警告

warning

注意

error

成功

success

information

ロシアンセージの育て方|花壇に植えるには?倒れたらどうする?

  • シソ科
  • ペロブスキア属

ロシアンセージは全体的にこんもりと柔らかい印象の花姿が印象の花です。ラベンダーに似ていますが、ラベンダーよりも大きく丈夫なので、夏の花壇におすすめのお花ですよ。

今回は、ロシアンセージの育て方についてご紹介します。

ロシアンセージとは?


ロシアンセージは、アフガニスタンを中心に、パキスタン、ヒマラヤ西部に分布しているシソ科の多年草です。灰緑色の白っぽい茎葉に、ベルベット状の青紫色の小花が咲き、花や茎葉には芳香があります。

全体的にふんわりと柔らかいボリューム感があり、遠目で見ると煙のようにも見えます。ラベンダーに似ていますが、ラベンダーよりも大きく丈夫で、花が咲いている時期が長いため夏の花壇にもよく利用されます。

ロシアンセージの育て方:置き場所


ロシアンセージは、日照の多い開けた荒野に自生しています。暑さ寒さに強く、高台や砂利混じりの土地など、乾きやすい痩せた土地でよく育ちます。株元が混み合いやすいので、風通しの良い場所に置き、蒸れないように注意が必要です。

ロシアンセージの育て方:用土

ロシアンセージは水はけの良い土を好みます。鉢植えの場合は市販のハーブ用の土や、山野草向けの用土、サボテン用培養土などで育てられます。自作する場合は、赤玉土4、鹿沼土3、腐葉土3で土を配合しましょう。

ロシアンセージは肥料の豊富な肥えた土よりも、痩せて過酷な環境の方で育てた方が草丈も高くならずしっかりとした株になります。肥料分が多い土地で育てると大きくなりすぎて倒れてしまうことがあるので、支柱を立てるなどして対策をしましょう。

ロシアンセージの育て方:水やり

ロシアンセージは乾燥に強いため、乾燥気味に管理しましょう。多湿の状態が続くと根腐れを起こしやすくなります。また、ロシアンセージは特に夏場の高温多湿を嫌うので、夏場は水のやりすぎに注意が必要です。

地植えのロシアンセージは、水やりはほとんど必要ありませんが、数日乾燥が続くような時にはたっぷりと水やりをしましょう。鉢植えのロシアンセージは、土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水やりをしましょう。

ロシアンセージの育て方:肥料

鉢植えの場合は、3月から5月、気温が下がり始める9月下旬から10月に、置き肥を月1回施しましょう。生育の様子を見て、液体肥料を施します。庭植えの場合、肥料はほとんど必要ありません。

ロシアンセージの育て方:植え付け


ロシアンセージの植え付けは、真夏と真冬を避けて、春か秋のあたたかい日に行うのが適しています。ロシアンセージは大きく育つので、株の間は40cm〜60cmほど空けて広めにとり、周囲の草花とも競合しないように余裕を持って植え付けましょう。

スペースが十分に取れない場合には、株を整理して大きく育ちすぎるのを防ぎましょう。植え付け後はたっぷりと水をやります。

ロシアンセージの育て方:植え替え

ロシアンセージは寿命の長い植物です。庭植えでは、一度植え付けたらそのまま植えておくのが良いです。場所を変えたい場合は、さし芽で新しい場所に発根させるのが適しています。

鉢植えの場合は、1〜2年に1度、1〜2回り大きな鉢に植え替えましょう。

ロシアンセージの増やし方

さし芽

ロシアンセージは、主にさし芽で増やします。5月から7月に若い芽をとってさし芽を行いましょう。

こぼれダネ

育てている場所によっては、こぼれ種からし自然に芽生えて育つことがあります。

ロシアンセージの育て方:刈り込み

ロシアンセージは開花期間が長く、咲きながらさらに大きく成長します。育てている場所や好みに応じて、枝の整理をしながら刈り込みましょう。細い枝や、混み合っている枝は全て切り取ります。

ロシアンセージの育て方:切り戻し

晩秋に思い切って株を切り戻すと、翌年の成長や草姿のバランスがよくなります。この時、カットしたところから新しい枝を伸ばしてくるので、あまり大きくしたくない時はしっかりと草丈を短く切り戻しましょう。

涼しげな花色をロシアンセージを楽しもう


枯れた土地で丈夫に育ち、涼しげな色が魅力のロシアンセージ。小さな小花が群がって咲くので、ふんわりとした見た目が庭を涼しげに彩ってくれますよ。多年草のため、きちんと手入れをすれば翌年も美しく咲いてくれますよ。

きれいなロシアンセージを楽しんでみてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

ロシアンセージの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
多年草
学名
Perovskia atriplicifolia
別名
サマーラベンダー
原産地
アフガニスタン、パキスタン

ロシアンセージの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
強い
耐暑性
強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
3月 、4月、5月、9月、10月
肥料
3月 、4月、5月、9月、10月
開花
7月 、8月、9月

みんなのロシアンセージの育て方

いいね
21

ロシアンセージの挿し木に挑戦っ!

去年買ったセージの苗が新芽出たので挿し木してみまし...
by.❁藍❁

ハーブの種類

バジルの画像

バジル

よく日のあたる場所で育てます。
ローズマリーの画像

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。
ラベンダーの画像

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。
ミントの画像

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は...
パセリの画像

パセリ

香辛料や料理の彩りによく使われています。
レモングラスの画像

レモングラス

虫を忌避するという評判があり、虫よけのキャンドルやスプレーに使われる