パセリの育て方|地植えやプランターでの栽培方法は?

  • セリ科
  • オランダセリ属

地中海沿岸を原産地とするパセリは、ベランダなどでも手軽に育てられます。お料理の色どりとして使われることも多いですが、ビタミン、カルシウム、カリウムなどミネラル類が豊富で、養価が高い、脇役にしておくのはもったいない野菜です。

そんなパセリの育て方を詳しく説明していきます。

パセリの栽培適所

パセリは庭に地植えもできますが、プランターなどを使ってベランダでも手軽に育てることができます。

地植え栽培の場合

庭や畑でパセリを育てるなら、日当たりの良い場所にしましょう。

パセリは生育が早いので、気づいたら畑全体がパセリに侵食されていた、なんてこともありえます。ほかの植物や野菜も育てているときは、まず場所を決めて、ほかの部分にまで広がっていかないよう気を付けましょう。

プランター栽培の場合

パセリをプランター栽培にすると、キッチンの窓際に置いたりベランダに置いたりと、目の届きやすいところに置けるので、毎日の成長を見続けられます。日当たりにさえ気をつければ、どこでも大丈夫です。

なお、プランター栽培の場合も、パセリは寄せ植えにはあまり向きません。ほかの植物を侵食してしまう可能性が高いので、一つのプランターにはパセリだけを植えましょう。

パセリの水やり

パセリの苗は強いので、あまり頻繁に水やりをする必要はありません。ただし、乾燥には弱いので、土が乾いてきたなと感じたら適宜水やりをしましょう。

パセリをたくさん育てる場合には、藁を敷くといった手立ても有効です。プランターで育てる場合には、手で触ってみて、土が濡れていなければ水やりをします。

パセリの肥料

パセリを植え付ける前の土づくりの段階で、徐々に効果が出てくる肥料を埋め込んでおきます。パセリの苗がどんどん成長する段階になったら、月に1度くらいの割合で液体肥料を与えましょう。

パセリの土

パセリを栽培するときは、ふかふかの土が一番です。土の中にはいろいろな微生物がいて、土壌をつくっています。種まきする前に、パセリに向いた土を用意しましょう。

パセリは酸性の土を嫌うので、石灰を混ぜ込んで中和させます。また、水はけが悪いとよくないので、粘土質の土壌は避けます。パセリをプランターに植える場合には、小粒の赤玉土を多めに、それに腐葉土を混ぜて、土づくりをしましょう。

パセリの種まき・植え付け・植え替え

パセリの種まき時期は、3~5月が適期です。パセリをプランターで栽培するなら、1つについて2株か3株を植え付けます。種まき手順は以下の通りです。

  1. パセリの種は、一晩水につけておく(発芽しやすくなります)。
  2. 10cmくらいの間隔をあけて、1か所に10粒くらいずつ種をまきます。
  3. 薄く土をかけて、種を覆います。たっぷりの水をかけてから、新聞紙で覆います。
  4. 気温にもよりますが、数日で発芽します。発芽するまで、新聞紙で覆ったままにします。
  5. 発芽したあとは、どんどん大きくなります。余分な分は間引きしましょう。

パセリの増やし方(種まき・株分け)

パセリの増やし方は、「種まき」が一般的です。種まきの方法については前述の通りです。また、パセリの種は発芽するとどんどん増えるので、間引きして株分けで増やすことも可能です。

株分け

  • 発芽後すぐは、1か所に5株ほどになるようにします。
  • 本葉が2,3枚に増えたところで、1か所に3株ほど残します。
  • 本葉が5,6枚に増えたら、1か所に1株になるようにします。

株分け(間引き)をしたパセリの苗は、缶詰の空き缶などに植えておくのがおすすめ。成長したところで、手軽なプレゼントなどにも使えます。ダイストマトなどの缶に植えておくと、赤いトマト柄にグリーンのパセリが映えて、おしゃれです。

パセリの手入れ

パセリは乾燥を嫌います。株だてしたところで、株元にわらなどを敷いておくと安心です。土が乾かないよう気を付けましょう。

株が混み過ぎると、根腐れを起こしたり、成長を妨げたりすることになります。パセリは、収穫したてであれば、茎も食べられます。増えてきたら、株分けをするか、茎の根元からどんどん収穫しましょう。

また、パセリの花茎が伸びてきたら、種を採るのでない限り、花が咲く前に花茎を摘みましょう。花が咲くままにしておくと、種つくりに集中するため株が弱り、葉が出なくなったり、枯れたりする可能性があります。また、トウがたって、固くなることもあります。

パセリの育て方で注意すべき病気・害虫

パセリに虫がついてしまった場合には、お酢や炭酸を溶かした水をスプレーすると、虫が呼吸できなくなります。

パセリが病気になったり、カビがはえたりした部分を速やかに取り除きましょう。葉の部分についていたら、その葉がついている茎も一緒に取り除きます。カビについても同様で、カビがはえている所を取り除きましょう。

また、虫や鳥などがパセリを食べてしまうことがあります。そのまま食べることが多いので、虫を殺す薬剤などはできれば使いたくありません。ネットなどを張って、虫や鳥から守りましょう。

パセリの栽培のポイント

パセリの栽培の最適気温は15度~20度ほどです。暑さにも寒さにもあまり強くありませんが、日当たりの良いベランダにおく、冬場は室内に入れるなどすると、ほぼ一年中、楽しめます。

パセリは2年草なので、花茎が伸びてきたら、一株を種を採るために残しておいて、次の栽培に使うことをおすすめします。

パセリの花

パセリは、種を植えた翌年の初夏頃に、白い小さくて可愛らしい花をつけます。

パセリをプランターで栽培してみよう!

パセリはプランター作物として、手軽に家庭菜園として楽しむことができます。成長も早く、毎日収穫できます。お弁当に入れたり、サラダに混ぜたり、たくさん採れたらお浸しにしたり、用途も広く便利です。

室内でも栽培できるので、ぜひ、キッチンの日当たりの良い窓際で育ててみましょう。

※トップ画像はニュニュさん@GreenSnap

パセリの新着コラム

パセリの花言葉|花の特徴や種類、効能や怖い意味は?の画像

パセリの花言葉|花の特徴や種類、効能や怖い意味は?

ハーブを観葉植物として育ててみよう!の画像

ハーブを観葉植物として育ててみよう!

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

パセリの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
二年草
学名
Petroselinum crispum
別名
オランダゼリ
原産地
地中海沿岸

パセリの性質

栽培難易度
やや易しい
耐寒性
普通
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

植え付け・植え替え
4月 、5月、9月、10月
肥料
3月 、7月、8月、9月
開花
6月 、7月

パセリの新着投稿画像

みんなのパセリの育て方

いいね
5

パセリの台所

いいね
19

フレンチパセリ6.15

いいね
22

イタリアンパセリ6.15

ハーブの種類

バジルの画像

バジル

よく日のあたる場所で育てます。
ローズマリーの画像

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。
ラベンダーの画像

ラベンダー

日当たりと風通しのよい場所を好みます。
ミントの画像

ミント

日当たりの良い場所がよいですが、強い直射日光の場合、青葉が枯れたり生育が弱ることがあります。春~秋は...
オレガノの画像

オレガノ

日当たりのよい場所で育てます。蒸れ・多湿に弱い為、半日陰もよいでしょう。
レモングラスの画像

レモングラス

虫を忌避するという評判があり、虫よけのキャンドルやスプレーに使われる