ユーフォルビア・アミグダロイデスの画像

ユーフォルビア・アミグダロイデスの育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

ユーフォルビア・アミグダロイデスの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Euphorbia amygdaloides‘Purpurea'

別名

ユーフォルビア ‘パープレア’

原産地

ヨーロッパ

ユーフォルビア・アミグダロイデスの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ユーフォルビア・アミグダロイデスの育て方の画像

ユーフォルビア・アミグダロイデス(学名:Euphorbia amygdaloides)はトウダイグサ科トウダイグサ属の宿根草で、原産地はヨーロッパです。国内で一般的なものは以下の種類です。

  • ユーフォルビア・アミグダロイデス・プルプレア(=パープレア、学名:Euphorbia amygdaloides ‘Purpurea’)
  • ユーフォルビア・アミグダロイデス・ロビアエ(学名:Euphorbia amygdaloides ‘robbiae’)

ユーフォルビア・アミグダロイデスは常緑性の植物なので冬でも葉の緑を楽しむことができます。株が小さいうちは寄せ植えにしても可愛らしく、大きいものは単体で鉢植えにしても存在感があります。1年中色を変えるので、地植えにすれば庭作りの主役にもなります。ここではこのユーフォルビア・アミグダロイデスの育て方を詳しく解説していきます。

ーフォルビア・アミグダロイデスの育てる場所

寒冷地でも暖地でも日なたで育てます。耐乾性が強く、高温多湿の環境を嫌うので水はけの良い場所に植えてください。寒冷地では冬に葉が傷まないよう防寒をする必要もあります。

ユーフォルビア・アミグダロイデスの水やり

地植えの場合、ほとんど水やりの必要はありません。鉢植えの場合は土が乾いたら水やりをします。どちらの場合も夏は乾き気味にしてください。

肥料

春と秋に肥料を与えます。春は3月~5月、秋は10月に化成肥料を少量施してください。夏の高温期には肥料が残らないようにしましょう。

用土

水はけの良い用土が適しています。山野草用の土か多肉植物用の土を使用しましょう。

病害虫

ユーフォルビア・アミグダロイデスは病害虫に強い植物です。水はけを良くして蒸れや根腐れを予防しましょう。

ユーフォルビア・アミグダロイデスの植え付け・植え替え

【植え付け】植え付け前の用土に苦土石灰を混ぜてください。株元が少し出るくらいの浅植えにして砂利などで覆いましょう。

【植え替え】地植えにした場合、特に植え替えは必要ありません。鉢植えの場合は根詰まりを防ぐためにも2~3年に一度植え替えをしましょう。引き抜いた根鉢の土を軽く落としてから一回り大きな鉢に植え替えてください。

ユーフォルビア・アミグダロイデスの増やし方

種まき、株分け、さし木で増やします。

ユーフォルビア・アミグダロイデスの手入れ

主な手入れは花がら切りと切り戻しです。

【花がら切り】種に栄養が取られないよう、咲き終わってしおれた花を切ります。

【切り戻し】花が咲き終わった茎を根元から切ります。新しく出た芽を残し、花後の太い茎は思い切って切りましょう。こうすることで新しい芽がどんどん出て樹形が整います。

※剪定時に切った茎から白い樹液が出ます。皮ふにつくとかぶれる場合があるので注意してください。

まとめ

ここまでユーフォルビア・アミグダロイデスの育て方を紹介してきました。ユーフォルビア・アミグダロイデスは常緑性ですが、季節により葉の表情が美しく変化します。鉢植えを室内に置くのもおすすめですが、庭に植えれば一年中葉を観賞できる植物です。ぜひ庭の色どりに加えてみてください。

※トップ画像はnamiさん@GreenSnap

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の新着コラム

観葉植物の種類

コンシンネ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... コンシンネの育て方へ

アグラオネマ

直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。耐陰性がありますので、明るい室内でも育てること... アグラオネマの育て方へ

ケンチャヤシ

一年を通して室内で育てることができます。明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育て... ケンチャヤシの育て方へ

フィカス・ウンベラータ

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... フィカス・ウンベラータの育て方へ

ペペロミア

年間を通して明るい日陰で育てます。冬場は10℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いた... ペペロミアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード