の時はさび病などの病気にかかりやすくなります。水はけをよくして、風通しの良い場所で育てます。病気にかかったときは、病気になった部分をすぐに取り除き、殺菌剤で予防します。カイガラムシがついた場合は、すぐに歯ブラシなどでこそげ落します。幼虫の場合は薬剤が効果的です。

ユーフォルビア・カラキアスの植え付け・植え替え

2週間ほど前から水を控え、古い土と古い根を切り落とします。鉢植えの場合は、鉢底に軽い石を敷いて土を半分ほど入れてから株を置きます。株の周りに土を入れてから、隙間がないように植えつけます。その後、たっぷりと水をやります。

地植えの場合は、寝かせた土に少量の化成肥料を混ぜて、株よりひと回り大きい穴を掘ります。そこへ株を置いて、土を盛り上げるように植えます。株元をバークチップで覆ってから、水をたっぷりと与えます。植え付け時期や植え替え時期は10月ごろが適します。鉢植えは2年に1回を目安に植え替えます。地植えなら、株が大きくなってから植え替えればいいでしょう。

ユーフォルビア・カラキアスの増やし方

挿し木や株分けで増やします。挿し木は5~6月頃や10月頃に行います。伸びている新しい枝をカットし、赤玉土などに挿すと、1~2か月ほどで根が出てきます。根が出るまでは、霧吹きで葉に水を欠かさないように与えます。土にしっかりと根付いたら、大きめの鉢に植え替えます。

株分けで増やす場合は、植え替えと同じ要領で行います。大きくなった株を掘り起こし、土を落して古い根をカットします。株を優しく切り分けて、大きめの鉢か地植えで植え替えます。

ユーフォルビア・カラキアスの手入れ

花が終わった後の5月頃に切り戻しを行います。花が咲いた後の古い茎は切り戻し、新しい茎のみ残します。草丈の1/2から1/3ほどに切り戻しを行うと、次の年にたくさんの苞がつきます。

まとめ

ユーフォルビアの種類は200種以上あり、カラキアスは変わった形をしたユーフォルビアです。耐寒性、耐暑性があり、ユーフォルビア属の中では比較的育てやすい種類です。花のように見える緑の苞をたくさん咲かせて楽しみませんか。

※トップ画像はゆーとぴあさん@GreenSnap

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の新着コラム

観葉植物の種類

アロカシア

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも... アロカシアの育て方へ

グズマニア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... グズマニアの育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトスの育て方へ

ディフェンバキア

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 ディフェンバキアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード