ペニーロイヤルミントの育て方|植え付けの時期は?グランドカバーに向いてる?

  • シソ科
  • ハッカ属

ペニーロイヤルミントはヨーロッパや中央アジアを原産とする、シソ科ハッカ属のハーブです。一番の特徴はその繁殖力であり、踏みつけにも強いことからグランドカバーとして人気を集めています。ハーブ特有の香りは虫の防除にも効果を発揮するので、さまざまな場面で活躍しています。今回は、そんなペニーロイヤルミントの育て方についてご紹介します。

ペニーロイヤルミントの育て方:栽培する場所


ペニーロイヤルミントは風通しと日当たりのよい場所で栽培します。耐寒性と耐暑性ともに優れており、半日陰でも耐えられる生命力の高さが魅力です。

ペニーロイヤルミントの育て方:水やり

鉢植えでペニーロイヤルミントを栽培する場合、表土が乾いたらたっぷり水やりします。地植えでペニーロイヤルミントを栽培する場合は、植え付けから2週間は土をの乾燥を防ぐため水やりしながら管理してください。その後は降雨に任せてしまいましょう。

ペニーロイヤルミントの育て方:用土

鉢植え栽培の場合

ペニーロイヤルミントは水はけのよい土であれば、基本的にどんな土壌でも栽培できます。「赤玉土小粒6:腐葉土4」の割合で混ぜた配合土を使用しましょう。市販のハーブ用培養土を利用しても構いません。

地植え栽培の場合

水はけをよくするため、植え付け1週間前に腐葉土を3割ほど庭土に混ぜ込みます。その際、深さ10cm程度の深さまで土をよく耕すのがおすすめです。

ペニーロイヤルミントの育て方:肥料・追肥

生命力のつよいペニーロイヤルミントは多くの肥料を必要としません。葉が黄色がかった場合にはハーブ用肥料を施してあげるとよいです。

ペニーロイヤルミントの育て方:苗植えの時期と方法


ペニーロイヤルミントの植え付けは5〜6月、9〜10月に行います。鉢植え栽培の場合は5〜6号鉢を用意してください。地植えであれば株間30cm以上になるように植えましょう。

  1. 鉢底ネットを敷いた容器に鉢底石を入れる
  2. 地植えの場合は深さ15cm以上の位置までレンガで囲む
  3. 容器の1/3の高さまで土を入れる
  4. 苗を中心に置く
  5. 株回りに土を足して、苗を安定させる
  6. 水やりをして土着させる

ペニーロイヤルミントの増やし方:種まき・挿し芽


ペニーロイヤルミントは「種まき」と「挿し芽」で増やせます。

種まき

ペニーロイヤルミントは、3〜11月に育苗箱や赤玉土を入れた小鉢に種まきします。発芽後は適度に間引き、本葉が2枚以上ついた段階で鉢植えや地面に定植してください。

挿し芽

ペニーロイヤルミントは、春か秋に根茎を15cm切り分けて挿し芽しましょう。挿し芽する周囲10cmほどは、あらかじめ刈り込んでおくのがおすすめです。

ペニーロイヤルミントの育て方:注意する病気・害虫

ペニーロイヤルミントはアブラムシの被害を受けやすいハーブです。発見したら積極的に駆除しましょう。

ペニーロイヤルミントの収穫

ペニーロイヤルミントは1年を通していつでも収穫できます。春にペニーロイヤルミントを植えた場合は、降霜までの間に2〜3回収穫可能です。

ペニーロイヤルミントの使い道:葉は食用になる?

ペニーロイヤルミントは、食べられるハーブではありません。しかしペニーロイヤルミントが放つ香りは、虫を追い払う効果があります。そのため、ペットのノミよけや押し入れに入れて、防虫対策として活用するとよいでしょう。

ペニーロイヤルミントの育て方を覚えよう


ペニーロイヤルミントはとても強健なハーブであり、”天然虫除け”として活躍してくれます。食用にはできないものの、ドライフラワーにして楽しめるので、ハーブ初心者でも楽しめますよ。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ペニーロイヤルミントの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
多年草
学名
Mentha pulegium
別名
原産地
ヨーロッパ,中央アジア

ペニーロイヤルミントの性質

栽培難易度
易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性
あり

時期

種まき
3月 、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月
植え付け・植え替え
5月 、6月、9月、10月
開花
7月 、8月、9月

ペニーロイヤルミントの新着投稿画像

みんなのペニーロイヤルミントの育て方

いいね
0

ペニーロイヤルミント

這って伸びた先に根をはります。
by.大石おかず
いいね
0

ペニーロイヤルミント

by.こっつぶ

ハーブの種類

バジルの画像

バジル

よく日のあたる場所で育てます。
ローズマリーの画像

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。
ラベンダーの画像

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。
ミントの画像

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は...
パセリの画像

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。
レモングラスの画像

レモングラス

虫を忌避するという評判があり、虫よけのキャンドルやスプレーに使われる