警告

warning

注意

error

成功

success

information

チャービル

GreenSnapには、みんなのお家のチャービルの画像が224枚投稿されています。チャービルのコラムも 1記事あるので、育て方や増やし方、飾り方やアレンジテクニックまで様々な情報を調べることができます。
コラム
1件
投稿画像
224枚

チャービルの新着コラム

いいね済み
2
2020.11.11

チャービルの花言葉|由来や花の特徴、効果、効能は?

フランス料理に利用されるハーブのチャービル。こちらは香草として料理に使う方も多いですよね。茎や葉のイメージが強いですが、どのような花が咲くのでしょうか...
by.greensnap

チャービルの新着投稿画像

チャービルの基本情報

ジャンル
ハーブ
形態
一年草
学名
Anthriscus cereitolium
別名
セルフィーユ
原産地
南ロシア~西アジア

チャービルの性質

栽培難易度
普通
耐寒性
強い
耐暑性
やや強い
耐陰性

時期

種まき
3月, 4月
肥料
3月, 4月, 9月, 10月
開花
6月, 7月
収穫
3月, 4月, 5月, 6月, 9月, 10月

ハーブの種類

メドーセージ

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。

コリウス

日当たり、風通しのよい場所、真夏は直射日光の当たらない明るい半日陰で育てます。

バジル

よく日のあたる場所で育てます。

クレソン

アロマティカス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に

レモンバーベナ

カラミンサ

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。

レモングラス

虫を忌避するという評判があり、虫よけのキャンドルやスプレーに使われる

マツリカ

日当たりの良い場所を好みます。寒さに弱く、10度以上の環境で育てる必要があります。

マトリカリア

レモンバーム

直射日光でもよいですが、明るい日陰の方が葉の色つやも鮮やかに育ちます。

エゴマ

キャットミント

日当たり、風通しがよく、水はけのよい場所を好みます。

タイム

日当たり、風通しがよく、乾燥した場所を好みます。