キャットミントの画像

キャットミントの育て方

  • シソ科
  • ネペタ属

キャットミントの基本情報

ジャンル

ハーブ

形態

多年草

学名

Nepeta cataria

別名

イヌハッカ,チクマハッカ,キャットニップ

原産地

ユーラシア

キャットミントの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

キャットミントの育て方

育てる場所

日当たり、風通しがよく、水はけのよい場所を好みます。

水やり

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水を与え、庭植えの場合は、一度根づいてしまえばほとんど水やりの必要はありません。

肥料

鉢植えの場合は、過湿に注意してください。用土が乾いたらたくさん与えます。

病害虫

灰色かび病

用土

赤玉土4、鹿沼土3、腐葉土3の配合土など、水はけのよいものや、ハーブ向けの培養土でも可能です。

植え付け・植え替え

春・秋が適期。ポット苗はそれほど時期を選びません。根がしっかり張れるように腐葉土や石灰分などを混ぜて深く耕しましょう。

増やし方

株分け・さし芽の適期は春と秋ですが、気候によって夏や冬でも可能です。

手入れ

梅雨前に、茎を10~20cmくらい残して刈ります。枝葉が混み合っている場合は間引きます。冬前に花が終わったら地面近くまで刈ります。

ハーブの新着投稿画像

ハーブの新着コラム

ハーブの種類

バジル

よく日のあたる場所で育てます。 バジルの育て方へ

ラムズイヤー

風通し、水はけのよい場所、日なたを好みます。ただし、高温多湿は苦手なので、真夏は木陰(半日陰)の涼し... ラムズイヤーの育て方へ

ニオイスミレ

花だけでなく葉にも香りがあり、香水の原料となります。ニオイスミレの種と根には毒が含まれており、非常に... ニオイスミレの育て方へ

タイム

日当たり、風通しがよく、乾燥した場所を好みます。 タイムの育て方へ

アロマティカス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... アロマティカスの育て方へ

サルビアガラニチカ

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。 サルビアガラニチカの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード