警告

warning

注意

error

成功

success

information

コンフリー(ヒレハリソウ)とは|育て方は?食用では販売禁止なの?

  • ムラサキ科

コンフリー(ヒレハリソウ)は、ヨーロッパ地方などでは古くから薬草として用いられている植物ですが、日本では毒性があるとして、扱いに注意が必要なっています。ここでは、そんなコンフリーの特徴や育て方、花言葉があるのかについてご紹介します。

コンフリー(ヒレハリソウ)とは?

コンフリーは地中海沿岸を原産とする、ムラサキ科ヒレハリソウ属のハーブです。繁殖力が高く、手入れが少なくて済むので、栽培にもおすすめの植物です。

現在は販売禁止?

コンフリーの花は、ひょうたんのような形をしています。その花は、昭和40年代の日本に到来した健康野菜ブームで一躍有名となり、天ぷらなど家庭料理に進出しました。

しかし過剰摂取すると肝臓障害を引き起こすとされて以来、一転して、現在では食用販売は禁止となっています。

コンフリー(ヒレハリソウ)の育て方:栽培する場所

コンフリーは直射日光の当たらない、半日陰の環境を好む植物です。日差しの強い西日を避けられるような場所で育てるのがおすすめです。

コンフリー(ヒレハリソウ)の育て方:水やり

コンフリーには表土が乾いたらたっぷり水やりをしてください。鉢植え栽培であれば鉢底から水が溢れ出るまで水やりしましょう。特に炎天下の夏場は水分の蒸発が早いため、こまめに表土の状態を確認しましょう。地植え栽培の場合は植え付け以後の水やりは必要ありません。

コンフリー(ヒレハリソウ)の育て方:用土

コンフリーには水はけのよい土が適しています。「赤玉土小粒7:腐葉土3」の割合で混ぜた配合土を使用しましょう。市販されている草花用培養土を使っても問題ありません。

コンフリー(ヒレハリソウ)の育て方:肥料・追肥

コンフリーには植え付け前に元肥料緩効性化成肥料と有機堆肥を少量施します。繁殖力旺盛なため、基本的に追肥の必要はありません。

コンフリー(ヒレハリソウ)の育て方:植え付け・植え替え

コンフリーは春植えの3〜4月、秋植えの9〜10月に植え付け・植え替え適期を迎えます。生育スピードが早く、すぐに生息域を拡大するので2〜3年に1回植え替えましょう。

鉢植え栽培の場合

  1. 鉢底ネットを敷いた鉢に、鉢底石を設置する
  2. 鉢の1/3〜2/3の高さまで用土を入れる
  3. 株を鉢の中心に置く
  4. 残りの土で隙間を埋め、鉢縁から2〜3cm下の高さまで土を盛る
  5. 土が乾燥しないように水やりしながら管理する

地植え栽培の場合

コンフリーを地植え栽培する場合は、植え付け1週間前には元肥を加えた状態でよく耕しておきます。繁殖力に富んだコンフリーは近くの草花の生育を阻害しかねないため、周囲にお気に入りの植物がない環境で育てましょう。

コンフリー(ヒレハリソウ)の増やし方

株分け

コンフリーは植え替えと同時に株分けをします。植え替えの時に掘り起こした株を2〜3個に分けてください。

根伏せ

3〜4月、9〜10月がコンフリーの根伏せ適期です。比較的新しい太い根を10㎝程度の長さに切り取ったあと、土の上に寝かせて2〜3cmほど覆土します。土を乾かさないように水やりしながら管理して、発根を促しましょう。

種まき

コンフリーは春の3〜5月に種まき適期となります。

  1. 育苗ポッドに赤玉土(小粒)を入れる
  2. 種を2〜3粒まく
  3. 5mmほど薄く土を被せて、土が乾かないように水やりしながら管理する
  4. 発芽して本葉が2〜3枚になったら、生育状態のよい苗を残して間引く
  5. 本葉が3〜5枚になったら、プランターや畑に定植する

コンフリー(ヒレハリソウ)の育て方:注意する病気・害虫

コンフリーは強健な植物のため、病害虫の被害を受けにくいです。株への被害や生育への影響を心配せずに栽培できます。

コンフリー(ヒレハリソウ)の花

コンフリーは開花期の5〜8月にかけて、茎先から花茎1.5cmの花を咲かせるハーブです。紫をはじめとして、紅色や白色の花が存在しており、垂れ下がった様子はひょうたんや釣り鐘のような姿のように見えます。

コンフリー(ヒレハリソウ)の花言葉

コンフリーの花言葉は「努力」です。

コンフリーの若葉は摘み取ってもあっという間に生えてくるため、かつて炎症の治療にひっぱりだこな存在でした。その健気さが花言葉に表れているといえます。

コンフリー(ヒレハリソウ)の育て方を知ろう

コンフリーは中心から円状に広がる葉と、かわいげのある見た目の花は相性がよく、全体的に見応えのある姿をしています。気になる方はぜひ育ててみてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

コンフリーの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
多年草
学名
Symphytum officinale
別名
ヒレハリソウ
原産地
地中海沿岸

コンフリーの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
やや弱い
耐陰性
あり

時期

種まき
3月 、4月、5月
植え付け・植え替え
3月 、4月、9月、10月
開花
5月 、6月、7月、8月

コンフリーの新着投稿画像

みんなのコンフリーの育て方

いいね
6

コンフリー(ヒレハリソウ)

【引用文】 コンフリーの摂取による肝障害の事例が海...
by.もぐjuh

ハーブの種類

バジルの画像

バジル

よく日のあたる場所で育てます。
ローズマリーの画像

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。
ラベンダーの画像

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。
ミントの画像

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は...
パセリの画像

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。
レモングラスの画像

レモングラス

虫を忌避するという評判があり、虫よけのキャンドルやスプレーに使われる